目標広告費用対効果の掲載結果を測定する際のヒント

スマート自動入札戦略には、「目標コンバージョン単価」、「目標広告費用対効果」、「コンバージョン数の最大化」、「コンバージョン値の最大化」が含まれます。この記事では、目標広告費用対効果を使用する「コンバージョン値の最大化」入札戦略の掲載結果を評価する方法について説明します。

入札戦略の掲載結果を測定する

キャンペーンで「コンバージョン値の最大化」入札戦略の掲載結果を評価する際に役立つヒントをいくつかご紹介します。

時間をおいて分析する

  • 入札戦略を適用してから 1~2 週間後に掲載結果を評価します。この期間に入札戦略の効果が現れてきます。
  • 入札戦略の掲載結果を評価するのに十分なデータを収集します。ある程度の期間にわたって十分な数のコンバージョンを獲得してから、データを評価してください。
  • 時間が経過する中で、さまざまな要因が結果に影響を与えることを考慮に入れます。たとえば、競合状況や検索インタレストの変化などの外部要因があります。
  • キャンペーンのテストを実施して、掲載結果を測定します。たとえば、通常のキャンペーンとともに目標広告費用対効果を使用するテスト キャンペーンを実施して、期間の終了時に結果を比較できます。詳しくは、キャンペーンの下書きとテストについてをご覧ください。
  • 入札戦略レポートと [キャンペーン] ページに「平均目標広告費用対効果」の指標を追加して、掲載結果を測定します。これにより、計測期間中に目標を変更した場合でも、その変更を考慮できます。

データに反映されるのを待つ

  • コンバージョン達成までの所要時間を考慮します。他のコンバージョンと比べて時間のかかるコンバージョンがあります。場合によってはコンバージョンに至るまでに数日さらに数週間かかるものもあります。最近の掲載結果と過去の掲載結果を比較すると、コンバージョンの時間差によって最近の掲載結果が実際よりも悪く表示されている場合があります。コンバージョン達成までの所要時間をレポートで確認する方法をご覧ください。
  • キャンペーンに変更を加えた場合は、効果が現れるまで待ちます。小さな変更の場合は数日、大きな変更の場合は 2 週間ほどです。

「目標広告費用対効果」または目標広告費用対効果を使用する「コンバージョン値の最大化」入札戦略の掲載結果を測定する

  • コンバージョン値、次に費用で割ったコンバージョン値を確認します。これらの値の確認により、十分な売り上げが得られているか、目標広告費用対効果は達成できそうかを検証できます。
  • コンバージョン値と広告費用対効果を重視します。目標広告費用対効果ではクリック数、インプレッション数、ページ上の掲載位置などの指標に基づく最適化は行われないため、これらの指標は上昇したり下降したりすることがあります。そのため、これらの指標ではなく、獲得しているコンバージョン値および目標の達成状況に注目するようにしてください。

キャンペーンを最適化する

目標広告費用対効果を使用するキャンペーンを最適化する際のおすすめの方法:

コンバージョン値を引き上げる

  • コンバージョン値を引き上げたい場合は、キャンペーンの目標広告費用対効果を徐々に下げます。これにより、各コンバージョンにより多くの費用が使われるようになり、売り上げとコンバージョン値が増大します。詳しくは、検索スマート自動入札で目標値の調整を行う方法をご覧ください。
    • 上限クリック単価制に慣れている場合は、検索キャンペーンやショッピング キャンペーンで入札単価を引き上げるのと同様に、目標広告費用対効果を引き下げることを検討できます。

戦略を見直す

  • 「目標広告費用対効果」入札戦略の掲載結果は、ある程度の期間(1 か月以上など)が経過してから評価してください。少なくとも 50 件のコンバージョンを獲得している必要があります。通常、キャンペーンの規模が大きく、入札戦略の数が多いほうが、より良い掲載結果が得られます。
  • 他の広告主が入札単価を引き上げる場合、競争力を維持するには戦略の調整が必要となることがあります。たとえば、セール期間中や季節の変わり目には入札単価が上昇する傾向があります。このような場合は、目標広告費用対効果を引き下げることで対応できます。この調整により、入札単価が引き上げられ、コンバージョンが増加します。また、季節性の調整を使用して、予定しているプロモーションやセールによって見込まれるコンバージョン率の変化を事前に登録しておくこともできます。

最適な目標広告費用対効果を設定する

  • 目標広告費用対効果を設定する際は、この戦略を使うキャンペーンの過去のデータで費用あたりのコンバージョン値を参考にしましょう。こうすることで、キャンペーンの広告費用対効果は同じままで、コンバージョン値の向上を目指すことができます。
  • これまでの費用あたりのコンバージョン値を確認するには、[表示項目] プルダウンで [表示項目の変更] をクリックし、[コンバージョン] の [コンバージョン値 / 費用] を追加します。費用あたりのコンバージョンの価値を 100 倍すると、目標広告費用対効果のパーセンテージが得られます。キャンペーンのパフォーマンスをできるだけ正確に把握できるよう、広告費用対効果を評価する際は、直近のコンバージョン達成までの所要時間を測定期間から除外してください。
  • [最適化案] ページで推奨される目標値や、キャンペーンまたはポートフォリオ単位で戦略を作成する際に目標を追加する段階で表示される推奨値を使用することもできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false