検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome for Work の設定

Chrome for Work では、さまざまな方法でユーザーの Chrome ブラウザを導入、管理できます。Chrome は Linux、Mac、Windows でサポートされています。詳しくは、Chrome のシステム要件をご覧ください。

Chrome on Windows desktop
  • 企業のデバイス(Windows、Mac、Linux)に Chrome をインストールして管理する方法については、下記の MSI インストールの手順とデバイスベースのポリシーをセットアップするをご覧ください。
  • ユーザーが個人用パソコンを使用する場合や、職場以外で G Suite アカウントを使って Chrome にログインする場合の Chrome ポリシーの設定については、下記のユーザーベースのポリシーを設定するをご覧ください。
  • 管理対象の Chromebook や Chromebox を使用するユーザー向けの Chrome ポリシーを設定する方法については、Chrome 搭載デバイスを管理するをご覧ください。
管理対象の Windows デバイスに MSI をインストールする

次の手順は、Windows 環境で Chrome for Work MSI をインストールする方法です。Chrome を組織向けにセットアップする方法は次のとおりです。

  1. Chrome をダウンロードする。

    Windows 環境では、Google Chrome Microsoft インストーラ(MSI)をダウンロードします。これにより、インターネットに接続しなくても Chrome をインストールできます。Mac と Linux の場合は、一般向けバージョンをダウンロードします。

    Chrome はシステム レベルでのみインストールされます。つまり、同じパソコンを使用するユーザーは全員、Chrome の同じインスタンスにアクセスすることになります。
  2. Chrome の設定とポリシーを設定する。

    設定とは、Chrome のインスタンスごとに設定するユーザー設定のことで、ポリシーとは、複数の Chrome インスタンスを設定する管理設定のことです。ポリシーとユーザー設定が競合する場合はポリシーが優先されます。

    • ユーザーによる変更が可能なデフォルトの Chrome 設定を作成します(設定の管理についての説明を参照)。
    • ユーザーによる変更を許可しない Chrome 設定を制御するには、ポリシーを設定します(ポリシーの管理についての説明を参照)。
  3. Chrome 拡張機能をプレインストールする。

    拡張機能は、Chrome の機能を強化するものです(Chrome 拡張機能のプレインストールについての説明を参照)。

  4. Chrome をユーザーのパソコンにプッシュする。

    Windows 環境では、Systems Management Server(SMS)または類似のツール群を使用して MSI をプッシュ送信するか、対象のパソコン上で次のコマンドを使って直接 MSI を実行してサイレント インストールを行います。

    Msiexec /q /I GoogleChrome.msi
  5. インストールをテストする。

    対象のパソコン上で、Google Chrome を起動し、表示された設定を確認します。

    ポリシーが表示されない場合は、Microsoft のグループ ポリシー更新ユーティリティ(gpupdate)を実行してポリシー設定を更新します。
デバイスベースのポリシーを設定する

ユーザーのパソコンに Chrome for Work をインストールしたら、次の 3 つの方法で、企業が管理するデバイス上のユーザーの Chrome インスタンスを管理できます。

企業が管理するデバイスで、デバイス レベルのポリシーと、管理コンソールで設定したクラウド ベースのポリシーが競合する場合、Windows グループ ポリシーで設定したデバイス レベルのポリシーが優先されます。

導入のヒント: Windows 管理者は多くの場合、Chrome のインストールに MSI を使用し、ユーザーの Chrome インスタンスの管理に Windows グループ ポリシーを使用します(下記を参照)。Windows、Mac、Linux での Chrome 管理ポリシーの設定に関する技術的な詳細情報については、Chrome デベロッパー サイトのクイック スタートガイドをご覧ください。

ユーザー ベースのポリシーをセットアップする

デバイスベースのポリシーに加えて、必要に応じて、ユーザーがタブを同期できるようにしたり、Chrome アプリケーションや拡張機能、テーマをプレインストールして、ユーザーが仕事用以外のパソコンから Chrome にログインしたときに使えるようにしたりすることができます。ユーザーベースのポリシーは管理コンソールで設定します。グループ ポリシーで使用可能な 100 を超えるポリシーの大半が含まれます。ユーザーが使用するデバイスとは無関係に、ユーザーが G Suite アカウントで Chrome にログインした場合に適用されます。

  1. ユーザーの各自のパソコンに Chrome をダウンロードしてもらいます。

  2. 管理コンソールにログインします。

  3. ポリシーの適用先となる組織部門がまだない場合は作成します。たとえば、フルタイム従業員と契約業者、または教師と生徒などです。

  4. [端末管理] > [Chrome 管理] > [ユーザー設定] で、組織に適用するポリシーを設定します。多くの管理者は、Chrome のデフォルト設定のままにして、スタートアップ ページ、新しいタブページ、アプリ、拡張機能といった一部の項目のみ設定することを選択しています。

  5. 設定が完了したら、[保存] をクリックします。これらのポリシーは、どのパソコンでログインするかに関係なく、ユーザーが G Suite アカウントで Chrome にログインしたときに適用されます。

    • 会社が管理するデバイスとは異なり、これらの設定がユーザー個人のパソコンに適用されるのは、ユーザーが G Suite アカウントで Chrome にログインしているときだけです。管理者が設定する一般的な項目としては、スタートアップ ページ、新しいタブ ページ、アプリ、拡張機能、テーマなどがあります。
    • 会社が管理するデバイスでグループ ポリシー設定とクラウド管理型ポリシーが競合する場合は、グループ ポリシー設定(デバイスベースの設定)が優先されます。

    指定した組織部門にこれらのクラウド ポリシーを適用するには、[他の Google サービス] の下にある [Chrome 管理] をオンにします。この設定をオフにすると、クラウド ポリシーはユーザーのパソコン(Windows、Mac、Linux)で動作しなくなります。ただし、Chrome 端末の管理ライセンスも購入した場合は、[Chrome 管理] をオフにしても、管理対象の Chrome 搭載端末にユーザーがログインしていれば、クラウド ポリシーが動作します。詳しくは、管理コンソールでの設定のオン / オフについてのページをご覧ください。

従来のブラウザのサイトをサポートする

組織で Chrome ブラウザを使用したくても、Internet Explorer を必要とする古いウェブサイトやアプリケーションにユーザーが今後もアクセスする必要がある場合は、従来のブラウザのサポート Chrome 拡張機能を使って Chrome と代替ブラウザを自動的に切り替えることができます。レガシー ブラウザで開く必要があるリンクを Chrome でクリックすると、その URL は自動的にレガシー ブラウザで開きます。

従来のブラウザのサポートを設定して、Chrome の代替ブラウザとして Internet Explorer を使用するための方法をご確認ください。

ビジネスに Chrome を導入する手順について詳しくは、Chrome for Work 導入ガイドをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。