Google Meet アプリと Google Duo アプリのアイコンが変わります。詳細

Google Meet を利用したハイブリッド コラボレーションでコンパニオン モードを使用する

重要: 挙手機能などの一部の機能を使用するには、特定の Google Workspace エディションが必要です。詳しくは、Google Workspace のエディションに関する記事をご覧ください。

コンパニオン モードを使用すると、サブ画面で Google Meet のビデオ会議に参加できます。コンパニオン モードではマイクとビデオがオフになるため、ハウリングも発生しません。

リモートで参加しているユーザーとミーティング ルームにいるユーザーが混在している場合(ハイブリッド会議)、ミーティング ルームにいる参加者は、ミーティング ルーム ハードウェアや Google Nest Hub Max を使用して個別にチャットをしたり、質問に賛成票を投じたり、アンケートに回答したりすることができません。そこで、コンパニオン モードを使用すると、どの参加者も公平にコラボレーションを行えるようになります。  

  • ミーティング ルームにいるユーザー - ミーティング ルーム ハードウェアまたは Google Nest Hub Max から音声と動画を利用できる状態でビデオ会議に参加すると、発言したり、リモートの参加者の発言を聞いたりできます。ただし、画面を共有したり、チャット、アンケート、Q&A、主催者向けの設定を使用したりするには、ノートパソコンでコンパニオン モードを使用する必要があります。
  • リモートのユーザー - 通常どおり音声と動画を使用して会議に参加してください。

ノートパソコンでコンパニオン モードを使用して通話に接続する

コンパニオン モードでノートパソコンを Meet の会議に接続するには、次の 2 通りの方法があります。

会議の招待状から: 

  1. 会議の招待状で [参加] をクリックする。
  2. 会議のランディング ページの [その他の参加方法] セクションで [コンパニオン モードを使用] をクリックする。

短縮 URL を使用:

  1. ブラウザを開き、g.co/companion と入力する。
  2. Meet のホーム画面で、目的の会議を選択するか、会議コードを入力する。

ヒント:

  • チャット メッセージを見逃さないようにするには、会議が始まると同時にコンパニオン モードで同じ会議に接続してください。コンパニオン モードで会議に接続する前に送信されたメッセージはチャット ストリームに反映されません。
  • 会議中にチャットを利用する場合は、事前にミーティング ルームの参加者にコンパニオン モードで同じ会議に接続するようにお伝えください。

セルフビューを使用して、自分の動画タイルをリモートの参加者と共有する

ミーティング ルームからコンパニオン モードを使って会議に参加している場合でも、ノートパソコンのカメラでセルフビューをオンにすると、あなた個人の動画タイルを通話の他の参加者と共有できます。ただし、音声は共有されず、あなた個人の動画タイルが発言中の参加者として表示されることもありません。カメラをオフにすると、セルフビューにはあなたのアバターが表示されます。

  1. セルフビューをオンにする: コンパニオン モード画面の一番下の「カメラをオンにする」アイコン をクリックします。
    • セルフビューをオフにする: 「カメラをオフにする」アイコン Camera をクリックします。
    • デフォルトでは、セルフビューは常にオフで、最小化された状態になっています。
  2. 背景を変更する、ビジュアル エフェクトを適用する: コンパニオン モード画面の一番下のその他アイコン More and then 「ビジュアル エフェクトを適用」アイコン をクリックします。

重要:

  • ビデオがオンになっている場合、あなたのセルフビューは、他の Meet ユーザーには表示されますが、ミーティング ルーム内の Google Meet ハードウェア デバイス上には表示されません。
  • あなたのセルフビューが Google Meet ハードウェア デバイス上に表示されるのは、あなたが挙手中の場合に限られます。

コンパニオン モードを使用してノートパソコンの画面を共有する

コンパニオン モードを使用すると、ノートパソコンの画面を簡単に共有できます。  

会議の招待状から: 

  1. 会議の招待状で [参加] をクリックする。
  2. 会議のランディング ページで [画面共有] をクリック and then 共有対象を選択する。

短縮 URL を使用:

  1. ブラウザを開き、g.co/present と入力する。
  2. Meet のホーム画面で、目的の会議を選択 and then 共有対象を選択する。

コンパニオン モードの詳細

コンパニオン モードの概要動画

インフォグラフィック: ハイブリッド会議における公平なコラボレーション

コンパニオン モードを利用できるユーザーと利用可能な機能

コンパニオン モードは Google Meet のすべての参加者が利用できます。ただし、挙手機能などの機能を使用できるかどうかは、ご利用の Google Workspace エディションによって異なります。詳しくは、Google Workspace のエディションに関する記事をご覧ください。

ミーティング ルーム以外の場所にいるときに、コンパニオン モードをサブ画面として使用することはできますか?

はい。共有されている画面をサブ画面で表示して、メイン画面からその共有画面の固定を解除すると、より多くの参加者の動画フィードをメイン画面に表示できます。

デバイス、参加者、会議の主催の詳細

デバイス情報

  • 音声 - エコーが発生しないように、コンパニオン モードではマイクと会議音声がオフになります。通話で発言したり、他の参加者の発言を聞いたりするには、ミーティング ルーム ハードウェアまたは Google Nest Hub Max を使用してください。参加リクエストなどの通知や他のアプリの音声については、コンパニオン モードのノートパソコンで再生できます。
  • 動画 - コンパニオン モードではビデオカメラがオフになります。また、他の動画フィードの表示スペースを確保するために、あなたのタイルは参加者グリッドに表示されません。コンパニオン モードで挙手すると、他の参加者には、あなたのアバターと名前の後に(コンパニオン モード)と表示されます。例: あなたの名前(コンパニオン モード)
  • アクティビティの通知 - 会議の参加者がチャット メッセージを送信したり、アンケートなどのアクティビティを開始したりすると、ミーティング ルーム ハードウェアと Google Nest Hub Max に通知が表示されます。これはミーティング ルーム内の参加者に向けた通知で、コンパニオン モードを使用して参加するように促すメッセージが記載されています。
  • モバイル デバイス - コンパニオン モードはモバイル デバイスでは利用できません。

参加者情報

  • コンパニオン モードの参加者 - [ユーザー] タブに、コンパニオン モードで会議に接続しているすべての参加者が表示されます。
  • 参加と退出の通知 - コンパニオン モードのユーザーが通話に接続したり、通話から退出したりすると、参加者全員に通知が届きます。
  • ゲスト - Google アカウントにログインしていないユーザー(ゲスト)がコンパニオン モードを使用して会議に接続するには、主催者に参加を承諾してもらう必要があります。

コンパニオン モードは参加人数にカウントされますか?

はい。コンパニオン モードで通話に接続もしくは画面を共有した場合、参加者としてカウントされます。ノートパソコンまたはパソコンの会議画面の右下に表示されるユーザー アイコンに、現在参加中のユーザーの人数が表示されます。

画面の共有と共有画面の表示

  • g.co/present - g.co/present で画面を共有すると、コンパニオン モードで会議に接続した状態になります。会議で発言したり、他の参加者の発言を聞いたり、自分の動画を共有したりするには、ミーティング ルーム ハードウェアまたは Google Nest Hub Max を使用して接続するか、音声と動画をフルに使用できる状態(非コンパニオン モード)で会議に参加してください。
  • [ユーザー] リスト - コンパニオン モードで画面を共有するユーザーは、[ユーザー] リストに 2 回表示されます。これにより、管理者は、そのユーザーおよび共有中の画面を別々に固定したり、通話から退出させたりできます。
  • 共有画面の表示 - 会議で共有する画面が複数ある場合:
    • コンパニオン モードのユーザーには、現在共有中の画面のみ表示されます。
    • 画面を共有中の参加者が画面共有を停止した場合、他の参加者が自分の画面をコンパニオン モードの参加者に表示するには、自分の画面の共有を再開する必要があります。

会議の主催

  • 主催者向けの設定 - 管理者は、主催者向けの設定を使用して、コンパニオン モードの会議を管理できます。たとえば、ノートパソコン、パソコン、モバイル デバイス、コンパニオン モードの参加者を共同主催者に指名したり、出席状況の確認機能を使用したり、通話を終了して参加者全員(コンパニオン モードの参加者も含む)を退出させたりできます。また、チャット、画面共有、動画、音声の使用を制御したりすることも可能です。詳しくは、主催者向けの設定をご覧ください。
  • 会議を終了して全員を退出させる - 主催者は、会議を終了して全員を退出させることができます。会議を終了して全員を退出させると、ミーティング ルームから退出する際に接続を解除し忘れた参加者の接続も解除されます。詳しくは、会議を終了して全員を退出させるをご覧ください。
  • ライブ ストリームの予定 - 会議前に Google カレンダーでライブ ストリームの予定を設定しておくと、コンパニオン モードでそのライブ ストリームを開始したり停止したりできます。詳しくは、ライブ ストリームの予定についてのヘルプ記事をご覧ください。

既知の問題について確認する

ブレイクアウト ルーム

主催者は以下のことを行えます。

  • コンパニオン モードで会議に接続し、ブレイクアウト ルームを設定する
  • コンパニオン モードを使用しているユーザーをブレイクアウト ルームに割り当てる

重要: コンパニオン モードを使用しているユーザーは、ブレイクアウト ルームで発言したり、発言を聞いたりすることができません。また、主催者がミーティング ルーム ハードウェアや Google Nest Hub Max をブレイクアウト ルームに割り当てることもできません。

ハイブリッド会議でブレイクアウト ルームを設定するには、以下の方法があります。

  • ミーティング ルーム内の参加者については、ブレイクアウト ルームに割り当てるのではなく、Google Meet 通話のメインルームに待機させる。

  • ミーティング ルーム ハードウェアと会議の接続を解除するように各ミーティング ルーム内の参加者に伝える。その後、ノートパソコンまたはスマートフォンから音声と動画をフルに使用できる状態で会議に参加してもらってから、ブレイクアウト ルームに割り当てる。ブレイクアウト ルームでのセッションが終了したら、参加者にもう一度ミーティング ルーム ハードウェアから会議に接続してもらう。

  • 予定の開始前に、ブレイクアウト ルーム用に別の会議を設定する。ブレイクアウト ルームのセッションが始まったら、メイン セッションから退出してブレイクアウト ルームに参加するように参加者に伝える。ブレイクアウト ルームのセッションが終了したら、メイン セッションに戻るように Google Chat を使って参加者に伝える。

ブレイクアウト セッションについての詳細をご覧ください。

サードパーティの Chrome 拡張機能

サードパーティの Chrome 拡張機能が原因で、会議中に予期しない問題が発生することがあります。問題が発生した場合は、サードパーティの拡張機能をオフにしてみてください。詳しくは、サードパーティの Chrome 拡張機能に関する記事をご覧ください。

グリッド表示

コンパニオン モードをまだ利用できない場合、参加者グリッドには、コンパニオン モードの参加者が「ユーザー名(コンパニオン モード)」というラベル付きのタイルとして表示されます。
コンパニオン モードを利用できる場合、コンパニオン タイルがグリッドに表示されることはありません。

 

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
713370
false
false