不承認となった広告を修正する

広告が不承認となった場合、その広告を掲載することはできません。広告の掲載を再開するには、不承認となった広告を特定し、Google の広告掲載のポリシーに準拠するように修正してください。

この記事では、広告が不承認となった理由を確認する方法と、広告を修正して再審査を受ける方法を説明します。

手順

ご利用中の Google 広告のバージョンをお選びください。詳細

  1. [広告] または [広告表示オプション] タブに移動して、不承認となっている広告や広告表示オプションを見つけます。
  2. [ステータス] 列の「不承認」という表示の横にある白いふきだし 広告不承認のふきだし にマウスカーソルを合わせ、不承認の理由をクリックすると、該当ポリシーの詳細が表示されます。

    注: 広告のリンク先に適用されるポリシーもあります。広告自体はポリシーに準拠していると思われる場合、リンク先に不承認の原因がないか確認しましょう。リンク先に問題があれば修正したうえで、次の手順に進みます。

  3. 広告または広告表示オプションにマウスカーソルを合わせ、鉛筆アイコン Edit をクリックします。
  4. 広告または広告表示オプションを編集して、ポリシー違反を解消します。
  5. [保存] をクリックします。
不承認となった広告をフィルタでまとめて確認する

広告の数が多い大規模アカウントの場合は、フィルタを使用して不承認の広告をまとめて確認すると便利です。手順は次のとおりです。

  1. 管理画面の [広告] タブで、データ表の上にある [フィルタ] をクリックします。
  2. [フィルタを作成] をクリックします。
  3. 左端のプルダウン メニューで [承認状況] を選択します。
  4. [不承認] 以外のすべてのチェックボックスをオフにします。
  5. 今後もこのフィルタを使う予定がある場合は、[フィルタを保存] のチェックボックスをオンにします。
  6. [適用] をクリックします。

データ表がフィルタ内容に沿って更新され、不承認となっている広告だけが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。