検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

デフォルトのアトリビューション モデル

各モデルがコンバージョンの貢献度を割り振る方法を確認します。

Google アナリティクスのモデル比較ツールには、以下のデフォルトのアトリビューション モデルがあり、独自のカスタムモデルを作成することもできます。

デフォルトのアトリビューション モデル

終点モデルアイコン 終点モデルでは、ユーザーが購入やコンバージョンに至る前、最後に利用したチャネルに、コンバージョンの価値がすべて起因するものと見なします。
使用方法: 購入段階のユーザーに行動を促す広告とキャンペーンを作っている場合や、ビジネスの主たる販売サイクルに検討段階が含まれない場合は、終点モデルがおすすめです。

 

Icon for Last Non-Direct and last AdWords Click 最後の間接クリックモデルでは、顧客が購入やコンバージョンに至る前、最後に経由(クリック)したチャネルに、コンバージョンの価値がすべて起因するものと見なします(ノーリファラーは無視されます)。Google アナリティクスのマルチチャネル以外のレポートでコンバージョン値を割り振る際には、このモデルがデフォルトで使用されます。
使用方法:

最後の間接クリックモデルはマルチチャネル以外のレポートで使用するデフォルト モデルであるため、他のモデルの結果を評価する際の比較対象として利用できます。

また、ノーリファラーを、別のチャネルを通じて既に獲得している顧客からのアクセスと見なす場合は、ノーリファラーを除外して、コンバージョンに至る前の最後のマーケティング活動に重点を置くのが効果的です。

 

Icon for Last Non-Direct and last AdWords Click AdWords 広告のラストクリック モデルでは、顧客が購入やコンバージョンに至る前、最後にクリックした AdWords 広告に、コンバージョンの価値がすべて起因するものと見なします。
使用方法: AdWords 広告のラストクリック モデルは、最も多くのコンバージョン達成につながった AdWords 広告を特定し、その後の運用に反映する際に使用します。

 

起点モデルアイコン 起点モデルでは、顧客が最初に利用したチャネルに、コンバージョンの価値がすべて起因するものと見なします。
使用方法: 初期のブランド認知を目的に広告やキャンペーンを掲載している場合は、このモデルを使用することをおすすめします。たとえば、ブランド名が世間に浸透していない場合は、顧客に初めてブランドをアピールするキーワードやチャネルが重要となります。

 

線形モデルアイコン 線形モデルでは、コンバージョン成立までに各チャネルで発生したすべてのタッチポイントが、均等にコンバージョンに貢献したものと見なします。
使用方法: キャンペーンを運用する目的が、販売サイクル全体を通じて顧客との接触を維持し認知度を高めることにある場合は、このモデルがおすすめです。その場合、検討段階のすべてのタッチポイントが等しく重要となります。

 

減衰モデルアイコン 販売サイクルの検討段階が短い場合は、減衰モデルを使用することをおすすめします。このモデルは指数関数的減衰という概念に基づいており、コンバージョン達成に最も近い段階で生じたタッチポイントが最もコンバージョンに貢献したものとみなします。減衰モデルでは、デフォルトで 7 日間の半減期が設定されており、コンバージョン達成の 7 日前に発生したタッチポイントには、コンバージョン達成日に発生したタッチポイントの半分の貢献度しか割り振られません。同様に、コンバージョン達成の 14 日前に発生したタッチポイントには、コンバージョン達成日に発生したタッチポイントの 4 分の 1 の貢献度が割り振られることになります。指数関数的減衰は、ルックバック ウィンドウの期間継続します(デフォルトでは 30 日)。
使用方法: 1 日か 2 日のプロモーション キャンペーンを展開する場合は、プロモーション当日のタッチポイントにより多くの貢献度を割り振ります。このケースでは、コンバージョン直前のタッチポイントに比べて、1 週間前のタッチポイントにはほとんど価値がありません。

 

接点ベースモデルアイコン 接点ベースモデルは、終点モデルと起点モデルのハイブリッド モデルを作成できます。起点か終点のいずれかにすべての貢献度を割り振るのではなく、各タッチポイントに貢献度を配分することができます。たとえば、起点と終点に 40% ずつ割り振り、途中のタッチポイントに 20% を割り振ります。
使用方法: 顧客にブランドを認知させた最初のタッチポイントと、販売につながった最後のタッチポイントを最も重視する場合は、接点ベースモデルを使用します。

関連資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。