在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

ChromeOS デバイス管理の概要

企業または学校の ChromeOS デバイスの管理者を対象としています。

企業や学校の IT 管理者の方は、Google 管理コンソールで Chromebook やその他の ChromeOS デバイスを管理でき、ポリシーの適用、ユーザー向けの Chrome 機能の設定、組織内の VPN や Wi-Fi ネットワークのアクセス権の付与、アプリや拡張機能の自動インストールなどを行えます。

注: ご利用いただける Chrome の機能は、アカウントの種類に応じて異なります。たとえば、組織で教育機関向けアカウントをご利用になっている場合は、Chrome Enterprise Upgrade がバンドルされた ChromeOS デバイスを登録していても、企業アカウント専用の Chrome の機能はご利用いただけません。

使ってみる

組織の ChromeOS デバイスの管理を開始する方法は次のとおりです。

基本的な手順を見る:    今すぐ登録する    デバイスを設定する

大規模な組織の場合は、スタートガイドをご覧ください。

詳細

アップグレード バンドル版 ChromeOS デバイスを入手する

バンドル版の各デバイスには Chrome Enterprise Upgrade または Chrome Education Upgrade が付属しているため、アップグレードを別途購入する必要はありません。

ChromeOS デバイス(アップグレード バンドル版)の概要をご覧ください。

スタンドアロン版 ChromeOS デバイスのアップグレードを購入する

スタンドアロン版 ChromeOS デバイスを組織で管理するには、Chrome Enterprise Upgrade、Chrome Education Upgrade または Kiosk & Signage Upgrade が必要です。アップグレードは、管理するスタンドアロン版 ChromeOS デバイスごとに購入する必要があります。

Chrome サービスのオプション | ChromeOS デバイスのアップグレードを購入するをご覧ください。

ChromeOS デバイスを登録する

バンドル版のデバイスまたは単体の ChromeOS デバイス用のアップグレードを購入したら、条件を満たす管理対象のユーザー アカウントを使用して組織に登録してください。デバイスを登録すると、ポリシーを適用してデバイスの使用を管理できるようになります。

ChromeOS デバイスを登録するをご覧ください。

ポリシーの適用とアプリの管理

ユーザーが使用する管理対象デバイスに対して、管理者は管理コンソールでポリシーや設定を適用することができます(Wi-Fi やプロキシの設定、アプリや拡張機能の自動インストール、承認されたユーザーにのみアクセスを許可するなど)。教師と生徒、正社員と派遣社員など、ユーザー グループごとに異なる設定を適用できます。

ChromeOS デバイスのポリシーを管理するをご覧ください。

キオスクと管理対象ゲスト セッションをデプロイする

ChromeOS デバイスを特定用途(学力テストや店舗の POS キオスクなど)のキオスクアプリとして使用できます。Chrome Enterprise Upgrade、Chrome Education Upgrade、Kiosk & Signage Upgrade は、キオスクの導入をサポートしています。

管理対象ゲスト セッションを制御することも可能です。ゲスト セッションはユーザーがアカウントを使用せずに共有できるため、図書館、インターネット カフェ、ビジネス センターで便利です。Chrome Enterprise Upgrade、Chrome Education Upgrade は、管理対象ゲスト セッションの導入をサポートしています。

キオスクアプリ、管理対象ゲスト セッション、スマートカード | Chromebook を学力テストに使用するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
410864
false
false