データ除外を使用して、コンバージョン トラッキングの問題がスマート自動入札に影響しないようにする

スマート自動入札では、Google 広告のコンバージョンコンバージョン値のデータを活用して、目標の達成を目指します。コンバージョン トラッキングで問題が発生した場合は、データ除外を使って、コンバージョンに意図しない変更が行われてスマート自動入札に影響が及ぶのを防ぐことができます。

仕組み

データ除外は、コンバージョン トラッキングで問題が生じた日付のデータをすべて無視するようにスマート自動入札に指示する高度なツールです。

Google 広告において、コンバージョン数とコンバージョン値が不正確になる原因となるようなコンバージョンに関する問題はすべて、スマート自動入札に影響を与える可能性があります。例:

  • タグ設定に関する問題
  • ウェブサイトの停止
例: サイトからタグが誤って削除された場合、Google 広告がコンバージョンをトラッキングしていない可能性があります。存在しないタグの影響を受けるデータを除外すれば、コンバージョンの減少によってスマート自動入札が影響を受けることはありません。

スマート自動入札でのデータ除外は、検索キャンペーン、ディスプレイ キャンペーン、ショッピング キャンペーンでご利用いただけます。

手順

  1. Google 広告にログインします。
  2. ツールアイコン Google Ads | tools [Icon] をクリックします。
  3. [共有ライブラリ] で [入札戦略] を選択します。
  4. [高度なコントロール] をクリックして、[データ除外] を選択します。
  5. [ 新しいデータの除外] をクリックします。
  6. [設定] の横に名前と説明文を入力します。
  7. データ除外の開始日時と終了日時を入力します。コンバージョンは過去のクリックに関連付けられる場合があるため、標準的なコンバージョン達成までの所要時間を考慮して期間を指定してください。
  8. [スコープ] の横で、この調整を適用するキャンペーンとデバイスを選択します。除外するキャンペーンを個別に選択するか、アカウント全体を選択します。
  9. 除外するデバイスを選択します。これは、コンバージョンに関する問題がモバイル トラッキングにのみ影響を与える可能性があるためです。
  10. [保存] をクリックし、[データの除外を作成する] を選択します。

データ除外を削除する

データ除外が適用されると、ステータスが [有効] に変わります。データ除外を削除すれば、対象のコンバージョン データをスマート自動入札に組み込むことができます。

例: タグの問題やウェブサイトの停止などの問題が発生した場合、除外した期間のコンバージョンを正常にアップロードできるようになれば、除外を削除できます。

データ除外について

データ除外を使用する際の推奨事項や留意点は、以下のとおりです。

  • クリックに除外を適用する: クリックに無効なコンバージョンが関連付けられた可能性がある場合、データ除外はそのクリックを除外します。これらのクリックが除外されると、関連付けられたコンバージョンも除外されます。
  • コンバージョンが発生する前の日付を除外する: ユーザーが広告をクリックしてからコンバージョンを達成するまでに標準的な所要時間がある場合は、コンバージョン トラッキングの問題が発生する前にその分の日付を追加して除外します。
  • すべてのキャンペーン タイプにデータ除外を適用する: アカウント全体に除外を適用すると、検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、ショッピング ネットワークの各キャンペーンのコンバージョンが除外されます。
  • コンバージョン レポートに影響はありません: データ除外はスマート自動入札で使用されるデータにのみ影響し、除外したコンバージョンは引き続きレポートに表示されます。
注: データ除外は、サービス停止や重大な問題に対応するための機能です。データ除外を頻繁に、または長期にわたって使用すると、スマート自動入札の掲載結果に悪影響が及ぶ可能性があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。