Smart Bidding

Smart Bidding は自動入札戦略の一部で、コンバージョン数やコンバージョン値を重視して最適化を行います。機械学習を使用して入札単価を最適化し、キャンペーンまたは単価設定用のポートフォリオ全体のコンバージョン数やコンバージョン値を最大限に高めます。スマート自動入札戦略の種類としては、目標コンバージョン単価目標広告費用対効果コンバージョン数を最大化拡張 CPC があります。

スマート自動入札には、機械学習機能以外にも、次の 3 つの大きなメリットがあります。

  • さまざまなシグナルに基づき、個々のユーザーの状況に合わせて入札単価を調整できます。主なシグナルとしては、端末、地域、時間帯、リマーケティング リスト、ブラウザ、言語などがあります。詳細については、Smart Bidding で使用されるシグナルに関する記事をご覧ください。
  • 柔軟な管理が可能なため、入札の成果目標の設定や、選択したアトリビューション モデルに合わせた検索広告の入札単価の最適化を行えます。
  • 透明性の高いレポート機能とステータス アップデートにより、Smart Bidding の効果測定や入札戦略のステータスの詳細把握が可能です。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。