目標広告費用対効果の掲載結果を測定する

さまざまなコンバージョン値を設定している場合、目標広告費用対効果(ROAS)を達成するには、「目標広告費用対効果」入札戦略が役立ちます。入札戦略がなるべく効率的に機能できるようにするには、長期間にわたる微調整が必要になる場合があります。この記事では、「目標広告費用対効果」の掲載結果を測定し、改善点を特定するために役立つ情報をいくつかご紹介します。

始める前に

「目標広告費用対効果」入札戦略の設定がお済みでない場合は、まず目標広告費用対効果による入札についてをご覧ください。

掲載結果を測定する

コンバージョンの時間差を考慮して、入札戦略でコンバージョンが完全に最適化されるように、数週間ほどお待ちになってから掲載結果を評価することをおすすめします。掲載結果データを確認する際には、掲載結果データの表に [コンバージョン値 / 費用] 列と [合計コンバージョン値] 列を追加して、これらの指標を評価します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。