報告されている問題

注: G Suite 管理者の方は、G Suite に関して報告されている問題もご覧ください。

ウィンドウを共有するとプルダウン メニューが表示されない

Meet でウィンドウを共有すると、共有ウィンドウ内のプルダウン メニューが会議に表示されません。

回避策:

特定のウィンドウではなく画面全体を共有します。

会議に参加すると Chrome ブラウザがフリーズする

Windows 7 で Chrome ブラウザ バージョン M64 をご使用の場合は、Hangouts Meet で会議に参加できないことがあります。ブラウザでは参加しているように表示されますが、実際には参加できていません。

この問題は通常、同じブラウザを使用して Hangouts Meet に 2 回続けて参加しようとした場合に発生します。

回避策:

  • Chrome ブラウザを再起動します。ビデオ会議に参加する前に、アドレスバーに「chrome://restart」と入力します。
  • 最新の Chrome ベータ版 M65(65.0.3325.103 以降)にアップグレードします。

画面共有を選択するとブラウザがフリーズする

パソコンで互換性のないビデオアダプタやビデオドライバを使用していると、この問題が発生することがあります。

回避策: パソコンのビデオアダプタとビデオドライバを最新バージョンにアップグレードします。

ウィンドウを共有すると、プレゼンテーションが空白で表示される

Meet でウィンドウを共有している場合、Microsoft PowerPoint や Keynote のプレゼンテーションを共有ウィンドウで再生すると、他の閲覧者にはスライドショーが空白で表示されます。これは、[再生] や [スライドショーの表示] を選択するとプレゼンテーションが全画面モードで表示されるものの、共有しているのはウィンドウのみであるためです。

回避策: [再生] モードや [スライドショーの表示] モードでプレゼンテーションを開始する前に、画面全体を共有します。

Mac パソコンを使っていると、相手に自分の声が聞こえない

Hangouts Meet でのビデオ会議中に、自分の声が相手に届かない場合は、自分のマイクがオンになっていることをご確認ください。ミュート をクリックすると、マイクがオンになります。

Mac パソコンでマイクがオンになっているにもかかわらず、相手に自分の声が聞こえない場合は、次の手順をお試しください。Mac パソコンの設定によって、Meet がパソコンのマイクを使えなくなっている可能性もあります。

  1. 自分の端末のミュートを解除します。端末のシステム設定で、マイクがオフになっていないことを確認します。
  2. Meet で自分自身のミュートを解除します。画面下部にある ミュート をクリックすると、マイクがオンになります。
    ヒント: 他のユーザーはあなたをミュートできますが、あなたのミュートを解除することはできません。
  3. macOS Mojave バージョン 10.14 以降が搭載されているパソコンをお使いの場合は、Chrome ブラウザと Firefox® がパソコンのマイクを利用できるよう新しいプライバシー設定を使って指定する必要があります。この設定を行わないと、ご利用のデバイスからの音声を Meet で流すことができません。

    1. [システム環境設定] 次に [セキュリティとプライバシー] に移動します。
    2. [プライバシー] 次に [マイク] を選択します。
    3. [Google Chrome] と [Firefox] のチェックボックスをオンにします。
  4. Chrome ブラウザで「chrome://restart」と入力して Chrome を再起動し、Chrome アプリや拡張機能をすべてリセットします。
  5. パソコンを再起動します。

パソコンのミュートを解除するためのその他の方法について知る

モバイル端末で Meet を利用できない

各バージョンの Meet のモバイルアプリは、リリース後 6 か月間サポートされます。旧バージョンのアプリが端末にインストールされている場合は、最新バージョンにアップグレードしてください。

G Suite Enterprise ライセンスにアップグレード後、既存のカレンダーの予定に電話番号を追加できない

G Suite Enterprise エディションにアップグレードした後は、カレンダーの既存の予定にある Meet のビデオ会議に参加用電話番号が含まれなくなります。参加用電話番号を追加するには、予定からビデオ会議を削除して保存し、再びビデオ会議を追加してください。

電話から参加した場合、通話が予期せず遮断される

Meet での会議には、8 時間まで電話から参加することができます。携帯通信会社によって固有の制限が設けられている場合は、これより短くなる場合があります。

回避策: 8 時間後に通話が遮断されたら、再度電話をかけて会議に参加します。
 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。