自動タグ設定

URL にパラメータを自動的に付加する機能です。オフライン コンバージョンを測定する際や、Google アナリティクスなどのウェブサイト トラッキング プログラムで広告の掲載結果レポートを作成する際に役立ちます。

  • 自動タグ設定を有効にすると、ユーザーがクリックした URL に「GCLID」パラメータが付加され、広告のクリックによるサイトの訪問すべてについて、参照元の広告を把握できるようになります。
  • Google アナリティクスなどのプログラムでは、URL に自動的に付加されたタグの情報を利用して、サイトにユーザーを誘導した Google 広告 キーワードや、そのキーワードが属しているキャンペーン、そのクリック単価を把握できます。こうした情報を使用すれば、複雑な経路をたどったオンラインやオフラインのコンバージョンについても Google 広告にデータをインポートできます。

ヒント

API をご利用の場合は、「GCLID」パラメータを使って Google 広告 API のクリック パフォーマンス レポートに各クリックの詳細情報も送信できます。

自動タグ設定が有効かどうかを確認する方法

自動タグ設定は、デフォルトでは無効になっています。自動タグ設定が有効かどうかを確認したり、有効、無効を切り替えたりするには、アカウント設定に移動します。

  1. 左側のページメニューで [設定] をクリックします。
  2. ページ上部にある [アカウント設定] をクリックします。
  3. [自動タグ設定] 項目をクリックします。[ユーザーが広告クリック時にアクセスする URL にタグを設定する] の横にあるチェックボックスがオンになっている場合は、自動タグ設定が有効です。自動タグ設定を無効にするには、そのチェックボックスをオフにして [保存] をクリックします。

 

注: クロスアカウント コンバージョン トラッキングをまだ使用していない場合は、新しいコンバージョン アクションを作成すると、自動タグ設定が自動的に有効になります。クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用している場合は、上記の手順に沿ってそれぞれの子アカウントについて手動で自動タグ設定を有効にする必要があります。

Google 広告アカウントで Google アナリティクスのデータを参照する
Google アナリティクスと Google 広告をリンクする
自動タグ設定のメリットについて確認する
オフラインまたは複雑なコンバージョン トラッキングをインポートする

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。