アップロード広告に関するエラー メッセージを修正する

Google 広告でクリエイティブをアップロードする際に、エラー メッセージが表示される場合があります。多くの場合、問題はファイルを修正して保存し直すことで解決できます。修正後に、ファイルを再度アップロードしてください。

広告に問題がないかどうかを確認するには、Google 広告 HTML5 検証ツールをお使いください。

この記事では、クリエイティブのアップロード中に表示される可能性があるエラー メッセージへの対処方法について説明します。広告の要件について詳しくは、イメージ広告のポリシーをご覧ください。

: 新しいカスタム動的広告をアップロードする際は、その広告の種類(動的)と業種を適切に設定してください。クリエイティブの業種は、キャンペーンの設定と一致している必要があります。フィードについて詳しくは、[キャンペーン設定] ページをご覧ください。

また、固定された特定の数(2 つや 3 つなど)の商品ではなく、1 つ以上の不特定数の商品が表示されるよう広告を作成してください。動的リマーケティングの場合、Google が保証できるのは、不特定の数の商品が表示されることのみです。

HTML5 広告

Swiffy ツールを使用して作成された HTML5 広告はサポートされていません。元の Flash ファイルをアップロードしてください

Flash 広告は、Flash ファイルを Google 広告にアップロードするだけで HTML5 に変換されます。Swiffy 変換ツールを使った広告はアップロードできません。別の方法として、Google Web Designer などのツールで広告を作り直すこともできます。詳しくは、Flash 広告を HTML5 に変換する方法をご覧ください。

サポートされていないファイル形式が広告に含まれています。問題を解決するには、サポートされていない形式のファイルをすべて削除してください。

ZIP ファイルにサポートされていないファイル形式が含まれていないかどうかを確認する方法は次のとおりです。

  1. ZIP ファイルをダブルクリックして開きます。
  2. 展開したフォルダ内の各ファイルが、サポートされているファイル形式(.CSS、.JS、.HTML、.GIF、.PNG、.JPEG、.SVG)かどうか確認します。サポートされていない形式のファイルは削除します。
  3. 更新したバージョンの ZIP ファイルを保存するには、フォルダ内のファイルをすべて選択して、[ファイル] > [項目を圧縮] をクリックします。
  4. フォルダを正しく圧縮できない場合、フォルダ自体を圧縮対象にしている可能性があります。フォルダ全体ではなく、個々の項目を選択してください。
広告のファイルサイズが大きすぎます。150 KB 以下の広告をアップロードしてください。
ZIP ファイル内のすべてのファイルに 150 KB の制限が適用されます。ファイルサイズを確認するには、ファイルを選択して、[ファイル] > [情報を見る] または [ファイル] > [プロパティ](パソコンによって異なります)をクリックします。ポップアップが開き、ファイルサイズが KB 単位で表示されます。
アップロードした広告のファイルパスかファイル名に、英数字、ピリオド(.)、ハイフン(-)、アンダースコア(_)以外の文字が含まれています。

ZIP ファイルの名前にサポートされていない文字が含まれていないかどうかを確認する方法は次のとおりです。

  1. ZIP ファイルをダブルクリックして開きます。
  2. 展開したフォルダ内の各ファイルの名前に、サポートされている文字(英数字、ピリオド(.)、ハイフン(-)、アンダースコア(_))だけを使用していることを確認します。サポートされていない文字を含むファイル名は変更します。ZIP ファイルにサブフォルダが含まれている場合は、サブフォルダ内のファイルも確認します。
  3. 更新したバージョンの ZIP ファイルを保存するには、フォルダ内のファイルをすべて選択して、[ファイル] > [項目を圧縮] をクリックします。
  4. フォルダを正しく圧縮できない場合、フォルダ自体を圧縮対象にしている可能性があります。フォルダ全体ではなく、個々の項目を選択してください。
アップロードした広告には、Google 広告のポリシーに準拠していない HTML5 コードが含まれています。

この問題を解決するには、クリエイティブ コードに上記のサポートされていないタグがないか検索します。ZIP ファイル内のすべてのファイルを確認して、サポートされていないタグを削除する必要があります。

多くの場合、この問題はサポートされていない SVG タグによるものです。サポートされていないカテゴリ(コンテナ要素、グラデーション要素、グラフィックス要素)に属すタグがないか、クリエイティブ コードを検索します。詳しくは、サポートされているタグとカテゴリの対応関係をご覧ください。

HTML5 広告にプライマリ HTML ファイルがありません。HTML5 広告に広告サイズタグが含まれる HTML ファイルがあることを確認し、もう一度お試しください。広告サイズタグは、<meta name=”ad.size” content=”width=300,height=250”> のようなタグです。

プライマリ HTML ファイルには、<meta name=”ad.size” content=”width=300,height=250”> のような広告サイズタグが含まれます。

  1. HTML ファイルを開き、広告サイズのメタタグを検索します。広告サイズのメタタグが見つかった場合は、<head> タグ内に配置されていることと、<head> ステートメントが </head> で閉じられていることを確認します。
  2. 引用符を手動で置き換えます(引用符をコピーして貼り付ける操作は Google 広告ではサポートされておらず、エラーの原因となります)。
  3. このエラーは、Studio や Swiffy ツールからファイルをアップロードしようとしたときにも発生することがあります。これらのファイルは Google 広告ではサポートされておらず、アップロードできません。DoubleClick のファイルは通常どおり第三者による広告配信で入稿する必要があり、Swiffy による Flash ファイルは変換した HTML5 ではなく Flash 形式でアップロードする必要があります。
HTML5 広告が ZIP ファイルにないアセットを参照しています。

ZIP ファイルに含まれるすべてのファイルの名前が、参照ファイルに記載された名前と完全に一致しているかどうかを確認します。

たとえば、ZIP ファイル内の path/to/example/asset という名前のファイルが、HTML ファイルで path/to/example/asset2 として参照されている場合、Google 広告は正しいファイルを見つけることができません。

この問題を解決するには、上記のファイル名と HTML5 コードのファイル名をすべて比較します。完全に一致していないファイル名があった場合は、参照ファイルを修正します。

HTML5 広告が ZIP ファイルにないアセットを参照しています。ZIP ファイル内部のアセットのみが参照されていることを確認してください。

参照できるファイルは、アップロードした ZIP ファイル内のファイルのみですが、上記のファイルが ZIP ファイル内に見つかりません。続行するには、ZIP ファイルに含まれないアセットに対する HTML ファイル内の参照をすべて削除します。

エラー メッセージに示されたアセットが ZIP ファイル内に見つかりません。該当のファイルへの参照もすべて削除する必要があります。許可されている外部参照は次のとおりです。

  • Google Fonts
  • Google がホストする jQuery
ZIP ファイル自体、または ZIP 内のファイルが破損しているため、ZIP ファイルを処理できません。

ZIP ファイル内の破損しているファイルを修正する方法は次のとおりです。

  1. ZIP ファイルをダブルクリックして開きます。
  2. 展開したフォルダ内のファイルをすべて個別に開き、保存し直します。
  3. 更新したバージョンの ZIP ファイルを保存するには、フォルダ内のファイルをすべて選択して、[ファイル] > [項目を圧縮] をクリックします。
  4. フォルダを正しく圧縮できない場合、フォルダ自体を圧縮対象にしている可能性があります。フォルダ全体ではなく、個々の項目を選択してください。
HTML5 広告でクリックされやすさが変更されていますが、こうした変更はサポートされていません。
Google Web Designer で作成した HTML5 広告でタップ領域を使うことや、他のツールで作成した広告で Javascript Exitapi.exit() を使うことはできません。
Google Web Designer で作成した HTML5 広告の場合は、タップ領域のコンポーネントを削除してください。
この変更は Google Web Designer(GWD)で作成した動的リマーケティング広告には影響しないため、これらについてはタップ領域を削除して再度アップロードする必要はありません。
他のツールで作成した HTML5 広告の場合は、index.html ファイルの <head> セクションから ExitApi スクリプトを削除してください。
  • <script src="https://tpc.googlesyndication.com/pagead/gadgets/html5/api/exitapi.js"></script>

このスクリプトタグを削除すると、広告全体がクリック可能になります。ボタンは残せますが、ユーザーは広告のどこをクリックしても、同じランディング ページに誘導されます。

ExitAPI.exit を呼び出す onclick イベントを index.html ファイルから削除します。

  • 例: <button onclick="ExitApi.exit()">

HTML5 広告をアップロードできませんでした。お客様のアカウントでは HTML5 広告がサポートされていません。

HTML5 広告のご利用要件

HTML5 広告は、一部の広告主様にご利用いただけます。現在は HTML5 広告を利用できないアカウントであっても、次の要件を満たしている場合には、HTML5 広告を使うためのリクエストをお送りいただけます

  • これまでポリシーを遵守してきた実績があること
  • これまでお支払いに関して問題が発生していないこと
  • これまでのご利用金額が 10 万円を超えていること

リクエストの審査が完了しましたら、約 5~7 営業日以内にメールでお知らせいたします。それまではアップロード型 AMPHTML 広告レスポンシブ ディスプレイ広告など、別のフォーマットをご利用ください。

アップロードされた ZIP ファイルはサポートされていません。フィードにリンクしていない広告をアップロードしてください。

このエラーが表示された場合は、次の手順を行います。
  1. この広告の正しいキャンペーンかどうかを確認します。
    1. 広告とキャンペーンが正しい場合は、キャンペーンをフィードにリンクします。
  2. 広告かキャンペーンが正しくない場合:
    1. 正しい広告: この広告をフィードにリンクしているキャンペーンにアップロードします
    2. 正しいキャンペーン: フィードにリンクしていない広告をこのキャンペーンにアップロードします

クリエイティブにテキストが表示されない。

ASCII 以外の文字はすべて UTF-8 を使用する必要があります。

プレビューがクリックスルーされない。

  • すべての機能を備えたプレビューは、広告の保存後に [広告を原寸大で表示] リンクで表示できます。
  • クライアントが URL をコピーしてブラウザに貼り付ける必要があります。
  • 広告作成時のプレビューや [広告を原寸大で表示] プレビューのポップアップでは、クリエイティブをクリックしてもリンク先は表示されません。

AMPHTML 広告

この HTML ドキュメントは、標準的な AMP 検証ツールで不合格となりました。
アラート メッセージ この HTML ファイルは有効な AMP HTML 広告ドキュメントではありません。事前に AMP 検証ツールでファイルをチェックしてください。
解決策 一般公開されているこちらの AMP 検証ツールで AMP HTML 広告を検証し、合格するようにしてください。
おすすめの方法 AMP 検証ツールは、HTML ドキュメントをアップロードする前に使用します。
広告バンドルの検証中に重大な内部エラーが発生しました。
アラート メッセージ 内部エラーが発生しました。エラーが解消されない場合は、テスト対象のバンドルを添付してサポートチームにご連絡ください。速やかに問題を調査いたします。
解決策 なし
カスタム AMP 要素は Google 広告でサポートされていません。

例: <amp-audio> のようなカスタム AMP 要素はサポートされていません。

アラート メッセージ カスタム AMP 要素 <$name> はサポートされていません。
解決策 サポートされていない AMP 要素と、その JavaScript インポートを HTML から削除してください。
例:
<body> セクションから <amp-audio width=”400” height=”300” src=”audios/myaudio.mp3”></amp-audio> を削除し、
<head> セクションからも <script async custom-element=”amp-audio” src=”https://cdn.ampproject.org/v0/amp-audio-0.1.js”></script> を削除してください。
おすすめの方法 サポートされている AMP 要素だけを使用します。
カスタム AMP 要素は Google 広告でサポートされていません。

例: サポートされていないカスタム AMP 要素 <amp-audio> が読み込まれました。

アラート メッセージ サポートされていないカスタム AMP 要素 <$name> が読み込まれました。
解決策 サポートされていない AMP 要素と、その JavaScript インポートを HTML から削除してください。
例:
<body> セクションから <amp-audio width=”400” height=”300” src=”audios/myaudio.mp3”></amp-audio> を削除し、
<head> セクションからも <script async custom-element=”amp-audio” src=”https://cdn.ampproject.org/v0/amp-audio-0.1.js”></script> を削除してください。
おすすめの方法 サポートされている AMP 要素だけを使用します。
予約されたアセットパスを持つメディア アセットがバンドルに含まれています。

例: 使用できないアセットパス「_a4a/invalid」です。

アラート メッセージ 使用できないアセットパス「$assetPath」です。
解決策 ディレクトリの名前を変更してください。
おすすめの方法 予約されたディレクトリ名(「_a4a」など)は、アセットパスで使わないようにします。
amp-custom スタイル ブロックで解析エラーが見つかりました。

例: CSS 解析エラー「... .foo:nth-child(1n) { color: red } …」です。

アラート メッセージ CSS 解析エラー「... .foo:nth-child(1n) { color: red } …」です。
解決策 添付された CSS スニペット内のエラーを修正してください。こうしたエラーは CSS 疑似セレクタに関連している場合がほとんどです。CSS 疑似セレクタは Google 広告リニューアル版ではサポートされていないため、amp-custom スタイル ブロックから削除してください。
属性に無効な値が含まれています。

例: タグ「amp-ing」の属性「srcset」に無効な値「a b c」が含まれています。

アラート メッセージ タグ「$tagName」内の属性「$attrName」に、無効な値「$value」が含まれています。
解決策 このエラーは通常、属性の値のデータ形式が不適切であることを意味します。たとえば、属性「on」に不適切なデータ形式のイベント アクションが含まれている場合などです。値の正しいデータ形式については、最新の AMP HTML の仕様をご覧ください。
属性に禁止された値が含まれています。

例: タグ「div」内の属性「class」に、禁止された値「amp-carousel-slide」が含まれています。

アラート メッセージ タグ「$tagName」内の属性「$attrName」に、禁止された値「$value」が含まれています。
解決策 予約された値が属性に含まれていないことを確認してください。要素クラスに、「amp-carousel-button」のような予約されたクラス名を含めないでください。同様に、イベント アクションのターゲットとして「AMP」を使うことは許可されません。
おすすめの方法 広告を作成する前に、Google 広告の AMP HTML 広告の仕様を参照し、許可されていない値のリストを確認することをおすすめします。
設定項目がありません。

例: タグ「amp-ad-exit」の構成で「exit1」の「finalURL」が指定されていません。

アラート メッセージ タグ「$tagName」の構成で「$item」の「$value」が指定されていません。
解決策 <amp-ad-exit><amp-animation> のような AMP 要素には、JSON 構成が必要です。有効な構成については、対応する AMP 要素の仕様を参照してください。
設定項目に無効な値が含まれています。

例: タグ「amp-ad-exist」の構成で「selector」の値は無効です。

アラート メッセージ タグ「$tagName」の構成で「$item」の値「$value」は無効です。
解決策 <amp-ad-exit><amp-animation> のような AMP 要素には、JSON 構成が必要です。有効な構成については、対応する AMP 要素の仕様を参照してください。
設定項目が Google 広告でサポートされていません。

例: タグ「amp-ad-exit」の構成で「Filters」はサポートされていません。

アラート メッセージ タグ「$tagName」の構成で「$item」はサポートされていません。
解決策 設定項目が Google 広告でサポートされていません。構成から削除してください。
AMP ドキュメントの中で、1 回しか出現しないはずの要素や値が複数回出現しています。

例: 「amp-ad-exit」が複数指定されています。

アラート メッセージ $item」が複数指定されています。
解決策 余分な要素をドキュメントから削除し、1 回だけ出現するようにしてください。
AMP HTML 広告バンドルでのカスタム exit はサポートされていません。

例: お客様の AMP HTML 広告はクリック可能な領域「tap:exit-api.exit(target=’product1’)」が変更されていますが、こうした変更はサポートされていません。

アラート メッセージ お客様の AMP HTML 広告はクリック可能な領域「EXIT」が変更されていますが、こうした変更はサポートされていません。
解決策 HTML から <amp-ad-exit> 設定と JavaScript インポートを削除し、exit-api.exit を呼び出すイベント アクション(例: <button on=”tap:exit-api.exit(target=’product1’)”>)を削除してください。
広告に複数の HTML ファイルが含まれています。
アラート メッセージ 広告に複数のエントリ ポイントが含まれています。広告サイズタグを含む .HTML ファイルを HTML5 広告で 1 つだけ指定して、もう一度お試しください。
解決策 広告コンテンツを表示するための HTML ファイルを .zip ファイルに 1 つだけ含め、余分な HTML ファイルは削除してください。
CSS ルールに、禁止されたプロパティ値が含まれています。

例: セレクタ「.amp-carousel-button」では、CSS プロパティの値「width:100%」を使用できません。

アラート メッセージ セレクタ「$cssSelector」では、CSS プロパティの値「$cssPropertyName:$cssPropertyValue」を使用できません。
解決策 メッセージに示されている CSS プロパティ値を amp-custom スタイル ブロックから削除してください。

Google Web Designer HTML5

注: Google Web Designer で AMP HTML バナー広告を作成するには、[新しいファイル] ダイアログに表示される最初のステップで [AMP HTML バナー] をクリックします。AMP HTML 広告では、Google Web Designer の一部の機能に制限があります。詳しくは、AMP HTML 広告に関する記事をお読みください。
パブリッシュ済みのファイルをアップロードする必要があります。ファイルを Google 広告にアップロードするには、事前に Google Web Designer でパブリッシュする必要があります。
広告をアップロードする際は、オーサリング ファイルではなく、パブリッシュ済みのファイルをアップロードする必要があります。広告をアップロードする前に、Google Web Designer でオーサリング ファイルを開き、[パブリッシュ] > [ローカルにパブリッシュ] を選択してください。詳細はこちら。
「Google 広告」ではなく「汎用」の環境で広告が作成されています。続行するには、Google Web Designer で「Google 広告」環境にファイルを変換してください。
広告を作成する際に誤った環境が選択されており、「Google 広告」ではなく「汎用」の環境で広告が作成されています。続行するには、ファイルを「Google 広告」環境に変換する必要があります。詳しくは、環境の変換をご覧ください。
アップロードした広告には、Google 広告のポリシーに準拠していない HTML5 コードが含まれています。広告をアップロードする前に、上記のタグへの参照をすべて削除してください。

広告がいずれかの Google 広告ポリシーに違反しています。元のエラー メッセージに記された問題を確認してください。

広告をアップロードする前に、サポートされていない機能をすべて削除する必要があります。削除するには、ZIP ファイル内の index.html を開いて、「gwd-admetadata」 セクションでサポートされていない機能を探します。

  • エキスパンド広告: 「creativeProperties」を検索します。minWidth と maxWidth が等しく、minHeight と maxHeight が等しいことを確認します。
  • カウンタまたはタイマー: 「counters」または「timers」を検索し、配列が空であることを確認します。
  • 複数の exit
  • 動画
  • 地図
  • すべての機能は、サポートされている機能の一覧でご確認いただけます。
HTML5 広告が ZIP ファイルにないアセットを参照しています。ZIP ファイル内部のアセットのみが参照されていることを確認してください。

Google Web Designer では、画像ボタンのすべての表示状態に画像を指定する必要があります。

たとえば、次の index.html ファイルのコード スニペットでは、up-image、over-image、down-image の画像が指定されていません(太字のテキストをご覧ください)。

<gwd-imagebutton id="gwd-imagebutton_1" up-image="" over-image="" down-image="" scaling="cover" class="gwd-imagebutton-tcf2"></gwd-imagebutton>

画像ボタンのコンポーネントについて、詳しくはこちらをご覧ください。

この問題を解決するには、使用する画像で placeholder.png を置き換えて、ZIP ファイルに含めてください。

注: 指定されていない項目はエラー メッセージに記載されています。未指定の項目として、「""」が記載されている場合は、画像の場所が指定されていないと考えられます。ZIP ファイルを開いて index.html の中で「=""」と検索するとエラーが見つかります。

この記事で説明されている問題の詳細については、中小企業向け推奨トレーニングをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。