教師の確認と権限の設定

この記事は G Suite 管理者を対象としています。
生徒や教師が役割の変更や権限の管理を行うことはできません。

ユーザーは初めて Classroom にログインするときに、自分が教師か生徒かを指定します。ここで教師として指定したユーザーは、「Classroom の教師」グループに自動的に追加されます。

G Suite 管理者は、教師として指定したユーザーが実際に教師であることを確認し、必要な Classroom 機能へのアクセス権を付与します。また、ドメインにおける教師の権限も設定します。

教師であることを確認すると、次のことが可能になります。

  • 教師以外のユーザーがクラスを作成できないようにする
  • 確認済みの教師に保護者の閲覧と管理を許可する

教師、役割、権限を特定する

教師であることを確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ビジネス向け Google グループ] にアクセスします。

    [アプリ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 右上の [サービスを編集] をクリックします。
  4. [オン(すべてのユーザー)] を選択してサービスを有効にします。
  5. [保存] をクリックします。
  6. ブラウザ ウィンドウで [Classroom の教師] グループを開きます。
  7. 左側で、[メンバー] 次に [参加リクエスト] をクリックします。
  8. 該当するユーザーの名前の横にあるチェックボックスをオンにして、[申請者を承認] または [申請者を拒否] をクリックします。

Google Cloud Directory Sync(GCDS)や Google School Directory Sync(SDS)などの同期ツールを使用している場合、またはドメイン内のすべての教師と職員を含むグループがすでにある場合は、これらのグループを「Classroom の教師」グループに追加できます。

GCDS または SDS を使用する場合は、「Classroom の教師」グループを同期対象から手動で除外する必要があります。

警告: 「Classroom の教師」グループを削除すると教師が Classroom を使用できなくなるため、削除しないでください。「Classroom の教師」グループは、削除しても自動的に再作成されますが、中身が空になります。そのため、ユーザーは教師か生徒かを再度指定するよう求められ、管理者も教師を再確認する必要があります。

ユーザーの役割を生徒から教師に変更する

生徒や教師が役割を変更することはできません。役割を変更できるのは管理者のみです。

教師が誤って自身を生徒として指定した場合、管理者はその教師を「Classroom の教師」グループに手動で追加する必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストで、該当するユーザーを見つけます。
    詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [グループ] をクリックします。

    [グループ] のリンクにカーソルを合わせる
     
  6. 追加アイコン 追加 をクリックします。
  7. グループ名またはメールアドレスの最初の数文字を入力してグループを検索します。目的のグループが表示されたら、そのグループを選択します。
  8. (省略可)ユーザーを追加するグループをさらに選択します。
  9. グループを選択したら、[追加] をクリックします。
  10. (省略可)グループ内でのユーザーの役割を変更するには:
    1. [役割] の下矢印 下矢印 をクリックします。
    2. 新しい役割を割り当てます。
    3. [保存] をクリックします。

ユーザーの役割を教師から生徒に変更する

生徒や教師が役割を変更することはできません。役割を変更できるのは管理者のみです。

生徒が誤って自身を教師として指定した場合、管理者はその生徒を「Classroom の教師」グループから手動で削除する必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストで、該当するユーザーを見つけます。
    詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [グループ] をクリックします。

    [グループ] のリンクにカーソルを合わせる
  6. [Classroom の教師] グループにカーソルを合わせて [削除] をクリックします。
  7. もう一度 [削除] をクリックします。

保護者の表示と管理を行えるユーザーを指定する

保護者の情報を表示できるのは、確認済みの教師だけです。

管理者は、保護者の招待や削除を行うことを確認済みの教師に許可できます。

教師のアカウントを削除する前に

教師のアカウントを削除する前に、その教師のクラスが生徒や副担任によって使用されていないことを確認してください。まだ使用されているクラスのオーナー権限を譲渡せずに教師のアカウントを削除すると、そのクラスの機能が一部使用できなくなります。

クラスがまだ使用されている場合は、クラスのオーナー権限を別の教師に譲渡します。詳しくは、クラスのオーナー権限を譲渡するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。