商品の掲載結果のトラッキング

URL にトラッキング情報を追加することで、ショッピング広告から発生したトラフィックをトラッキングできます。パラメータ source=googleps を URL の末尾に追加する方法が最も簡単です。さらに、ダッシュボードの掲載結果グラフで Google Merchant Center 内のトラフィックをトラッキングすることもできます。商品のより包括的な掲載結果を確認するには、Google 広告アカウントで提供されている機能をご覧ください。

Google Merchant Center と Google 広告のレポートとは別の、外部トラフィックのトラッキング設定は下記をご覧ください。

  • パラメータを設定する前の URL が「http://www.example.com/product.html」のような場合、変換後の URL は「http://www.example.com/product.html?source=googleps」のようになります。
  • パラメータがすでに設定されている URL に「http://www.example.com/product.html?q=exampleproduct」のように疑問符が含まれている場合、変換後の URL は「http://www.example.com/product.html?q=exampleproduct&source=googleps」のようになります。

ご使用のウェブサーバーでは、すでに特別に変更を加えることなくこの形式をサポートしています。URL に source=googleps を追加しておけば、ウェブサーバーのログで source=googleps を検索できます。すべてが適切に機能している場合、ユーザーが商品のいずれかをクリックするたびにこの文字列がログに表示されます。

: トラッキング用の URL を作成したら、データフィードに組み込む前にウェブブラウザでテストし、指定したページに適切にリンクされていることを確認してください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。