商品アイテムの自動更新について

商品アイテムの自動更新を利用すると、自動的にランディング ページのデータを使って商品データを更新し、データをより正確で最新の状態に保つことができます。商品アイテムの自動更新とは、ウェブサイト上の構造化データのマークアップと高度なデータ抽出ツールによって、ショッピング広告、Google で購入、無料商品リスティングの商品を自動更新する機能です。現在、商品アイテムの自動更新の対象となっているのは、価格 [price] 属性と在庫状況 [availability] 属性です。

たとえば、ある商品アイテムの価格が最新のデータフィードでは 400 円になっている一方で、商品のランディング ページでは 300 円になっている場合、ショッピング広告や無料商品リスティングでその商品が 300 円に更新されます。

メリット

商品アイテムの自動更新を利用すると、広告や無料リスティングで商品の正確な価格と在庫状況が表示されるため、ユーザー エクスペリエンスが向上して商品へのトラフィックが増え、コンバージョン率も高まります。商品アイテムの自動更新では、ランディング ページから直接提供される商品データが使用されるため、不一致がすぐに排除されます。そのため、価格や在庫情報の不一致が原因でアカウントに違反措置が適用されるリスクを低減できます。ただし、あまりにも情報の不一致が多いと、商品アイテムの自動更新が機能しなくなり、アカウントの商品アイテムが予防措置として不承認となるおそれがあります。詳しくは、予防措置としての商品アイテムの不承認についての記事をご覧ください。

アカウントでは、商品アイテムの自動更新はデフォルトで有効になっています。無効にすると、価格や在庫状況の情報に不一致がある商品が更新されず、不承認となります。アカウントで商品アイテムの自動更新を管理する

: ご利用の Merchant Center アカウントがマルチクライアント アカウントに設定されていると、デフォルトでは各サブアカウントで親アカウントの設定が使用されますが、サブアカウントに個別の設定を適用するよう選択することもできます。

商品アイテムの自動更新は、データフィードや商品データの定期的な更新作業を代替するものではありません。これは、ごく一部の商品の価格や在庫状況の精度に関する一時的な問題を修正するためのものです。商品アイテムの自動更新では、すべての商品に対応できるわけではないため、正確な商品データを定期的に Google ショッピングに送信していただく必要があることに変わりはありません。

高度なデータ抽出ツールについて

高度なデータ抽出ツールを使用すると、商品のランディング ページにある価格と在庫状況の情報を見つけることができます。統計モデルと機械学習を組み合わせて使用することで、構造化データのマークアップとは関係なくウェブサイトから商品データを検出し、抽出できる仕組みになっています。この抽出ツールは schema.org の構造化データのマークアップに加えて機能するため、販売店は schema.org のマークアップを使用することが推奨されます。

ただし、変更内容の正確性を保証するものではないことに留意してください。たとえば、一部のドメインで高度なデータ抽出ツールを利用できない場合や、正確でない schema.org のアノテーションが無効になることがあります。この機能には誤った更新を防ぐためのさまざまな照合ツールや安全対策が組み込まれています。詳しくは、以下のトラブルシューティングのセクションをご覧ください。また、ランディング ページの要件もあわせてご確認ください。

Google で購入

Buy_on_Google_listings掲載先 [included_destination] 属性の値として表示され、商品リンク [link] 属性が指定されている商品は、商品リンク属性を使用して送信されたランディング ページで見つかった価格とフィード価格の間にわずかな差が検出された場合に、自動更新価格を受け取ることがあります。

大きな価格差が検出された場合、その商品の価格は自動更新されず、「Google で購入」では元のフィード価格で引き続き販売されます。

同様に、Shopping_adsBuy_on_Google_listings が商品の掲載先 [included_destination] 属性の値として表示されていて、商品リンク [link] 属性を使用して送信されたランディング ページの価格とフィード価格の間に大きな差が見つかった場合、価格は自動的に更新されず、価格の不一致が原因でショッピング広告で商品が不承認となります。ただし、「Google で購入」では、元のフィード価格で商品を引き続き販売できます。

注:「Google で購入」の [sell_on_google_price] 属性の価格は商品アイテムの自動更新の対象ではありません。「Google で購入」での商品価格が商品のランディング ページの価格と異なる場合は、前者の価格を使用する必要があります。詳しくは、「Google で購入」での商品価格 [sell_on_google_price] 属性についての記事をご覧ください。

商品アイテムの自動更新の利用方法

1. ランディング ページに有効な構造化データを設定する

商品アイテムの自動更新を利用するには、まず商品のランディング ページに有効な構造化データを設定する必要があります。ランディング ページに構造化データがない、あるいは構造化データのマークアップが不完全または無効な場合は、高度なデータ抽出ツールによって自動的に商品が更新されます。商品アイテムの自動更新が無効になっている場合、または抽出ツールによって価格や在庫状況の情報を検出できない場合、その商品は商品アイテム単位での不承認の対象となります。詳しくは、構造化データの使用方法についての記事をご覧ください。

2. 更新された商品を確認する

商品アイテムの自動更新を無効にしていない場合、アカウントの [商品アイテムの自動更新] セクションに自動更新の現在のステータスが表示されます。このセクションには、[ツール] の [設定] メニューからアクセスできます。また、最近自動更新された商品は、[診断] ページにあるダウンロード可能なレポートで確認できます。

商品アイテムの自動更新に関する制限事項

商品アイテムの自動更新は、Merchant Center の商品データと商品のランディング ページ間の遅延やわずかな不一致に関連する問題を軽減することを目的としています。商品アイテムのごく一部だけを対象としているため、商品アイテムの自動更新によって体系的なアカウントの問題を解決するのは拡張可能なソリューションではありません。商品アイテムの自動更新を利用して体系的な問題を解決しようとすると、商品が不承認になったり、アカウント単位の違反措置が取られたりする可能性があります。

ウェブサイトの価格と在庫状況の更新頻度によっては、すべての商品の情報を効果的に更新できない場合があります。一般的に、ウェブサイト上の多数の商品の価格や在庫情報が 1 日に何度も更新される場合には、商品アイテムの自動更新はあまり効果を発揮しません。たとえば、為替レートに応じて価格が頻繁に更新される場合などがこれにあたります。こうしたケースでは Content API を使用して商品データを更新することをおすすめします。

商品アイテムの自動更新設定を管理する

商品アイテムの自動更新はデフォルトで有効になっていますが、アカウント単位でいつでも設定を管理できます。

商品アイテムの自動更新の設定を管理するには:

  1. Merchant Center アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン Tools and setting menu icon [Gear] をクリックし、[設定] で [自動改善] を選択します。
  3. 次のページで、価格、在庫状況、または価格と在庫状況の両方に対して商品アイテムの自動更新を有効にしたり、完全に無効にしたりできます。

商品アイテムの自動更新を有効活用するためのおすすめの方法

データの品質を改善し、ユーザー エクスペリエンスを向上させる方法は次のとおりです。

  • フィードのアップロードや Content API による更新は、ウェブサイトの商品を更新した直後に行うことをおすすめします。これにより、ウェブサイトの更新とショッピング広告上のデータ更新の時間差によるエラーを回避できます。
  • セール価格 [sale_price] 属性を使用している場合は、セールの有効期間がセール価格有効期間 [sale_price_effective_date] 属性を使用して正しく指定されていることと、タイムゾーンが正しいことを確認してください。セールの期間内は、セール価格がショッピングの検索結果に現在の価格として表示されます。
  • まとめ売りの商品については、最小販売数量での価格を登録する必要があります。ランディング ページには、対象国の適切な通貨で商品価格を掲載してください。その通貨は、商品データに登録した通貨と一致する必要があります。
  • 不一致を検出して更新するために、Google ではデータフィードまたは Content API で指定されたランディング ページをクロールしています。Google のクロール頻度を上げると、Google がウェブサイトのさらに多くの商品をクロールできるようになります。詳しくは、Googlebot のクロール速度を変更する方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
71525
false