Google アナリティクス 4 プロパティのウェブ コンバージョンを測定する

Google 広告アカウントと Google アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ プロパティ」)をリンクすると、ウェブのコンバージョンとリマーケティング リストを Google アナリティクスからインポートし、Google 広告アカウントで測定や単価設定を行うことができます。

この記事では、Google 広告で Google アナリティクス 4 プロパティのウェブ コンバージョン イベントをインポートおよび設定する方法について説明します。

アプリ コンバージョンについての情報は、Google アナリティクス 4 プロパティのアプリ コンバージョンを測定するでご覧いただけます。

はじめに

ウェブ コンバージョンをインポートするには、以下の準備が必要となります。

  • Google アナリティクス 4 プロパティ: Google 広告とリンクする前に、Google アナリティクス側でプロパティの設定を行います。プロパティの設定には Google アナリティクス アカウントの「編集」権限が必要です。詳しくは、Google アナリティクスでのプロパティ設定についてをご確認ください。
  • Google アナリティクス 4 プロパティのウェブ データ ストリーム: ウェブ データ ストリームを追加すると、ウェブサイトやウェブアプリのデータを測定できます。詳しくは、ウェブ データ ストリームの追加についてをご確認ください。
  • Google アナリティクス 4 プロパティ内で作成されたコンバージョン イベント: e コマース イベントは、自動的にコンバージョン イベントとして有効になります。詳しくは、コンバージョン イベントについてをご確認ください。

手順

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックします。
  5. コンバージョンの種類として [インポート] を選択します。
  6. [Google アナリティクス 4 プロパティ]、[ウェブ] の順にクリックします。
  7. [続行] をクリックします。
  8. ウェブ コンバージョン イベントの横にあるチェックボックスをオンにし、[インポートして続行] をクリックします。Google アナリティクス 4 プロパティで作成したコンバージョンがすべてリスト表示されます。目的に合ったウェブ コンバージョン イベントを選択し、インポートしてください。
  9. [完了] をクリックします。

これで、[コンバージョン アクション] の表にウェブ コンバージョン イベントが表示されます。イベントの名前をクリックすると詳細が表示され、コンバージョン アクションの設定を編集できます。

[キャンペーン] の表でセグメント アイコン  > [コンバージョンの発生元] をクリックしても、ウェブ コンバージョンのデータを確認できます。「コンバージョンの発生元」セグメントを追加すると、[Google アナリティクス 4] の行にウェブ コンバージョンが表示されます。

すべてのコンバージョン アクションの設定(e コマース イベントを含む)

  • 名前: 測定するコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに識別しやすい名前を付けてください。
  • : 各コンバージョン イベントの値が Google アナリティクス 4 プロパティで測定され、Google 広告に自動的にインポートされます。Google 広告でデフォルト値を設定することや、値を使用しないことを選択することもできます。なお、Google 広告でコンバージョンを測定するには、Google アナリティクス 4 プロパティから、コンバージョンの値を数値として送信する必要があります。詳しくは、コンバージョン値についてをご確認ください。
  • カウント方法: 1 回の広告のクリックから発生したコンバージョンをすべてカウントするか、1 回としてカウントするかを選択します。「全件」は購入や販売に、「初回のみ」は販売促進に最適です。詳しくは、コンバージョンのカウント方法をご確認ください。
  • コンバージョン計測期間: 広告がクリックされた後、コンバージョンを計測する期間を選択します。詳しくは、計測期間についてをご確認ください。
  • カテゴリ: 対象のコンバージョンに最も当てはまるカテゴリを選択します。このカテゴリを使ってコンバージョン レポートを分割表示できます。
  • コンバージョン列に含める: このコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列に含めない場合は、この設定を無効にします(デフォルトでは有効です)。自動入札戦略によるコンバージョン重視の最適化で、このコンバージョン アクションを入札戦略に含めたくない場合も、この設定を無効にしてください。詳しくは、[コンバージョン列に含める] 設定についてをご確認ください。
  • アトリビューション モデル: アトリビューション モデルを選択して、コンバージョンに至るまでの各広告インタラクションに割り当てる貢献度を決定します。「データドリブン」アトリビューション モデルは、コンバージョン アクションがデータ要件を満たしている場合に利用できます。アトリビューション モデルの詳細

コンバージョンの重複について

レポートデータや入札機能用のシグナルとして正確な情報を得るためには、コンバージョンを重複なくカウントする必要があります。同じサイトを、ユニバーサル アナリティクス プロパティと Google アナリティクス 4 プロパティの両方で測定している場合、コンバージョン トラッキングも両方のプロパティで導入していることが一般的です。レポートや入札のために、両方のプロパティからコンバージョンをインポートすると、同一コンバージョンを 2 回インポートすることになり、結果としてコンバージョンが二重にカウントされることがあります。重複カウントを避けるため、同じコンバージョンのインポートを行うのは 1 回だけ(ユニバーサル アナリティクス プロパティと Google アナリティクス 4 プロパティの両方がある場合は片方だけ)にしてください。

お困りの場合

リンク設定に関する問題の解決

Google 広告における Google アナリティクスの活用方法について、ご不明な点がございましたらこちらからお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false