最適化されたターゲティングについて

最適化されたターゲティングを使って適切な Google 定義オーディエンスにリーチする

最適化されたターゲティングを使用すると、キャンペーンの目標に基づいて、コンバージョンに至る可能性が高く、関連性の高い新規ユーザーにリーチできます。また、手動で選択したオーディエンス セグメントの枠外にキャンペーンのリーチを広げ、これまで逃していた可能性のあるオーディエンス セグメントを取り込んでキャンペーンの成果を高めることが可能です。

この記事では、最適化されたターゲティングのメリットと機能について説明します。

最適化されたターゲティングの用途

最適化されたターゲティングは、次のような状況のときに最も効果的です。

  • コンバージョンに至る可能性が最も高いオーディエンス セグメントにキャンペーンを配信したい場合。
  • 既存のセグメントを超えて新規顧客を獲得し、その上で目標を達成したい場合。
  • キャンペーンで高い成果を見込める新規ユーザーを特定したい場合。
  • 入札単価または顧客獲得単価を引き上げずにコンバージョンを増やしたい場合。

最適化されたターゲティングに関する他のユーザーの意見を確認しましょう

Google 広告コミュニティに参加

仕組み

最適化されたターゲティングはすべてのキャンペーンで自動的に有効化されます。最適化されたターゲティングでは、ランディング ページやクリエイティブ アセットのキーワードなどの情報を確認し、キャンペーン目標を達成できそうなオーディエンスを見つけます。最適化されたターゲティングを使用しない場合は、広告グループ設定で無効にすることができます。

最適化されたターゲティングには、オーディエンス セグメントやキーワード(「ターゲティング シグナル」)などの条件を追加することも可能です。最適化されたターゲティングでは、ターゲティング シグナルを使って、広告の配信について類似する条件が特定されます。また、より成果の高いトラフィックが確認されると、シグナルでのトラフィックの配信が減少または停止される場合があります。

オーディエンス拡張と最適化されたターゲティングの違い

オーディエンス拡張では、手動で選択したオーディエンス セグメントに類似したオーディエンス セグメントにリーチを広げることで、コンバージョン数を増やします。最適化されたターゲティングでは、コンバージョンに至ったユーザーが最近検索した語句など、キャンペーンのリアルタイムのコンバージョン データに基づいて、コンバージョンに至る可能性が高いユーザーをターゲットに設定することでコンバージョン数を増やします。また、把握されている起点を指定することで、手動で選択したオーディエンス セグメントがモデルに反映されます。

たとえば、陣内氏は、発売予定の新しいランニング シューズにユーザーの注目を集めたいと考えているとします。キャンペーンのターゲティングでは、陣内氏は、検索キャンペーンで高い成果を上げているキーワードに基づくカスタム セグメント(「ランニング シューズのセール」など)と、「スポーツ シューズ」の購買意向の強いセグメントという 2 つのオーディエンス タイプを使用しています。オーディエンス拡張または最適化されたターゲティングを利用すると、陣内氏のキャンペーンに対して以下の処理が行われます。

  • オーディエンス拡張: この機能では、陣内氏が手動で選択したオーディエンス セグメントに加えて、「スニーカー セール」のカスタム セグメントや「スポーツ用品」の購買意向の強いセグメントなどの類似セグメントが含まれます。
  • 最適化されたターゲティング: リアルタイムのコンバージョン データに基づき、コンバージョンに至ったユーザーに類似したプロファイルを作成することで、コンバージョンに至る可能性の高いユーザーにリーチを拡張します。そのデータには、ランニング シューズの特定のブランドの Google 検索や、人気のあるスポーツウェアのウェブサイトのクリックなどが含まれます。陣内氏が手動で選択したオーディエンス セグメントは起点となりますが、最適化されたターゲティングでは、選択されているセグメントの枠外でコンバージョンの獲得を目指します。

最適化されたターゲティングをどのように使用するか(またはしないか)は、キャンペーンで達成する目標によって異なります。以下の各セクションを展開すると、最適化されたターゲティングをキャンペーンで使用するタイミングを確認できます。

目標を達成しながら、関連性の高い新規顧客を獲得したい場合

最適化されたターゲティングを使用する

関連性の高い新しい顧客の開拓を重視する場合は、最適化されたターゲティングを使用します。

倉田氏は、ゲーミング PC のパソコン部品を販売する会社の経営者です。倉田氏のビジネスはリピート購入者がいるほどすでに人気を博していますが、組み立て済みのゲーミング PC を販売してさらに事業を拡大したいと考えています。倉田氏は、これまでにカスタム ゲーミング PC を組み立てたことがない顧客を新たに開拓したいと考えているため、ファインド キャンペーンの作成時には、最適化されたターゲティングのみに専念して使用します。

最適化されたターゲティングでは、広告に含まれるランディング ページ URL やクリエイティブ アセットなどのソースからの情報が使用されるため、倉田氏の広告は、ゲーミング PC の購入を考えているユーザーに表示されます。

関連性の高い新規顧客の獲得を目指し、特定のオーディエンス セグメントを念頭に置いている場合

最適化されたターゲティングとターゲティング シグナルを使用する

最適化されたターゲティングで関連性の高い新しいオーディエンスを見つけるために使用されるモデルに情報を与えるには、ターゲティング シグナルを追加します。

森山氏は、自身のリバー ラフティング ツアー会社が新たに提供する、7 日間のキャンプツアーの認知度を高め、予約販売を行いたいと考えています。夏が足早に迫り、子どもたちが夏休みに入るため、森山氏は、主に家族向けに予約を販売することにしました。森山氏は、ディスプレイ キャンペーンを作成する際、(最適化されたターゲティングを有効にしたまま)「アウトドア 家族」、「川 ラフティング 家族」、「旅行 家族」などのキーワードを追加します。

キャンペーンの運用時に最適化されたターゲティングを使用した場合、「川 ラフティング アドベンチャー」や「急流 ラフティング」、「川 ラフティング ツアー」などのキーワードをターゲット設定に追加すると、掲載結果が向上することがわかります。また、「旅行 家族」は掲載結果が低いと予想されるため、最適化されたターゲティングによってディスプレイ キャンペーンでの配信が停止されます。

過去の顧客に再び商品の購入やサービスの利用を促したい場合

手動ターゲティングのみを使用する

広告を使って過去の顧客のみにアピールする場合は、手動ターゲティングを使用します。

寺田氏の代理店は、プレミア ファッション ブランドのハンドバッグ シリーズ向けに、新しい動画キャンペーンを立ち上げようとしています。寺田氏は、このファッション ブランドの顧客が含まれるデータ セグメントを以前使用したことがあるため、そのセグメントをキャンペーンで再利用します。また、このファッション ブランドの標準的な顧客に特に重点を置いてマーケティングを行うため、キャンペーンでは最適化されたターゲティングを無効にします。

対応しているキャンペーン タイプ

最適化されたターゲティングは、以下のキャンペーンで使用できます。

  • ディスプレイ キャンペーン
  • ファインド キャンペーン
  • 「販売促進」、「見込み顧客の獲得」、「ウェブサイトのトラフィック」の目標を使用している動画キャンペーン(動画アクション キャンペーンなど)。

なお、利用可能なターゲティング シグナルは、キャンペーン タイプによって異なる場合があります。以下のセクションを展開すると、キャンペーン タイプに応じて、最適化されたターゲティングに追加できるターゲティング シグナルを確認できます。

ディスプレイ

  • 最適化されたターゲティングのシグナルとして、オーディエンス セグメント、カスタム セグメント、顧客データ セグメント、キーワード、トピックを指定できます。
  • 広告は、選択したシグナルの枠外にいるユーザーに表示される場合があります。

ファインド

  • 最適化されたターゲティングのシグナルとして、オーディエンス セグメント、カスタム セグメント、顧客データ セグメントを指定できます。
  • 広告は、選択したシグナルの枠外にいるユーザーに表示される場合があります。
  • 最適化されたターゲティングでは、顧客データ セグメントを使って除外したユーザーには広告が表示されません。

動画

  • 最適化されたターゲティングのシグナルとして、オーディエンス セグメント、カスタム セグメント、顧客データ セグメントを指定できます。
  • 広告は、選択したシグナルの枠外にいるユーザーに表示される場合があります。
  • プレースメントはシグナルとして使われず、広告は指定したプレースメントでのみ表示されます。
  • 最適化されたターゲティングでは、顧客データ セグメントを使って除外したユーザーには広告が表示されません。

ブランド保護

最適化されたターゲティングでは、既存のブランド保護の設定(コンテンツの除外など)が考慮されます。最適化されたターゲティングを使用する際は、ブランド保護の設定に追加の変更を加える必要はありません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false