ビデオ会議の利用について

Google ミーティング ルーム ハードウェアでは、リモコンを使用するか、タッチスクリーンをタップして会議名を入力するだけで、簡単にビデオ会議に参加できます。G Suite アカウントをお持ちの場合は、Google カレンダーを使用してビデオ会議をスケジュールしたり、他の G Suite サービスを使用して共同作業したりすることもできます。G Suite アカウントがなくても、ゲストを招待したり、パソコン画面を共有したりすることができます。

必要なのはドメイン名のみ

Google ミーティング ルーム ハードウェアを使用するのに G Suite アカウントは必要ありません。必要なのは、www.[会社名].com のような独自のドメイン名のみです。デバイスを購入するときにドメインの所有権確認を求められ、確認が完了すると Chrome デバイスを使用できるようになります。

デバイスの使用

デバイス間でビデオ会議を開始する

臨時の会議に参加するには、次の方法があります。

  • Google Meet ハードウェア - Google Meet のタッチスクリーンを使用して、会議の名前またはコードを入力します。
  • Chromebox for meetings - リモコンを使用して、会議の名前またはコードを入力します。
  • Chromebase for meetings - タッチスクリーンを使用して、会議の名前またはコードを入力します。

詳しくは、臨時の会議に参加するをご覧ください。

ユーザーをビデオ会議に招待する

ユーザーを招待する方法は次のとおりです。

  • G Suite アカウントを持っている内部ゲスト - 組織内のユーザーのみにビデオハングアウトへの参加を許可します。
  • Google アカウントを持っている外部ゲスト - 組織外のゲストは、Google カレンダーを使用して招待するか、会議開始後に追加します。
  • Google アカウントを持っていない外部ゲスト - 誰でもリンクを使用して参加できるようにします。

詳しくは、ビデオ会議にゲストを招待するをご覧ください。

画面を固定表示する

ビデオ会議中に、コンテンツを表示した画面を共有できます。たとえば、プレゼンテーションを共有したり、スプレッドシートの図を表示したりすることができます。詳しくは、ビデオ会議でプレゼンテーションを表示するをご覧ください。

Outlook を使用してビデオ会議の予定を設定する

Microsoft® Outlook® ユーザーとのビデオ会議をスケジュールするには、Outlook 用の Google Meet アドインを使用します。Outlook を使用している組織であれば、G Suite アカウントを持っていなくてもこのプラグインを利用できます。詳しくは、Outlook に Meet のビデオ会議を追加するをご覧ください。

G Suite アカウントの活用

G Suite アカウントをお持ちの場合は、次の操作が可能です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。