代理店向けの概要

Google マイビジネスは、オンラインに展開する自社の情報を手軽に管理できるサービスで、既存顧客との関係強化や新規顧客との関係形成に役立ちます。

サードパーティの代理店が Google マイビジネスを利用して、中小ビジネスやビジネス チェーンの情報の管理を代行することも可能です。この場合、単一の「組織アカウント」でクライアントのビジネス情報を集中管理できます。Google マイビジネスの組織アカウントの登録方法をご確認ください。

メリット

サードパーティの代理店は、さまざまな形でクライアントのビジネス管理をサポートできます。

仕組み

Google マイビジネスに代理店として登録し、組織を作成します。

代理店がクライアント(ビジネス オーナー)に代わってビジネス情報を管理する際は、組織アカウントを使用します。組織にオーナーまたはメンバーとしてユーザーを追加すれば、そのユーザーに各ビジネス情報の管理を任せることができます。組織アカウントのユーザーには、Google マイビジネスの一部の機能が提供されます。

サードパーティの代理店は、担当しているすべてのビジネス グループを、単一の組織アカウントを通して管理することが想定されています。なお、個々のリスティングを組織アカウントに直接所属させることはできません。

Google My Business API

API を利用すれば、クライアントのビジネス情報を、独自開発したアプリケーションで効率的に管理できます。API へのアクセスをリクエストする方法を確認しましょう。

写真

高品質な写真をアップロードして、クライアントが提供している商品やサービスを既存顧客や未来の顧客に紹介しましょう。写真を追加すると、Google 検索や Google マップでクライアントのビジネス情報を見つけてもらいやすくなります。

インサイト

インサイト機能を利用すれば、ユーザーがクライアントの Google リスティングをどのように発見し、どのように反応しているか調べることができます。集客に効果的な紹介方法を見つける手がかりとして活用しましょう。

投稿

投稿は、Google 検索や Google マップに表示されるビジネス リスティングに、顧客に向けたメッセージを掲示できる機能です。各種お知らせ、割引情報、新商品や人気商品の入荷情報、店内イベントの告知などを投稿にまとめ、クライアントの顧客に直接伝えましょう。

オンライン広告

クライアントの Google マイビジネス アカウントを Google 広告とリンクして、地域での存在感アップを図りましょう。広告を最適化したり、顧客へのアプローチ方法を模索したりする際にも、インサイト機能が役立ちます。

Google マイビジネスの各種機能の詳細を確認しましょう。

運用のポイント

Google マイビジネスのさまざまな機能(投稿、写真など)は、顧客との交流や信頼関係の強化に役立ちます。クライアントが Google マイビジネスを最大限に活用できるよう、次のポイントを意識しましょう。

  • ビジネス情報の鮮度と正確さを確保: 顧客がクライアントとスムーズに接触できるよう、管理を担当しているビジネス拠点の情報に誤りや更新漏れがないことを確認しましょう。
  • プロモーションやセールを投稿でアピール: 投稿機能を使えば、Google マップや Google 検索で地域の顧客に直接働きかけることができます。多くの顧客はオンラインでビジネスを探す際、プロモーションや割引の有無を重視します。セールや特別イベントなどの情報を、テキスト、動画、写真を駆使した戦略的なコンテンツにまとめ、潜在顧客にアピールしましょう。
  • 肯定的なクチコミにも否定的なクチコミにも返信: 選り好みせずきちんと反応することが、顧客との信頼関係の強化につながります。多くの顧客が、サービスを利用するかどうか判断する際に、ビジネス リスティングに追加されたクチコミを参考にしています。

サポートへのお問い合わせ

問題に行き当たった場合はサポート リクエストを出しましょう。

サポート リクエストを効率的に処理できるよう、次の点にご注意ください。

  • サポート リクエストを出す際は、問い合わせフォームに必要な情報をすべて記入します。
  • 問題点をわかりやすく示すため、スクリーンショットや動画を活用します。スクリーンショットには可能であればタイムスタンプを追加しましょう。担当チームが問題を解決しやすくなります。
    画像や動画に、問題解決に関係しない情報や機密情報(ファイル名、他の人の個人情報など)が含まれないよう注意してください。
  • 複数のリスティングに影響する問題についてのサポート リクエストを提出する場合は、関係するリスティングをスプレッドシートにまとめてご提供ください。
  • 重複するリクエストの送信は避けましょう。同じ問題について何度もリクエストを出すと、コミュニケーションに混乱が生じ、対応が遅れる可能性があります。
    注: 進行中のサポート案件について新たなリクエストを出す場合は、その案件のケース ID を記載してください。ケース ID は、サポートチームからお送りした返信メールの件名でご確認いただけます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。