ビデオ会議に参加する

ビデオ会議に参加するには、次のものが必要です。

  • 場所 - Google Meet ハードウェア、Chromebox、または Chromebase が設置されている会議室から参加します。ノートパソコンなどの個人用デバイスを使用することもできます。
    注: Chromebox または Chromebase をビデオ会議システムとして使用するには、デバイスごとにライセンスと年間利用料が必要です。

  • ビデオ会議の参加方法 - Google カレンダーの招待状またはメールに記載されているビデオ会議のリンクから参加するか、会議室のディスプレイまたはブラウザに会議名または会議コードを入力します。参加方法は、どこからビデオ会議にアクセスするかによって異なります。

別組織のカレンダーの会議予定に自分が含まれていない場合は、その組織の参加者に参加リクエストを承認してもらう必要があります。また、G Suite アカウントにログインしていない場合も、承認を受ける必要があります。

すべて開く   |   すべて閉じる

予定されている会議に参加する

Google カレンダーまたは Microsoft Outlook を使用して予定した会議に参加する手順は、次のとおりです。

Google ミーティング ルーム ハードウェアから参加する
カレンダー  

Google カレンダー

会議コードは、会議のリンクの末尾に含まれる一意のコードです(例: abc-defg-hjk)。

  1. 会議名を選択します。
  2. 会議コードを取得して手動でコードを入力します。

Google ミーティング ルーム ハードウェアが自分の個人用カレンダーに割り当てられている場合、他のユーザーがあなたをビデオ会議に追加するとその予定の情報が表示されます。

Microsoft Outlook

ビデオ会議名を手動で入力します。

ビデオ会議名は Outlook の招待状に記載されています。詳しくは、Outlook に Meet のビデオ会議を追加するをご覧ください。

個人用デバイスから参加する

ヒント: 会議室でノートパソコンから参加する場合は、ハウリングが発生する可能性がありますので、マイクをミュートしてください。

次のいずれかの方法で予定されている会議に参加します。

カレンダー  
Google カレンダー
  1. カレンダーの予定を開きます。
  2. [Google Meet に参加する] をクリックします。
  3. 参加の準備が整ったら、表示された画面で [今すぐ参加] をクリックします。
Microsoft Outlook
  1. Microsoft Outlook の招待状に記載されているビデオ会議のリンクをクリックして参加します。
  2. 会議を開始した後で、招待アイコン "" を選択して他のユーザー(組織外のユーザーも含む)を招待することもできます。詳しくは、ビデオ会議にユーザーを追加するをご覧ください。
Chromebox または Chromebase のディスプレイに会議名が表示されない場合

会議の主催者が会議室を予約する際に、ビデオ会議を追加し忘れることがあります。その場合、次の 2 つの方法があります。

会議の主催者に招待状の更新を依頼する

  1. カレンダーの招待状にビデオ会議を追加して再送信するよう、主催者に依頼します。
  2. ディスプレイのカレンダーに会議名が表示されるのを待ちます。
  3. カレンダーに表示された会議名にリモコンのカーソルを合わせます。
  4. リモコンの [選択] を押して会議を開始します。

ビデオ会議の名前またはコードを取得して入力する

  1. 主催者にビデオ会議の作成を依頼し、会議名または会議コードを教えてもらいます。
  2. リモコンの裏面のキーボードを使用してその情報を入力します。
  3. [参加] にリモコンのカーソルを合わせます。
  4. リモコンの [選択] を押して会議を開始します。
会議を選択してもビデオ会議が開始されない場合

Google ミーティング ルーム ハードウェアで、予定されている会議を選択してもビデオ会議が開始されない場合は、次の点を確認します。

  • ビデオ会議が会議の予定に追加されていること
  • 会議が作成される前に Google サービスの要件がすべて満たされていたこと

臨時の会議に参加する

Google のビデオ会議システムを使用して臨時の会議を行うこともできます。必要なのは会議名または会議コードだけです。

Google ミーティング ルーム ハードウェアから参加する
  1. Google ミーティング ルーム ハードウェアが設置されている会議室を探します。
  2. [会議に参加または開始](Google Meet ハードウェアの場合)をタップするか、リモコン(Chromebox の場合)を使って [会議に参加または開始] にカーソルを合わせ、
  3. リモコンの [選択] を押します。
  4. 画面の左上に表示される一意の会議コード(例: abc-defg-hjk)をメモしておきます。
  5. 会議の参加者に会議コードを知らせます。
個人用デバイスから参加する

会議室に Google ミーティング ルーム ハードウェアが設置されていない場合は、個人のデバイスを使用して、どこからでも会議に参加できます。

組織で G Suite をご利用の場合

  1. Chrome ブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. アドレスバーに「https://meet.google.com」と入力します。
  3. 会議コードを入力します。
  4. [参加] をクリックします。

ヒント: Google ミーティング ルーム ハードウェアが設置されている会議室でノートパソコンから参加する場合は、ハウリングが発生する可能性がありますので、マイクをミュートしてください。

モバイル デバイスを使用している場合や、組織のドメイン外の Google アカウント(個人アカウントなど)にログインしている場合は、開始後に会議に招待してもらう必要があります。詳しくは、ビデオ会議にユーザーを追加するをご覧ください。

組織で G Suite をご利用でない場合

ビデオ会議の開始後に招待してもらう必要があります。詳しくは、ビデオ会議にユーザーを追加するをご覧ください。

組織外のビデオ会議に参加する

組織外のユーザーが Google のビデオ会議に参加するには、会議名を入力します。

この方法を使用するには、主催組織がビデオ会議を開始する必要があります。また、外部のゲストが会議へのリンクを使用して参加できるように設定し、主催組織の参加者は会議への招待に応じる必要があります。詳しくは、ビデオ会議にユーザーを追加するをご覧ください。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。