複数のアプリに Chrome ポリシーを設定する

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

Chrome Enterprise 管理者は、管理コンソールを使用して複数のアプリにアプリのポリシーと拡張機能のポリシーをまとめて適用できます。たとえば、自動インストールするアプリや、ユーザーの Chrome のタスクバーに固定するアプリをすべて指定することができます。

始める前に

ユーザーの Chrome アプリと拡張機能を管理するには、管理コンソールで Chrome ウェブストア サービスをオンにする必要があります。このサービスは、管理コンソールの [アプリ] > [その他の Google サービス] で見つけることができます。手順については、その他の Google サービスのオンとオフの切り替えをご覧ください。

ユーザー設定でアプリのポリシーを設定する

Chrome ブラウザや Chrome OS 搭載端末で管理対象の Google アカウントにユーザーがログインすると、以下が適用されます。

アプリのポリシーまたは拡張機能のポリシーを設定する(主な手順)

始める前に: 特定のグループのユーザーや登録済みの Chrome ブラウザの設定を行うには、ユーザー アカウントやブラウザを 1 つの組織部門に配置します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス管理] 次へ [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス管理] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [ユーザー設定] をクリックします。
  4. 左側で、ポリシーを設定するユーザーや登録済みブラウザを含む組織部門を選択します。

    すべてのユーザーやブラウザの設定を行う場合は、最上位の組織部門を選択します。それ以外の場合は子組織を選択します。詳細

    重要: Windows、Mac、Linux パソコンの Chrome ブラウザ ユーザーに設定を適用するには、Chrome ブラウザ管理をオンにし、この組織部門に対して Chrome ウェブストア サービスをオンにします。

  5. [アプリケーションと拡張機能] までスクロールします。
  6. 設定するポリシーを見つけて、設定を管理するためのリンクをクリックします。詳しくは、各設定の詳細をご覧ください。

    たとえば、複数のアプリを Chromebook ユーザーのタスクバーに固定するには、[固定されたアプリを管理] をクリックします。

    組織部門に設定したポリシーは、下位レベルで上書きされない限り、子組織に継承されます。管理コンソールでは、設定が継承されているか、または上書きされているか([ローカルに適用しました] の表示)が示されています。詳しくは、アプリの設定の継承方法を理解する(下記)をご覧ください。

  7. ポリシーを設定するそれぞれのアプリまたは拡張機能を見つけて選択し、[追加] をクリックします。

    ヒント: アプリを見つけるには、左側のフィルタをクリックして検索バーを使用します。ほとんどのアプリは Chrome ウェブストアにあります。サードパーティ製アプリやテスト用アプリを見つけることもできます。アプリの見つけ方(下記)

  8. 検索結果から目的のアプリを見つけ、[追加] をクリックし、[保存] をクリックします。
  9. 下部の [保存] をもう一度クリックします。
特定のアプリや拡張機能を見つける

上記の手順で、ポリシーを設定するアプリまたは拡張機能を見つける方法は次のとおりです。

Chrome ウェブストアのアプリや拡張機能

  1. 上記の手順で操作し、管理コンソールで設定するポリシーを選択します。
  2. 左側にある [Chrome ウェブストア] をクリックします。
  3. アプリまたは拡張機能の名前を入力します。
  4. Enter キーを押し、Chrome ウェブストアを検索します。
  5. アプリや拡張機能を選択します。
  6. 手順を完了して、このポリシーにアプリを追加します。

Trusted Tester アプリ

Trusted Tester 向けに公開されている Chrome ウェブストアのアプリや拡張機能にポリシーを設定するには:

  1. 上記の手順で操作し、管理コンソールで設定するポリシーを選択します。
  2. 左側にある [カスタムアプリを指定] をクリックします。
  3. アプリまたは拡張機能の ID と URL を入力します。

    ID と URL については、アプリのデベロッパーにお問い合わせください。

    デベロッパーの方がアプリの ID と URL を確認する方法については、限定公開 Chrome アプリの作成に関するページをご覧ください。

    サードパーティ URL の例: https://thirdparty.com/update.xml

  4. 手順を完了して、このポリシーにアプリを追加します。

サードパーティ製アプリ

サードパーティ デベロッパーなど、ウェブストアにないアプリや拡張機能にポリシーを設定するには:

  1. 上記の手順で操作し、管理コンソールで設定するポリシーを選択します。
  2. 左側にある [カスタムアプリを指定] をクリックします。
  3. [ID] に、Chrome アプリや拡張機能の ID を入力します。
  4. [URL] に、「https://clients2.google.com/service/update2/crx」と入力します。
  5. 手順を完了して、このポリシーにアプリを追加します。
アプリの設定の継承方法を理解する

まず、組織部門のユーザーは、親組織からアプリポリシー設定を継承します。たとえば、アプリ A を最上位に自動インストールする場合、アプリ A は下位のすべてのレベルで自動インストールされます。

子組織部門(およびそのポリシーを継承するすべての子組織)のポリシーを変更するには、次の方法があります。

  • 子組織の自動インストール リストからアプリ A を削除する
  • 子レベルで自動インストールするアプリ B を追加する

子組織部門ではアプリ A を自動インストールしなくなり、アプリ B を自動インストールするようになります。また、後で親に追加されたアプリがある場合はそれらのアプリも自動インストールされます。

つまり、親組織部門にアプリを追加すると、アプリとそのポリシーはその子組織に継承されます。ただし、そのアプリがまだ子にインストールされておらず、最上位の設定を上書きしていない場合に限られます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。