在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

アプリや拡張機能を許可またはブロックする

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

ChromeOS のアプリや拡張機能をリモートで管理することを検討されている場合は、 まず Chrome Enterprise Upgrade を無料で試してみてください

Chrome Enterprise の管理者は、管理対象の Chrome ブラウザや ChromeOS デバイスにユーザーがインストールするアプリや拡張機能を制限できます。

この記事では、すべてのユーザーに対してポリシーを設定する方法や、グループごとに設定をカスタマイズする方法の概要を説明します。詳しくは、社内での拡張機能の管理をご覧ください。

始める前に

  • 特定のユーザー群や登録済みの Chrome ブラウザ群に対して設定を行うには、それらのユーザー アカウントまたはブラウザを 1 つのグループまたは 1 つの組織部門に配置します。グループに追加できるのはユーザー アカウントのみです。詳しくは、グループ組織部門を追加するをご覧ください。
  • Windows、Mac、Linux パソコンで動作する Chrome ブラウザのユーザーに対して設定を適用するには、そのユーザーが所属する組織部門の Chrome ブラウザ管理を有効にします。詳しくは、Chrome ブラウザ管理を有効にするをご覧ください。
  • Chrome ウェブストア サービスが有効になっていることを確認します。有効になっていない場合、ユーザーは Chrome ウェブストアにアクセスしてアプリや拡張機能(管理者が許可したものを含む)をブラウジングしたり、インストールしたりすることができません。
    Chrome ウェブストア サービスは、一部の Education ドメインではデフォルトで無効になっています。ユーザーに対して Chrome ウェブストア サービスを有効にする方法について詳しくは、その他の Google サービスをご覧ください。
    注: Chrome ウェブストア サービスが無効になっている場合でも、自動インストール対象のアプリと拡張機能は自動的にインストールされ、ユーザーは拡張機能をサイドローディングできます。
  • アプリの合計数 × グループ数の上限は 500 です。

管理コンソールでポリシーを設定する

任意のデバイスのログイン ユーザー、または Windows、Mac、Linux 上の登録済みブラウザに対して適用できます。詳しくは、設定が適用されるタイミングを理解するをご覧ください。

管理者が指定したアプリと拡張機能を除くすべてのアプリと拡張機能を許可またはブロックする

ここでご紹介する手順は、管理コンソールでの Chrome 設定に慣れている管理者の方向けのものです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] 次に [ユーザーとブラウザ] をクリックします。
  4. (ユーザーのみ)グループに設定を適用するには、次の操作を行います。
    1. [グループ] を選択します。
    2. 設定を適用するグループを選択します。
  5. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. 右側にある、追加の設定アイコン 設定 をクリックします。
  7. [許可 / ブロックモード] に移動します。
  8. [編集] をクリックします。
  9. Play ストアの場合: ユーザーにインストールを許可するアプリと拡張機能の種類を選択します。
    注: Google Play ストアからアプリと拡張機能をインストールできるのは、メイン アカウントのユーザーのみです。
    • すべてのアプリを許可する、管理者が拒否リストを管理する - ユーザーは、管理者がブロックしたアプリと拡張機能を除くすべてのアプリと拡張機能を Google Play ストアからインストールできます。
    • すべてのアプリを拒否する、管理者が許可リストを管理する - ユーザーは、管理者が許可したアプリと拡張機能のみ Google Play ストアからインストールできます。
  10. Chrome ウェブストアの場合: ユーザーにインストールを許可するアプリと拡張機能の種類を選択します。
    • すべてのアプリを許可する、管理者が拒否リストを管理する - ユーザーは、管理者がブロックしたアプリと拡張機能を除くすべてのアプリと拡張機能を Chrome ウェブストアからインストールできます。
    • すべてのアプリを拒否する、管理者が許可リストを管理する - ユーザーは、管理者が許可したアプリと拡張機能のみ Chrome ウェブストアからインストールできます。
    • すべてのアプリを拒否する、管理者が許可リストを管理する、ユーザーは拡張機能をリクエストできる - ユーザーが Chrome ウェブストアからインストールできるのは、管理者が許可したアプリと拡張機能のみですが、必要な拡張機能をリクエストすることも可能です。管理者はユーザーがリクエストした拡張機能を許可、ブロック、自動インストールできます。詳しくは、拡張機能のワークフロー: ユーザーに拡張機能のリクエストを許可するをご覧ください。
  11. [保存] をクリックします。
1 つのアプリをブロックまたは許可する

ここでご紹介する手順は、管理コンソールでの Chrome 設定に慣れている管理者の方向けのものです。

ヒント: 登録済みのブラウザに対して拡張機能をブロックまたは許可するには、アプリと拡張機能の使用状況レポートを使用すると簡単です。詳しくは、アプリと拡張機能の使用状況の詳細を表示するをご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン ""次に"" [デバイス] 次に [Chrome] 次に [アプリと拡張機能] 次に [ユーザーとブラウザ] の順に移動します。
  3. (ユーザーのみ)グループに設定を適用するには、次の操作を行います。
    1. [グループ] を選択します。
    2. 設定を適用するグループを選択します。
  4. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. ポリシーを設定するアプリを見つけます。
  6. [インストール ポリシー] で、[ブロック] を選択します。
  7. [保存] をクリックします。
権限に基づいてアプリや拡張機能をブロックする

ここでご紹介する手順は、管理コンソールでの Chrome 設定に慣れている管理者の方向けのものです。

組織で許可されていないアクセス権限をリクエストするアプリや拡張機能を、ユーザーが実行できないようにします。たとえば、USB デバイスに接続したり、Cookie にアクセスしたりする拡張機能をブロックできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] 次に [ユーザーとブラウザ] をクリックします。
  4. (ユーザーのみ)グループに設定を適用するには、次の操作を行います。
    1. [グループ] を選択します。
    2. 設定を適用するグループを選択します。
  5. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. 右端にあるその他の設定アイコン 設定 をクリックします。
  7. [権限と URL] で、ブロックする権限のチェックボックスをオンにします。権限の詳細については、Chrome のアプリと拡張機能のアクセス権限をご覧ください。
  8. [保存] をクリックします。

アプリと拡張機能のセキュリティ設定を管理する方法

詳しい手順については、こちらのデモ動画をご覧ください。

Managing security settings for apps and extensions

関連トピック

Google および関連するマークとロゴは Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は関連各社の商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
410864
false
false