チャネル戦略

どのチャネルと広告が相乗効果を上げているかわかると、メッセージや広告を最適化するうえで役立ちます。コンバージョン経路にいるユーザーに、さまざまなチャネルで売り込みメッセージや新しいキャッチフレーズをアピールすると、大きな効果を発揮します。

コンバージョン経路レポートでは、チャネル、広告、キーワードの相乗効果を確認することができます。キーワードの遷移を確認する場合は、プライマリ ディメンションに [キーワード パス] を選択します。キーワードと検索以外のチャネルの相互作用を確認するには、プライマリ ディメンションに [キーワード(参照元 / メディア)パス] を選択します。

2 つのチャネルが高い相乗効果を上げている場合は、目標到達プロセスのすべての段階でチャンスを捉えられるよう、これらのチャネルを統合したキャンペーンを実施するか、両方のチャネルに同時に投資します。

期間戦略

コンバージョンまでの期間も重要です。期間レポートとコンバージョン経路レポートのデータを確認し、それを基に計画を立てます。たとえば、一般にディスプレイ広告とメール広告で目標到達プロセスが開始され、コンバージョンまでに 15 日かかっている場合は、他のキャンペーンの前にディスプレイ広告とメール広告の掲載を開始し、それ以外のチャネルはより長期間実施すると、波及効果が得られます。

コンバージョン貢献度の誤った評価

コンバージョン経路レポートでは、コンバージョンに貢献したと誤って評価されている可能性のある接点チャネルを確認できます。次のようなコンバージョン経路のユーザーは、貴社の旅行サイトを検索する前に「ハワイ 旅行」を検索し、最終的にはアフィリエイトを通じて予約しています。

「ハワイ 旅行」 > 「貴社のサイトのホテル名」 > アフィリエイト(参照元)

この経路は、ユーザーが先に購入を決めたうえで、クーポンを検索したことを示しています。コンバージョン単価制またはコンバージョン単価の割合ベースの支払いでアフィリエイト契約を結んでいる場合は、コンバージョン貢献度を全体ではなく一部に変更できる可能性があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。