サポートされていないバリエーションの登録に関するおすすめの方法

一般的な商品バリエーションの種類は、[color]サイズ [size][pattern]素材 [material]年齢層 [age_group]性別 [gender]サイズタイプ [size_type]サイズ表記 [size_system] の詳細な商品属性によって指定されます。

しかし、カスタムメイド品や、他の要素にバリエーションがある商品を販売している場合は、これらの属性を使って商品のバリエーションを詳しく説明できないことがあります。ここでは、Google が提供する詳細な商品属性に商品が合わない場合に、バリエーションを登録するおすすめの方法を紹介します。

ここで使われている用語については、詳細な商品属性とバリエーションに関する説明の記事をご覧ください。

サポートされていないバリエーションを持つ商品を登録する際のおすすめの方法

  • 同一商品であるものの、複数に対応したサードパーティ製の互換商品については、それらの商品を何回も繰り返して登録しないでください。たとえば、さまざまな車種に対応したフロントガラスのワイパーや、さまざまなスマートフォンに対応したスマートフォン ケースなどがこれに該当します。代わりに、商品のすべての対応状況を商品説明に記載してください。
  • 類似商品のさまざまなバリエーションを販売し、それぞれ設計が異なる商品と見なされる場合は、以下の対応を行ってください。
    • バリエーションの内容を、商品名と商品説明に指定してください。
    • 各商品に、対応する GTIN または固有商品 ID(個々の商品の独自性を表す ID)を登録してください。

自動車部品を扱うショップで、自動車メーカーや車種によって販売される部品が異なるとします。商品フィード仕様にはメーカーとモデルの属性がないため、商品グループ ID [item_group_id] 属性を使用してバリエーションを登録することはできません。その代わりに、商品データ内で個々の商品を 1 つずつ登録し、対応情報(自動車部品のターゲットとなるメーカーと車種など)を各商品の商品説明 [description] 属性に指定します。個々の商品は、独自の製造番号 [mpn] とメーカーが割り当てたブランド [brand] の組み合わせ、またはメーカーから入手した有効な GTIN [gtin] によって特定されます。

サードパーティ製の互換品または再生品を登録する方法の詳細をご覧ください。

カスタムメイド商品の登録について

  • 商品データとして、完成品または商品の構成要素のいずれかを送信します。
  • 完成品を登録する場合は、すぐに販売できる商品とベストセラー商品を登録します。
  • 商品の構成要素を登録する場合は、販売する構成要素の画像、説明、価格が確実に反映されるようにします。詳しくは、カスタム商品の要件をご覧ください。
  • 1 日のうちに在庫状況や価格が頻繁に変わる場合は、商品アイテムの自動更新の利用をご検討ください。

カスタムメイド アクセサリーのメーカーのウェブサイトで、ユーザーが台枠や石などのオプションを選択し、最終的な商品を作るとします。組み合わせが無数にあるため、商品データで商品グループ ID [item_group_id] 属性を使用して完成品のすべてをバリエーションとして設定せずに、売れ筋の組み合わせだけを Google で宣伝することにしました。ユーザーには、完成品の価格と画像を含む広告が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
71525
false
false