コンテンツ ターゲット

コンテンツ ターゲティングの全体像を 1 か所で把握し、コンテンツ ターゲティングの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

サイド ナビゲーションの [コンテンツ] に、あらゆる種類のコンテンツ ターゲティングが表示されるようになりました。

  • すべてのタイプのコンテンツ ターゲティングで、「トピック」「プレースメント」「ディスプレイ広告や動画広告のキーワード」「除外設定」がサイド ナビゲーション メニューの [コンテンツ] タブに分類されるようになりました。「除外設定」の場合は、[除外設定] の右側にあるプルダウン矢印 をクリックして、トピック、プレースメント、ディスプレイ広告や動画広告のキーワードの除外設定を選択します。

今後さらに改良が加えられる予定です。

  • 「トピック」「プレースメント」「ディスプレイ広告や動画広告のキーワード」が [コンテンツ] ページとレポートで 1 か所にまとめて表示されます。除外設定も、同じページ([コンテンツ] ページ)内の 1 つのレポートに統合されます。
  • 広告グループ内の、選択されたコンテンツが、広告のターゲティングの対象となります。たとえば、トピックとして「自転車」をターゲットに設定し、ディスプレイ広告や動画広告のキーワードとして「サイクリング」をターゲットに設定すると、いずれかに一致するコンテンツに広告が表示されます。

アカウントの移行が完了するまでは、コンテンツ ターゲティング方法(トピック、プレースメント、ディスプレイ広告や動画広告のキーワード)は広告グループごとに 1 つだけ使用することをおすすめします。今後予定されている変更が実施されるまでは、複数の方法を組み合わせるとキャンペーンのパフォーマンスが制限される場合があります。

コンバージョンを促進する動画キャンペーンのみ: コンバージョンの獲得機会を増やせるよう、今後数か月以内に、新規および既存の動画コンバージョン キャンペーンにコンテンツ ターゲティングを追加できなくなります。2023 年初頭に、既存のすべてのコンテンツ ターゲティングの設定は、コンバージョンを促進する動画キャンペーンから自動的に削除されます。既存のコンバージョン キャンペーンからコンテンツ ターゲティングを手動で削除するには、広告グループの設定に移動します。コンバージョン重視で動画キャンペーンを最適化する方法の詳細

キーワードやトピックなどの要素に基づいて、ディスプレイ ネットワークの関連性の高いサイトに広告を表示する機能です。

  • その仕組みは次のとおりです。Google のシステムでディスプレイ ネットワークのすべてのウェブページのコンテンツが分析され、そのメインテーマが割り出されます。そして、広告主様が指定したキーワードまたはトピックに加え、ターゲットとする言語と地域、ページを表示しているユーザーの最近の閲覧履歴といったさまざまな要素とウェブページのテーマが比較され、広告を掲載するページが決まります。
  • 広告グループにキーワードまたはトピックを設定し、キャンペーンでディスプレイ ネットワークに広告を掲載するよう設定している場合は、コンテンツ ターゲットが使用されます。

コンテンツ ターゲットの詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
73067
false