User ID を使って広告を掲載するデータ セグメントについて

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報がまとめられています。キャンペーン アイコン Campaigns Icon をクリックして [オーディエンス、キーワード、コンテンツ] タブを開き、[オーディエンス] をクリックします。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。オーディエンス レポートについて
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されています。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されました。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新

User ID が割り当てられたデータ セグメントを作成するには、カスタム生成された User ID に入力された顧客セグメントをアップロードします。User ID を使用したセグメントは、検索、ショッピング、YouTube などの Google サービスでターゲティングに利用できます。

メリット

User ID が割り当てられたデータ セグメントを使用すると、次のようなメリットが得られます。

  • カスタマー マッチでのメリット
    • User ID が割り当てられたデータ セグメントを使用すると、検索と YouTube のログアウト トラフィックへのターゲティング範囲が広がります。
  • 検索広告向けデータ セグメントでのメリット
    • オフライン セグメント: 知識の豊富な広告主様には、CRM データから高度にカスタマイズされたセグメントを構築する堅牢なオフライン バックエンド システムをご利用いただけます。これらのセグメントは履歴属性と動的属性の両方を利用しますが、それらは検索広告向けデータ セグメントを使用する ping 経由で渡されないこともあります。
    • 事後の状態の管理: 検索広告向けデータ セグメントは、リストの変更をページビューに依存しています。したがって、新たに識別された顧客セグメントをターゲティングするには、ユーザーがまず広告主様のウェブサイトにアクセスする必要があります(ユーザーを新しい検索広告向けセグメントに追加するため)。

User ID が割り当てられたデータ セグメントの仕組み

User ID が割り当てられたデータ セグメントを実装するには、グローバル サイトタグに「user_id」という最上位パラメータを追加します(この値は個人情報(PII)ではありません)。user_id は、内部で特定の顧客に関連付けるための一意の識別子です。このパラメータを使用すると、広告主様は Google に個人情報(PII)を提供することなく、User ID タグを追加して Google の Cookie スペースに一致するユーザーリストを収集できます。その顧客が、お客様のウェブサイトにアクセスすると、ウェブサイトに埋め込まれた gTag JavaScript が user_id を Google に渡し、Google はその「user_id」をユーザーの Google Cookie に関連付けます。この関連付けにより、お客様は Google 広告の管理画面または API を通じて user_id のリストをアップロードして、User ID が割り当てられたデータ セグメントを作成できるようになります。

注: Google 広告の User ID を使用するデータ セグメントには、Google アナリティクスのタグと User-ID 機能は使用できません。

方法 1: グローバル サイトタグで User ID パラメータを設定する

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面でツールアイコン Tools Icon をクリックします。
  2. セクション メニューで [共有ライブラリ] プルダウンをクリックします。
  3. [オーディエンス マネージャー] をクリックします。
  4. ページメニューで [オーディエンス ソース] をクリックします。
  5. [グローバル サイトタグ] の横にあるその他アイコン 3 dot icon をクリックします。
  6. [ソースを編集] をクリックして、グローバル サイトタグの設定を行います。
  7. [詳細設定] をクリックしてから、「user_id」チェックボックスを選択します。

: カスタマー マッチの許可リストにお客様が登録されていない場合、user_id チェックボックスがグレー表示されることがあります。カスタマー マッチに関するポリシーの詳細

  1. [保存して次へ] をクリックします。
  2. サイトに gtag.js グローバル サイトタグをまだインストールしていない場合は、こちらの手順に従って実装します。
  3. ユーザーがウェブサイト(または広告主様がそのユーザーの安定した user_id にアクセスできる任意のページ)にログインまたは登録するときに user_id パラメータを渡すように、イベント スニペットを実装します。以下の追加手順をご確認ください。

広告主様は、すべてのユーザーの user_id 値を生成し、セッション、ブラウザ、デバイス間でその値の安定性と一貫性を各ユーザーに確保する責任があります。

通常、広告主様のウェブサイトでユーザーの登録とログインを許可するユーザー アカウント機能が提供されている場合、これは達成できます。登録時には、ユーザーごとに一意の識別子を生成し、タグを使って Google 広告に渡す必要があります。また、同じユーザーが広告主様のサイトに戻って再度ログインした場合、user_id パラメータを使ってもう一度同じ識別子を渡す必要があります。

gtag.js を使って user_id パラメータを渡す方法の例は、以下のとおりです。

<script>gtag('event', 'login', { 'user_id': '132456' });</script>

上記のスニペット サンプルでは、イベント名として「ログイン」を使っていますが、必要なイベント名はすべて渡すことができます。唯一の要件は、イベントデータ引数の一部として「user_id」を含めることです。

(たとえば、動的リマーケティング パラメータを取得するために)サイトの特定のページにイベント スニペットを実装している場合は、以下のように user_id パラメータを既存のイベント スニペットに追加できます。

<script>

gtag('event', 'page_view', {

'send_to': 'AW-CONVERSION_ID',

'user_id': 'replace with value',

'value': 'replace with value',

'items': [{

'id': 'replace with value',

'google_business_vertical': 'retail'

}]

});

</script>

重要

User ID を割り当てる際は、次の 3 項目を念頭に置いてください。

  1. 必ずユーザーごとに一意の User ID を割り当てます。
  2. 個々のユーザーがお客様のウェブサイトにアクセスするたびに、毎回同じ user_id パラメータを設定します。たとえば、あるユーザーが午前中にウェブサイトを利用した後で、午後にもう一度利用したとします。この場合、お客様が Google 広告のアップロード API で user_id をアップロードして User ID が割り当てられたデータ セグメントを作成する際に、どちらのケースでも同じ user_id を設定する必要があります。
  3. user_id で Google に個人情報(PII)を渡すことは許可されません。

方法 2: Google タグ マネージャーで User ID パラメータを設定する

Google タグ マネージャーは、ウェブサイトに含まれるタグやコード スニペットを簡単に更新できるタグ管理システムです。グローバル サイトタグは、Google タグ マネージャーを使用して設置することもできます。

  1. タグ マネージャー アカウントにログインします。
  2. タグを選択します。
  3. 編集するタグの名前をクリックします。
  4. User ID 変数を設定します。
  5. [保存] をクリックして、タグの設定を完了します。
  6. 変更内容をプレビューで確認してから、[公開] をクリックします。

Google Ads API を使って「user_id」データをアップロードする

アカウントの所有者や管理者は、Google Ads API を使って「user_id」のデータファイルをアップロードし、オーディエンス セグメントの User ID を管理できます。広告主様は、API を使って、データファイルをアップロードしたり、顧客データを追加または削除したり、設定を編集したりすることができます。Google Ads API の [リマーケティング] セクションの詳細

User ID データは PII データとみなされないため、Google にアップロードする前にハッシュ化することを強くおすすめします。アップロードされた User ID がグローバル サイトタグで Google に送信された ID と同じになるようにしてください。

user_id パラメータは、Google 広告のクロスデバイス リンクにも使用できます。なお、2018 年 10 月 3 日以前に User ID が割り当てられたデータ セグメントを設定した場合、クロスデバイス リンクは有効になっています。広告主のクロスデバイス リンク設定の詳細

: タグは、User ID をアップロードする Google 広告アカウント(またはリンクされた Google 広告クライアント センター(MCC)アカウント)から取得したものである必要があります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー