サポートされていないバリエーションの登録に関するおすすめの方法

一般的な商品バリエーションの種類は、color [色]size [サイズ]pattern [柄]material [素材]age_group [年齢層]gender [性別]size_type [サイズタイプ]size_system [サイズ表記] の詳細な商品属性によって指定されます。 しかし、カスタムメイド品や、他の要素にバリエーションがある商品を販売している場合は、これらの属性を使って商品のバリエーションを詳しく説明できないことがあります。ここでは、お客様が販売している商品が Google の詳細な商品属性に当てはまらない場合に、そのバリエーションを登録するためのヒントをご紹介します。

ここで使われている用語については、詳細な商品属性とバリエーションに関する説明の記事をご覧ください。

サポートされていない属性にバリエーションがある商品を登録するには

  • バリエーションごとに商品アイテムを個別に登録し、商品名、画像、説明、価格が販売商品のバリエーションに確実に反映されるようにします。
  • title [商品名] 属性では、商品のどの部分にバリエーションがあるのかを明記します。
  • item_group_id [商品グループ ID] 属性には値を指定しないでください。

自動車部品を扱うショップで、自動車メーカーや車種によって販売される部品が異なるとします。商品フィード仕様にはメーカーや車種の属性はないため、item group id [商品グループ ID] でバリエーションを登録することはできません。その代わりに、商品アイテムごとに異なる情報(すなわち自動車部品が使われる自動車メーカーと車種)を、各商品アイテムの title [商品名] 属性に指定します。Google では、title [商品名] 属性で指定されたテキストをもとに、ユーザーにバリエーションを表示します。

カスタムメイド商品の登録に関するおすすめの方法

カスタムメイド アクセサリーのメーカーのウェブサイトで、ユーザーが台枠や石などのオプションを選択し、最終的な商品を作るとします。組み合わせが無数にあるため、商品データで item_group_id [商品グループ ID] を使用してすべての組み合わせをバリエーションとして設定せずに、売れ筋の組み合わせだけを Google で宣伝することにしました。ユーザーには、完成品の価格と画像を含む広告が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。