オーナー確認に関するポリシー

Google マイビジネスでリスティングの作成やオーナー確認をする資格のある方

ビジネス リスティングの作成やオーナー確認ができるのは、そのビジネスの所有者のみです。

ご自身が所有していないビジネスについては、Google マイビジネスでリスティングの作成やオーナー確認をしないでください。必ずビジネス オーナーご自身が申し込み手続きを完了してから、必要に応じて別の担当者の方をそのビジネス リスティングの管理者として追加してください。

1 人のビジネス オーナーがオーナー確認できるリスティングの件数

1 人のビジネス オーナーの方が、1 つのビジネスについて 10 か所を超えるビジネス リスティングのオーナー確認をご希望の場合は、認定承認代理店を通さずに、一括確認の手続きを行ってください。一括確認の詳細

ビジネスの現地で確認を行う場合、オーナー確認の対象となるのは、その場のビジネスのみです。

イベントで確認を行う場合は、オーナー 1 人あたり最大 10 件のリスティングのオーナー確認ができます。ただし、リスティングごとに必要な書類を持参している場合に限ります。

Google マップに掲載可能なビジネスの種類

ぜひ Google に掲載するローカル ビジネスのガイドラインをお読みのうえ、ご自身のビジネスが掲載の対象になるかどうかをご確認ください。このガイドラインを遵守すれば、ビジネス情報に対する変更や Google サービスからの情報の削除といった、よくある問題を回避できます。

認定承認代理店でオーナー確認ができるビジネスの種類

認定承認代理店を通じたオーナー確認のオプションは、ご自身のビジネスが対象となる場合に限って表示されます。そうでない場合、このオプションはグレー表示になります。

認定承認代理店のオプションについては対象ビジネスの拡大に努めておりますが、利用できないケースについて、個別に理由をお知らせすることはできません。現在のところ、錠前業や配管業などの一部のビジネス カテゴリでは、認定承認代理店のオプションをご利用いただけません。

パートナー イベントでオーナー確認を行う際に必要となる資料

イベントには、認定承認代理店を通じたオーナー確認に必要となる、次の書類をご持参ください(要件を満たすように 1 つまたは複数の書類をご用意ください)。書類には、ビジネスの名前、住所、カテゴリ(可能な場合)が表示されていることが必要です。

  • 公共料金の明細書
  • 税務署からの手紙
  • 商業登記証

オーナー確認に必要な書類の種類については、認定承認代理店が責任を持ってご説明いたします。書類はすべて原本をご用意ください。原本のコピーは受け付けられません。

認定承認代理店アプリでのオーナー確認は、名刺ではできません。

必要な書類がそろわない場合は、オーナー確認を行わないでください。その場合は、ビジネス オーナーが別の方法でオーナー確認をリクエストできます。

北アメリカとプエルトリコで開催される Let’s Put Our Cities on the Map イベントでは、ビジネス オーナーが必要な書類を持参していなくても、行政が運営する企業検索サイトでご自身のビジネスを検索してオーナー確認を行うことが可能です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。