広告のターゲット設定

広告のターゲット設定は、キャンペーンの成功に不可欠な要素です。広告そのものが完璧な出来でも、適切なユーザーに適切なタイミングで表示できなければ十分な効果は期待できません。Google 広告ではさまざまな方法で広告をターゲティングすることができます。

はじめに

プレースメント ターゲティングのみをご利用の動画広告グループについて: YouTube のみ、またはディスプレイ ネットワークのみのプレースメントをターゲティングされていた場合、今後は両方が掲載対象となります。
ターゲティング方法を指定されていない既存の広告グループは、自動的に一時停止されます。これは今回限りの例外で、掲載する意図のない広告が表示されることを防ぐための措置です。今後、広告掲載の準備が整っていない広告グループは手動で一時停止にしてください。詳しくは広告グループを一時停止、再開するをご覧ください。

オーディエンス ターゲティング

  • ユーザー属性: 広告主様の商品やサービスが特定の地域、年齢、性別、端末の種類のユーザーにどの程度当てはまるかに基づいて、広告を表示します。
  • アフィニティ カテゴリ: テレビ キャンペーンを展開する広告主様は、Google 検索やディスプレイ ネットワークを利用してキャンペーンのリーチをオンライン上にも広げることができます。
  • 購買意向の強いユーザー層: 広告主様が提供する商品やサービスに似たものを検索しているユーザーに広告を表示します。購買意向の強いユーザー層は、購入を検討しているか、以前に購入済みで依然として関心が高く広告主様の広告に操作を行う可能性があります。
  • カスタム インテント オーディエンス: 「カスタム インテント オーディエンス」を利用すれば、サイトを訪問して購入に至る可能性が高いユーザーに関連する語句を指定して、こうしたユーザーにアプローチできるようになります。キーワードのほか、ユーザーの関心内容に沿ったウェブサイト、アプリ、YouTube コンテンツの URL を入力できます。
  • 類似ユーザー: リマーケティング リストのユーザーに類似した興味や関心を持つユーザーをターゲットに設定することで、対象とするユーザーを拡大します。類似ユーザーは広告主様の商品やサービスを直接検索してはいませんが、関心内容の関連性が高いため、広告に対して操作を行う可能性があります。
  • リマーケティング: すでに広告主様の広告、ウェブサイト、アプリにアクセスしたことのあるユーザーに広告を表示します。この場合、ユーザーが広告様のサイトにアクセスしたか、以前に広告をクリックしたことがあれば、コンバージョンのどの段階にいるかは問いません。サイトを再訪し購入を果たす可能性もあります。

コンテンツ ターゲット

  • トピック: ターゲティングにトピックを設定することで、特定のトピックに関する複数のページをまとめて広告の掲載対象とすることができ、ディスプレイ ネットワーク上のさまざまなページに広告を表示できます。トピック ターゲティングでは、テキスト、言語、リンク構造、ページ構造などをもとにウェブ コンテンツを分析して各ウェブページの主なテーマを割り出し、設定したトピックに基づくターゲティングを行います。
  • プレースメント: ディスプレイ ネットワークに参加しているウェブサイトをターゲットとして指定しておき、ユーザーがそのサイトを訪問したときに広告を表示します。Google 広告は関連性の高いサイトを選んで広告を表示しますが、このターゲティング方法を選んだ場合は、広告主様が指定されたサイト(手動プレースメント)だけがその候補となります。コンテンツ ターゲティング(自動プレースメント)とは異なり、プレースメント ターゲティングではキーワードを設定する必要はありません。プレースメントとは、ウェブサイト全体を指すこともあれば、サイトの一部を指すこともあります。
  • コンテンツ キーワード: 広告主様の商品やサービスと関連性の高い語句を指定し、これらの語句で検索を行うユーザーに広告を表示します。複数のキーワードをカスタマイズして、手動で特定のユーザー属性にリーチしたり、特定の目標を達成したりできます。たとえば、季節のイベントを反映するキーワードや、セールを最大限に活用するためのキーワードを設定します。
  • 検索のディスプレイ ネットワーク対応: 自動入札とスマート ターゲティングの機能を組み合わせて、Google 広告がユーザーを見つけます。ディスプレイ ネットワーク対応は、検索キャンペーンとディスプレイ キャンペーンの両方に適用でき、高い成果が見込めるタイミングをとらえて、最善の結果を出すことができます。

大阪市内でペットホテルを経営しているとします。Google 広告キャンペーンのキーワードとして「ペットホテル」を、ターゲット地域としては「大阪市と周辺都市」を設定しておけば、大阪市にいるユーザーが Google 検索に「ペットホテル」と打ち込むと、検索結果の横に広告が表示されるようになります。

コスチュームを販売する業者がイメージ広告を掲載するとします。この場合、たとえば「コスチューム 購入」というキーワードを追加し、トピックで [趣味、レジャー] > [行事] > [休暇、年中行事] を選択、デバイスとしては iPhone や Android 搭載端末を指定する、といったターゲティングが考えられるでしょう。すると、ユーザーが Android スマートフォンを使用して、コスチュームの購入やハロウィーン、クリスマスについての情報を掲載しているディスプレイ ネットワークのサイトにアクセスした場合などに、イメージ広告が表示されることになります。

留意点

ディスプレイ ネットワークで複数のターゲティング方法を選択した場合、ネットワークの設定が成果を左右します。

ディスプレイ広告は Google ディスプレイ ネットワークにのみ表示され、検索結果ページには表示されません。他の Google 広告と同様、クリック単価(CPC)型、インプレッション単価(CPM)型、目標コンバージョン単価(tCPA)型、目標広告費用対効果(tROAS)型、拡張クリック単価(e-CPC)型のいずれのキャンペーンでも作成できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。