不承認となった広告を修正する

広告が不承認となった場合、その広告を掲載することはできません。広告の掲載を再開するには、不承認となった広告を特定し、Google の広告掲載のポリシーに準拠するように修正してください。

この記事では、広告が不承認となった理由を確認する方法と、広告を修正して再審査を受ける方法を説明します。

手順

広告を修正する手順は、ポリシー違反の種類によって異なります。広告自体が特定の Google 広告ポリシーに違反している(例: 広告が編集基準と表現に関するポリシーに違反している)場合もあれば、広告のリンク先に問題がある(例: リンクが正しく動作しない、リンク先に禁止コンテンツが含まれる)場合もあります。どのポリシーが問題になっているのかご確認のうえで、下記の中で該当する手順をご覧ください。

リンク先と関係のないポリシー違反がある広告

リンク先と関係のないポリシー違反の場合は、次の手順で広告を修正します。

  1. [広告と広告表示オプション] ページで、目的の広告または広告表示オプションを見つけます。
  2. 広告または広告表示オプションにカーソルを合わせ、[編集] をクリックします。
  3. 広告または広告表示オプションを編集して、ポリシー違反を解消します。
  4. [保存] をクリックすると、広告は自動的に再審査に提出されます。審査の状況や結果は、[広告と広告表示オプション] ページに表示されている広告のステータスで確認できます。

リンク先に関係するポリシー違反がある広告

広告でリンク先に関係するポリシー違反が発生している場合の対応は下記のとおりです。これには、リンクが正しく動作しない場合や、リンク先に禁止コンテンツが含まれる(例: 該当地域で禁止されているギャンブル関連のコンテンツが提供されている)場合などが該当します。

  1. リンク先を修正して Google 広告ポリシー違反を解消します。

 不承認となった広告が拡張テキスト広告の場合は、下記の手順によって Google 広告管理画面から直接、再審査に提出することができます。他の広告タイプの場合、広告を再審査に提出するには、不承認となった広告とポリシーに関するお問い合わせフォームを使用します。
  1. 広告を再審査に提出します。リンク先を修正後、左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。その後、次の 2 種類の方法のいずれかで [ポリシー違反] ページに進み、広告を再審査に提出します。

[広告と広告表示オプション] の表から直接:

  1. 再審査に提出する広告をすべて選択します。
  2. 上部のメニューで [編集] をクリックします。
  3. [審査のための再送信] をクリックすると、[ポリシー違反] ページに進みます。選択した広告の中に、再審査の要件を満たしていないものがあれば、該当する広告を示したメッセージが表示されます。
  4. [再審査に送信する理由] で、[ポリシーに沿って変更を実施した] を選択します。
  5. [再審査に送信するもの] で、このポリシー違反の件で再審査に提出したい広告をすべて選択します。
  6. [送信] をクリックします。

個々の広告のステータス列から:

  1. 再審査に提出したい広告の [ステータス] 列の表示内容にカーソルを合わせ、[審査のための再送信] をクリックします。
  2. [再審査に送信する理由] で、[ポリシーに沿って変更を実施した] を選択します。
  3. [再審査に送信するもの] で、このポリシー違反の件で再審査に提出したい広告をすべて選択します。
  4. [送信] をクリックします。

[ポリシー違反] ページには、広告の再提出が可能なすべてのポリシー違反についてパネルが表示されています。広告を再提出できるポリシー違反の数に制限はありません。

ポリシーに関する判定への異議申し立て

: ポリシーに関する判定への異議申し立てを Google 広告管理画面から直接行うことができるのは、現在のところ拡張テキスト広告の場合のみです。

他の広告フォーマットの場合、ポリシーに関する判定への異議申し立てには、不承認となった広告とポリシーに関するお問い合わせフォームを使用します。

問題になっているポリシーを確認した結果、Google による判定が誤りであると思われる場合は、Google 広告管理画面から直接、異議申し立てを行うことができます。まず、左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。その後、次の 2 種類の方法のいずれかで、広告を再審査に提出します。

[広告と広告表示オプション] の表から:

  1. 再審査に提出する広告をすべて選択します。
  2. 上部のメニューで [編集] を選択します。
  3. [審査のための再送信] をクリックします。選択した広告の中に、再審査の要件を満たしていないものがあれば、該当する広告を示したメッセージが表示されます。
  4. [再審査に送信する理由] で、[判定に対して異議申し立てを行う] を選択します。
  5. [送信] をクリックします。

広告のステータス列から:

  1. 異議申し立てを行う広告の [ステータス] 列の表示内容にカーソルを合わせ、[審査のための再送信] をクリックします。
  2. [再審査に送信する理由] で、[判定に対して異議申し立てを行う] を選択します。
  3. [再審査に送信するもの] で、再審査に提出したい広告をすべて選択します。
  4. [送信] をクリックします。

再提出後のステータス確認

広告を再提出した後は、ポリシー マネージャーでいつでも審査のステータスを確認できます。

  1. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックします。
  2. [設定] の [ポリシー マネージャー] をクリックします。
  3. [再審査履歴] タブで、再提出した広告の詳細を確認できます。
  • [ステータス] 列には、再審査が進行中か完了済みかが表示されます。
  • [結果] 列には再審査の結果が表示され、審査後にポリシー承認状況が更新された広告の数を確認することができます。
  • [アクション] 列には、広告に対して実施可能なその他のアクション(例: もう一度再審査に提出する)が表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。