YouTube 視聴者へのリマーケティングについて

YouTube や動画パートナー サイトを視聴する何百万ものユーザーに向けて、動画や YouTube チャンネルでの過去の視聴実績に基づいてパーソナライズド広告を表示することができます。この方法は「動画リマーケティング」と呼ばれます。広告主様の動画やチャンネルを過去に視聴したことがあるユーザーにメッセージを明確に伝えることで、費用対効果を向上できる可能性が高くなります。

メリット

  • 費用対効果の向上: YouTube でリマーケティングを使用する広告主様は、自社の商品やサービスに関心があるユーザーに動画広告を表示して、費用対効果を向上されています。
  • 広範な適用範囲: YouTube の広大なネットワークを活用して、リマーケティング リストに含まれる見込み顧客に動画広告を表示できます。
  • 効率的な価格設定: Google 広告オークション モデルは、目標の費用対効果を達成できるよう競争力のある価格設定を利用できます。広告視聴単価制の場合は動画ビュー以外に、Call-to-Action オーバーレイ、カード、コンパニオン バナーのクリックなども課金の対象になります。
  • 柔軟性: ウェブサイト リマーケティング(「リメッセージング」や「リターゲティング」とも呼ばれます)は、ウェブサイトでの訪問者の操作に基づいて行われます。広告主様の YouTube 動画に対する個別の操作(ユーザー動画を高く評価する、低く評価する、コメントする、共有するなど)に基づいて、リマーケティングを行えます。

仕組み

リマーケティング リストを作成するには、まず YouTube チャンネルと Google 広告アカウントをリンクします。リンクが完了したら、YouTube で次の操作を行ったユーザーに広告を表示するリマーケティング リストを作成できます。

  • チャンネルの動画を視聴
  • 特定の動画を視聴
  • チャンネルの動画を(広告として)視聴
  • 特定の動画を(広告として)視聴
  • チャンネル登録
  • チャンネル ページにアクセス
  • チャンネルの動画を高く評価
  • チャンネルの動画を再生リストに追加
  • チャンネルの動画にコメントを追加
  • チャンネルの動画を共有

新しいキャンペーンや既存のキャンペーンのターゲット設定で、作成したリストを使用できるようになります。リストを管理するには、[ツール] メニュー から [共有ライブラリ]、[オーディエンス マネージャー](Google 広告リニューアル版)の順に選択します。

: リマーケティング リストは、バンパー広告やスキップ不可のインストリーム広告のビューからは作成できません。

リストサイズ

[最初のリストサイズ] については、YouTube チャンネルでの過去 30 日間の活動からリストメンバーを取得するか新しく設定します。

重要: YouTube チャンネルが複数ある場合は、複数の YouTube チャンネルを Google 広告アカウントにリンクさせることもできます。チャンネルごとに複数のリストを作成できますが、同じリストを複数のチャンネルで使用することはできません。

実践的な使い方

次の特長を生かして、動画リマーケティング リストを活用してください。

  • さまざまな広告フォーマット: 動画広告やその他のクリエイティブ フォーマット(テキスト広告、イメージ広告、リッチメディア広告)を使用し、リマーケティング キャンペーンを作成してターゲット設定を行うことができます。
  • モバイル ユーザーへのアプローチ: スクエア動画や縦長の動画を使って YouTube アプリのモバイル ユーザーにアプローチできます。詳細
  • 詳細なレポート: 掲載結果の指標に基づいて、リマーケティング キャンペーンを最適化できます。たとえば、大きな広告レスポンスが見込まれるトピックやチャンネルに対して、入札単価を高く設定するなどです。
  • 使いやすさ: リマーケティング リストを簡単に作成、管理し、ターゲットを設定できます。
  • ユーザーリストのカスタマイズ: リマーケティング リストを組み合わせてターゲット設定をカスタマイズできます。たとえば、映画の予告編は視聴したものの、DVD の発売を宣伝する広告は視聴していないユーザーにアプローチする、といった設定が可能です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。