TrueView アクション キャンペーンを作成する

YouTube および YouTube 以外のさまざまな場所でコンバージョンを促進する動画広告のキャンペーンを自動的に展開するには、動画アクション キャンペーンを作成することをおすすめします。詳しくは、動画アクション キャンペーンについてをご覧ください。

TrueView アクション キャンペーンでは、人目を引く「行動を促すフレーズ」、テキスト オーバーレイの見出し、終了画面を動画広告に追加することで、見込み顧客の獲得とコンバージョンを促進します。この動画キャンペーンのサブタイプを活用すると、対象の商品やサービスについて詳しく調べる、連絡先情報を登録するなど、その後のビジネスにつながるユーザーのアクションを増やすことができます。

この記事では、Google 広告での TrueView アクション キャンペーンの設定方法を説明します。

Google Ads Tutorials: Creating a TrueView for action campaign

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある設定アイコンをクリックし、[字幕] を選択して言語を指定します。


はじめに

コンバージョン トラッキング

ウェブサイトでコンバージョン トラッキングを設定し、グローバル サイトタグが正しく動作していることを確認します。シンプルなコンバージョン イベント(「カートに追加」や「サイトのアクセス数」など)の促進を重視し、キャンペーンに適したコンバージョンのカウント方法を選択してください。これにより、Google のシステムに貴重なシグナルが提供されるため、目標とする成果をより短い期間で達成することができます。

必要な予算

予算をいくらに設定するかで、コンバージョン重視の最適化に要する期間が変化します。目標コンバージョン単価制を使用するキャンペーンでは、予算を目標コンバージョン単価の 15 倍以上に設定することが推奨されています。以下の表で、予算設定とキャンペーンの最適化に要する期間の関係をご確認ください。

予算設定 最適化に要する時間
目標コンバージョン単価の 15 倍以上 7~8 日
目標コンバージョン単価の 10~15 倍 2 週間
目標コンバージョン単価の 5~10 倍 3 週間

「コンバージョン数の最大化」入札戦略を使用するキャンペーンでは、1 日の予算を動画キャンペーンの目標コンバージョン単価の 10 倍以上に設定してください。

クリエイティブに関するガイドライン

基本的な没入型の TrueView アクションに関する広告ガイドライン

留意事項

キャンペーンで最善の成果を得るには、入札戦略、オーディエンス、クリエイティブなどをよく検討する必要があります。最適化のヒントについて詳しくは、最適化するおすすめの方法をご覧ください。

手順

  1. Google 広告にログインします。
  2. 左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。
  4. 目標として [販売促進]、[見込み顧客の獲得]、[ウェブサイトのトラフィック] のいずれかを選択します。
    • キャンペーンのサブタイプとして、[コンバージョンの促進] が自動的に選択されます。
  5. キャンペーン タイプとして [動画] を選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. キャンペーンの名前を入力します。
  8. [入札戦略] で、入札戦略を [目標コンバージョン単価] または [コンバージョン数を最大化] に設定します。[目標コンバージョン単価] を選択する場合は、1 回あたりのコンバージョンに対して支払い可能な目標額を設定します。
  9. [予算と日程] で、予算タイプ、キャンペーンの開始日と終了日を設定します。
    • 予算タイプとして、[日別](1 日に支払い可能な平均額)または [キャンペーンの合計](キャンペーンの期間中に支払い可能な予算の合計額)を選択し、予算の金額を入力します。
    • 終了日は、短期の季節限定キャンペーンを実施する場合、または日別の予算ではなくキャンペーンの合計予算を使用する場合に入力してください。
  10. キャンペーンのターゲットとする言語と地域を選択します。
  11. コンテンツ除外設定を選択して、キャンペーンの掲載場所を定義します。
  12. (省略可)[その他の設定] をクリックすると、特定のデバイスをターゲットに設定したり、フリークエンシー キャップを設定したり、広告のスケジュールを設定したりすることができます。
  13. [広告グループの種類] で、[標準] を選択します。
  14. 広告グループ名を入力します。
  15. ターゲットとするユーザー属性とオーディエンスのタイプを選択します。
    ユーザー属性のグループは、できるだけ多くターゲットに含めることをおすすめします。特定のユーザー属性のみをターゲットにすると、広告の掲載対象が狭い範囲に限定される恐れがあります。
  16. (省略可)広告の表示対象とするキーワード、トピック、プレースメントを選択します。
    適用されるターゲット設定オプションや制限の数が増えると、かえってキャンペーンのリーチを狭める恐れがあります。
  17. エディタを使用して、広告を作成します。
    • お客様の YouTube 動画: アップロードした動画を検索するか、YouTube の動画の URL を貼り付けます。最終ページ URL(広告をクリックしたユーザーがアクセスするランディング ページ)と表示 URL(広告内に表示されるウェブサイトの URL)を指定します。
    • 行動を促すフレーズ: ユーザーに広告のクリックを促すフレーズを入力します(半角 10 文字(全角 5 文字)まで)。
    • 広告見出し: 商品やサービスを宣伝する広告見出しを入力します(半角 15 文字(全角 7 文字)まで)。
  18. (省略可)[広告の URL オプション(詳細設定)] をクリックして、トラッキング テンプレート、最終ページ URL サフィックス、またはカスタム パラメータを最終ページ URL に追加します。
  19. YouTube チャンネルの動画から自動生成される画像を選択するか(推奨)、コンパニオン バナーとして手動でアップロードした画像を選択します。コンパニオン バナーはパソコンのみに表示されます。
  20. 広告の名前を入力します。
  21. [キャンペーンを作成] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。