オーディエンスへの貢献度割り当てのルールについて

Google 広告のアトリビューション レポートでは、アトリビューションの貢献度が割り当てられるオーディエンスの種類は 1 つに限定されます。

Google 広告でアトリビューションの貢献度を割り当てる際は、次の 2 つの方法があります。

  1. 同じ広告グループで複数のオーディエンス リストを使用している場合:
    • 入札単価調整が最も高いオーディエンスがインプレッション、クリック、費用、コンバージョンのアトリビューションが割り当てられます。
    • この階層は、手動のキャンペーンとスマート自動入札のキャンペーンの両方に適用されます(入札単価調整がオークションで直接使用されていない場合も含まれます)。
    • スマート自動入札では、レポートやアトリビューションにのみ最も高い入札単価調整が適用され、掲載結果への影響はありません。
  2. 複数のリストに最も高い入札単価調整が関連付けられている場合:
    • インプレッション、クリック、費用、コンバージョンのアトリビューションは、指定されたルールに従って割り当てられます。

カスタマー マッチ オーディエンスのアトリビューション割り当てのルール

 

優先度が最も高いのはカスタマー マッチで、その後にリマーケティング類似ユーザー(Google 広告や YouTube など)が続きます。3 番目は統合オーディエンス、4 番目はアフィニティ カテゴリ購買意向の強いオーディエンスで、優先度が最も低いのは詳しいユーザー属性のオーディエンスです。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false