適切なユーザーに広告を表示する

ユーザーの嗜好、習慣、特性について考えてみると、キャンペーンの設定をどう選べばよいか見えてきます。

この記事では、広告が適切なユーザーに表示されるように、広告を作成する際に検討しておきたい点について説明します。

始める前に

広告を届けたいユーザー像を定め、キャンペーン設定について理解しておくと、目標に合わせてキャンペーンを作成できます。

下記を参考に、ユーザーの嗜好や行動パターンについて考えます。
  • 検索の際に使用する語句: たとえば、家具店を経営しているのであれば、ターゲット ユーザーが家具を検索するときに使いそうな語句を思い浮かべてみましょう。「家具」や「家具屋」といった一般的な語句だけではなく、「L 字型ソファー 購入」や「ダイニングルーム イス」など、欲しいものに関する具体的な語句で検索するユーザーが多いと考えられます。こうした語句を基に、広告を検索結果に表示するきっかけとなるキーワードを選びます。
  • Understanding your customers: Customer Locations

    地域: ターゲットとなるユーザーの所在地について考えます。一部の地域でのみ配送を行っている場合、ターゲット地域をその範囲内に設定し、その地域のユーザーにのみ広告が表示されるようにすることをおすすめします。こうすることで、配送対象地域内に住んでいて実際にお店の商品を買うことができるユーザーが広告をクリックしたときに、対価を支払うようにできます。
  • Understanding your customers: How customers can connect

    お問い合わせの方法: どのような方法でユーザーに問い合わせてもらいたいかを考えます。ユーザーに来店してほしい場合は、店舗の所在地を目立たせます。また、電話やオンライン フォームに記入してほしい場合もあるでしょう。広告表示オプションを利用すると、住所や電話番号、サイトリンクなどを広告に追加することができます。

キャンペーン予算の設定について

ターゲットとなるユーザー像を定めたら、そのユーザー層に広告を表示するための予算と、期待する成果を考えます。

Google 広告では、広告掲載の目標と 1 日にお支払い可能な平均金額を考慮して、お客様ご自身でそれぞれのキャンペーンに 1 日の予算を設定します。詳しくは、キャンペーン予算に関するヒントをご覧ください。

具体的な課金項目については、Google 広告での費用の計算方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。