検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

リマーケティングについて

リマーケティングを使用すると、ウェブサイトにアクセスしたことがあるユーザーや、モバイルアプリを使用したことがあるユーザーに広告を表示できます。たとえば、過去に商品やサービスを購入することなくウェブサイトを離れたユーザーに、使用している端末を問わず関連性の高い広告を表示できます。

 

この記事では、リマーケティングのメリットと、AdWords で利用できるリマーケティングの種類について解説します。

メリット

リマーケティングは、売上を伸ばす、登録数を増やす、ブランド認知度を高めるなど、さまざまな目的でご利用いただけます。

  • 購買意欲のあるユーザーに適切なタイミングでアプローチ: 広告主様の商品やサービスに関心を持っているユーザーに広告を表示できます。そうしたユーザーが検索している、他のウェブサイトにアクセスしている、他のモバイルアプリを使用しているタイミングで広告を表示できます。
  • 広告目標に基づくリスト: リマーケティング リストは具体的な目的に合わせて作成します。たとえば、ショッピング カートに商品をいったんは追加したものの、購入には至らなかったユーザーのリストを作成できます。
  • 大規模なリーチ: リマーケティング リストを作成することで、200 万を超えるウェブサイトやモバイルアプリを利用しているユーザーに、端末を問わず効率的にアプローチできます。
  • 効率的な単価設定: 自動入札機能を使用して高い成果を見込めるリマーケティング キャンペーンを作成できます。広告が表示されるユーザーに合わせて入札単価をリアルタイムに調整することで、費用を最小限に抑えて広告オークションに勝ち残ることができます。Google のオークションを利用するために余分な費用がかかりません。
  • 広告の作成が容易: 広告テンプレートを使用して、テキスト広告、イメージ広告、動画広告を無料で作成できます。動的リマーケティング キャンペーンで広告テンプレートのレイアウトを使用すると、すべての商品やサービスで魅力的な広告を配信できます。
  • キャンペーンの掲載結果データ: 広告が表示された場所や発生した費用など、キャンペーンの掲載結果をレポートで確認できます。
  • 検索時のユーザーにアプローチ: サイトにアクセスしたことがあるユーザーが、Google 検索で広告主様の商品やサービスを積極的に検索しているときに広告を表示できます。

Google AdWords で利用できるさまざまなリマーケティング

  • 標準のリマーケティング: 広告主様のウェブサイトにアクセスしたことがあるユーザーが、ディスプレイ ネットワークのサイトやアプリを利用しているときに広告が表示されます。詳細
  • 動的リマーケティング: 動的リマーケティングはさらに一歩進んだ機能で、ユーザーが広告主様のウェブサイトやアプリで見た商品やサービスの情報を含めて広告を表示できます。詳細
  • 検索広告向けリマーケティング リスト: 広告主様のウェブサイトを訪れたことがあるユーザーが Google 検索を行っているときに広告が表示されます。詳細
  • 動画リマーケティング: 広告主様の動画や YouTube チャンネルを視聴したユーザーが、その後、YouTube を利用しているとき、またはディスプレイ ネットワークの動画、ウェブサイト、アプリを閲覧しているときに広告が表示されます。詳細
  • 顧客リストに基づくリマーケティング: カスタマー マッチを使うと、顧客から入手した連絡先情報のリストをアップロードできます。そうしたユーザーが Google にログインして、各種サービスを利用しているときに広告が表示されます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む