メッセージ表示オプションについて

メッセージ表示オプション付きの広告では、ユーザーは広告内のアイコンをクリックすることで、広告主様に直接 SMS メッセージを送ることができます。予約申し込み、見積もり依頼、資料請求など、さまざまな内容を、タップひとつで送信してもらうことが可能です。メッセージ表示オプションを導入すると、ユーザーが広告主様に連絡する方法が増えるため、さらなるビジネス成長が期待できます。

携帯電話番号を使用して電話番号表示オプションを設定した場合や、ビジネス目標がユーザーからの SMS メッセージによる問い合わせの促進であることをウェブサイトが示す場合、Google 広告ではメッセージ自動表示オプションが設定されます。これにより、ユーザーから SMS メッセージを直接受け取ることができるようになります。詳しくは、広告表示オプション(自動)についてをご覧ください。

この記事では、メッセージ表示オプションの概要をご紹介します。手順について詳しくは、メッセージ表示オプションを使用するをご覧ください。

始める前に

メッセージ表示オプションは、SMS メッセージの送受信が可能な携帯電話を使用しているユーザーにのみ表示されます。また、広告主様には、SMS メッセージの送受信が可能な電話番号をご提供いただく必要があります。

メッセージ表示オプションの仕組み

ユーザーがモバイル端末で広告内のメッセージ アイコンをタップすると、SMS アプリが起動します。その際、広告主様が用意した定型文が自動的に入力されます。

自動車ディーラーを経営している A さんが、SUV のセールについての広告を展開しているとします。在庫商品についてユーザーと簡単にやりとりするため、A さんはメッセージ表示オプションを利用することにしました。ユーザーが [メッセージ] をタップすると、A さんが用意した定型文がユーザーの SMS アプリに自動入力されます。
メッセージ アイコンがタップされた場合の料金は、クリック 1 回と同じです。つまり、ユーザーが広告をクリックしてサイトを訪れた場合と同じ料金が発生します。

アカウント単位

メッセージ表示オプションは、アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告単位で追加でき、すべての検索キャンペーン、検索広告グループ、検索広告に掲載できます。複数の階層(アカウント、キャンペーン、広告グループ)にメッセージ表示オプションが追加されている場合、下位の階層のものが優先されます。よって、ある広告グループにメッセージ表示オプションを追加した場合、その広告グループが所属するキャンペーンやアカウントに設定されたメッセージ表示オプションよりも、広告グループのメッセージ表示オプションが優先的に表示されます。同様に、キャンペーン単位の表示オプションはアカウント単位の表示オプションよりも優先されます。なお、ディスプレイ ネットワークではまだメッセージ表示オプションをご利用いただけませんのでご注意ください。

メリット

費用を増やさずに露出を増やすことができます。メッセージ表示オプションの導入に料金はかかりません。手軽に無料で広告に追加することができます。

ビジネス成長に貢献します。メッセージ表示オプションを導入すると、ユーザーが広告主様に連絡しやすくなります。

広告グループやキャンペーンをまたいで共有できます。 メッセージ表示オプションはニーズに合わせて手軽に作成でき、1 つのメッセージ表示オプションを広告グループやキャンペーン全体で利用できます。

詳細なレポートを利用できます。 メッセージ レポート機能をオンにすれば、ユーザーとやりとりしたメッセージについて詳しい情報を参照し、メッセージ表示オプションの掲載結果をトラッキングすることができ、広告のパフォーマンス最適化に役立ちます。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。