Google 広告アカウントの強制停止についての概要

Google は法的要件の遵守とユーザーの安全を重要視しており、ユーザー、Google、またはパートナーを危険にさらす行為があった場合には、アカウントの強制停止という措置を講じることがあります。

広告主様のアカウントが強制停止された場合は、アカウント内に通知が表示されるほか、メールにも通知が届きます。

アカウントに関するトラブルシューティングを使用すると、自動的にアカウントのステータスまたは強制停止の状況が確認され、必要な手順が提示されます。

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある [設定] アイコン YouTube 設定アイコンの画像 で [字幕] を選択し、言語を選択します。


このページの内容

概要

  • 強制停止されたアカウントでは、広告掲載および新しいコンテンツの作成はできません。ただし、広告主様は強制停止されたアカウントや関連するすべてのレポートに引き続きアクセスできます。
  • 強制停止中のアカウントに関連するアカウント(同じメールやお支払い方法を使用しているアカウントや、同じクライアント センター(MCC)アカウントにリンクされているアカウントなど)は、強制停止される場合があります。
  • 強制停止中の Google 広告アカウントにリンクされている Merchant Center アカウントは、強制停止される場合があります。
  • 広告主様が新規作成するアカウントは、すべて強制停止される場合があります。

アカウントに関するトラブルシューティングを使用すると、自動的にアカウントのステータスまたは強制停止の状況が確認され、必要な手順が提示されます。アカウントの強制停止に対して再審査請求を行うと、最近のお支払い履歴または Google 広告アカウントに加えた変更の確認手続きが求められる場合があります。

アカウントが強制停止される理由

Google 広告ポリシー利用規約は、ユーザーと広告主様に安全で健全なサービスを提供することを目的としています。Google ポリシーまたは利用規約に違反していることが確認された場合、アカウントは強制停止されることがあります。

アカウントが一時的に強制停止される理由は他にもあります。詳細は以下のとおりです。

1. 請求とお支払いに関する要件

お客様のアカウントは、お支払いと請求に関する理由(プロモーション コードの悪用、チャージバック(代金請求の差し戻し)のリクエスト、不審なお支払い行為、残高の未払いのいずれか)により強制停止される場合があります。

詳しくは、請求とお支払いに関する要件をご覧ください。

2. Google 広告のポリシーに関する要件

Google は法的要件の遵守とユーザーの安全を重要視しており、ユーザー、Google、パートナーを危険にさらす行為があった場合には、Google 広告アカウントの使用の強制停止という措置を講じることがあります。

Google 広告ポリシーの違反による強制停止について詳しくは、こちらをご覧ください。

  • 重大なポリシー違反
  • Google 広告ポリシー違反によるアカウント強制停止に関するよくある質問

3. アカウントの不正使用

認証情報を盗んだ許可されていないユーザーにより、許可なしに Google 広告アカウントにアクセスされてしまう可能性があります。許可されていないユーザーが Google 広告アカウントにアクセスしようとしていることが判明した場合、不正な請求から保護するためにアカウントが一時的に強制停止されます。

広告アカウントまたは広告アカウントに関連付けられているメールで不正な行為が行われた疑いがある場合は、このフォームへのご記入のうえご連絡ください。Google は直ちにお客様の Google 広告アカウントを保護し、予防措置を講じます。

詳しくは、アカウントのセキュリティ維持についての記事をご覧ください。

4. Google アカウントの年齢制限

Google アカウントを作成する際に、会社の設立年ではなくご自身の年齢をご記入ください。Google アカウントの年齢制限に違反していることが判明した場合、お客様のアカウントは強制停止されます。

詳しくは、Google アカウントの年齢制限をご覧ください。

5. Ad Grants のポリシーに関する要件

お客様の Google Ad Grants アカウントが Google Ad Grants のポリシーに違反している場合は強制停止されることがあります。

詳しくは、Ad Grants のポリシーに関する要件をご覧ください。

停止中のアカウントの問題を修正する

お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、再審査請求をお送りください。そのためには、まず [お問い合わせ] リンクに移動します。このリンクをクリックすると、Google 広告アカウント内の画面の右側にある再審査請求フォームに移動できます。フォームに記入すると、関連するポリシー情報が表示されるので、強制停止の理由と再審査請求のプロセスをご確認ください。

再審査の処理中に、再度 [お問い合わせ] を選択すると、広告アカウントのステータスは「再審査保留中」になります。再審査請求が審査されると、その結果が記載されたメールが届きます。再審査請求が却下された場合は、上記と同様のプロセスで再審査請求していただけます。

アカウントの強制停止に対する再審査請求を行うにあたり、一部の広告主様は、広告主様の身元確認を完了する必要があります。確認を 3 回行っても身元が確認できなかった場合、再審査請求を行うことはできません。請求およびお支払いに関する問題による強制停止の再審査を請求している場合、お支払い方法の確認手続きが求められる場合があります。

なお、よほどの理由(誤審など)がない限りアカウントは再開されません。再審査請求の際は、嘘偽りのない正確かつ十分な情報をご提供ください。

開始する

強制停止について広告主にはどのように通知されますか?

広告主様のアカウントが強制停止された場合は、アカウント内に通知が表示されるほか、メールにも通知が届きます。メール通知には、広告主様の強制停止の根拠となった違反行為すべてと、再審査請求の送信先リンクが記載されています。

強制停止中の広告主は他のアカウントを設定したり使用したりできますか?

いいえ。強制停止中のアカウントに関連するアカウント(同じメールやお支払い方法を使用しているアカウントや、同じクライアント センター(MCC)アカウントにリンクされているアカウントなど)は、強制停止されます。Google はユーザーの安全を重要視しており、ユーザー、Google、またはパートナーを危険にさらす行為があった場合には、Google 広告の使用が禁止されます。また、広告主様が新規作成するアカウントがすべて強制停止される場合があるため、新しいアカウントをセットアップする前に、停止中のアカウントを復元することを強くおすすめします。

広告主は強制停止中のアカウントにアクセスできますか?

強制停止中のアカウントで広告掲載はできませんが、強制停止されたアカウントと関連するレポートには引き続きアクセスできます。

広告主はアカウント強制停止ステータスに対して何回再審査請求を行えますか?

ポリシーに準拠するために適切な変更を加え、アカウントが再審査に向けて準備ができている場合にのみ、アカウント強制停止ステータスに対する再審査を請求することを強くおすすめします。同じアカウントの強制停止に対してあまりにも多くの再審査を請求した場合、システム運用の全体的な安定性を確保するために、再審査請求の処理を行わない場合があります。迅速に対応と審査が行われるよう、一度に 1 つの再審査を請求しましょう。

再審査請求機能を乱用されている可能性があると判定された場合、一部の再審査請求の処理が 7 日間停止されます。

EU デジタル サービス法に基づく追加の権利

EU 所在のユーザーや広告主様には、追加の救済手段をご利用いただける場合があります。利用可能な救済手段について詳しくは、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー