検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

タグとリストの共有について

クライアント センター(MCC)アカウントの [管理者] タブでは、複数のクライアント アカウント(子アカウント)間でリマーケティング タグ、リマーケティング リスト、類似ユーザーリスト、コンバージョン タグ、コンバージョン アクションを共有できます。1 つのタグを複数のアカウントで共有したり、既存のリストを新しいアカウントで利用したい場合などにご活用ください。

[管理者] タブでできること

  • MCC で作成したコンバージョン タグとコンバージョン アクションを子アカウントで利用できるよう許可します。
  • MCC で作成したリマーケティング リストを子アカウントと共有します。
  • 子アカウントで作成されたリマーケティング リストを他の子アカウントと共有します。
  • MCC で作成したタグに基づいてリマーケティング リストを作成できるよう、子アカウントに許可します。

重要: アカウントをまたいでタグとリストを共有すると、機密タグや独自のデータも共有することになる場合があるのでご注意ください。クライアントとの契約に違反しない形でのみ、またクライアントから許可を得ている場合のみ、タグやリストを共有してください。

検索広告向けリマーケティング リストについての要件や詳細については、検索広告向けリマーケティング リストのポリシーをご覧ください。

様々なケース

希望する操作 可 / 不可
MCC のリマーケティング タグとリストを子アカウントと共有するが、コンバージョン タグとコンバージョン アクションは共有しない。
子アカウントで、そのアカウント独自のコンバージョン タグとコンバージョン アクションに加え、MCC で作成したコンバージョン タグとコンバージョン アクションを使用する。 不可
子アカウントで、1 つの MCC のコンバージョン タグとコンバージョン アクションを使用し、別の MCC のリマーケティング タグとリストも併用する。 不可
子アカウントで、独自のタグではなく MCC のタグを、リマーケティング リストのベースとして使用する。
子アカウントで、MCC で作成したリマーケティング リストと、他の子アカウントが作成したリストを使用できるようにする。
子アカウントのリマーケティング リストを共有すると、自動的にカスタム パラメータ アクティビティも共有されるようにする。

注意点

  • MCC でリマーケティング リストを作成するには、MCC のタグを作成してサイトに追加する必要があります。
  • MCC のリストの作成や子アカウントとの共有は、MCC の [ユーザーリスト] タブで行います。
  • 子アカウントで作成したリストを共有するには、[管理者] タブで、共有元および共有先子アカウントの [リマーケティング ] 設定を「この MCC 内で共有」に変更します。その後、子アカウントの [アカウント設定] ページで [アカウントのアクセス権] の [リマーケティング リストの共有] を [オン] に設定すると、リスト共有が可能になります。
  • 同じ MCC アカウント配下のアカウント同士だけがリストを共有できます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。