検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

リマーケティングについて

リマーケティングを使用すると、ウェブサイトの訪問やモバイルアプリの使用など、過去にウェブサイトを利用したことのあるユーザーに広告を表示できます。たとえば、過去に商品やサービスを購入することなくウェブサイトを離れたユーザーに、使用している端末を問わずに、関連性の高い広告を表示できます。

この記事では、リマーケティングのメリットと、AdWords で利用できるリマーケティングの種類について解説します。

メリット

リマーケティングは、売上を伸ばす、登録数を増やす、ブランド認知度を高めるなど、さまざまな目的でご利用いただけます。広告主様の業種を問わず、投資収益率の向上に役立ちます。

  • 購入の可能性が高いタイミングを狙って広告を表示: 広告主様の商品やサービスに関心を示したユーザーに広告を表示できます。たとえばユーザーが広告主様の商品やサービスを検索しているとき、他のウェブサイトを閲覧しているとき、他のモバイルアプリを利用しているときなどに広告を表示できます。AdWords のリマーケティングでは、購入の可能性が最も高いタイミングで広告を表示し、広告主様のウェブサイトやアプリへユーザーを誘導できます。
  • 目標に合わせてリストを作成: 目標に合わせてリマーケティング リストをカスタマイズできます。たとえば、「ショッピング カートを放棄したユーザー」リストを作成して、ショッピング カートに商品をいったんは追加したものの購入に至らなかったユーザーに広告を表示することができます。
  • より広い範囲でユーザーを取り込む: リマーケティング リストを作成することで、200 万を超えるウェブサイトやモバイルアプリにアクセスしているユーザーに端末を問わずに効率的にアピールできます。
  • 効率的な単価設定: 目標コンバージョン単価や広告費用対効果などの自動入札戦略ツールを使用して、高い成果を見込めるリマーケティング キャンペーンを作成できます。広告掲載の入札単価をリアルタイムに調整することで、費用を最小限に抑えて広告オークションに勝ち残ることができます。Google のオークションを利用するために余分な費用はかかりません。
  • 広告の作成が容易: 広告テンプレートを使用して、テキスト広告、イメージ広告、動画広告を無料で作成できます。動的リマーケティングでは、広告テンプレートのレイアウトとフィードを組み合わせて動的広告を作成し、すべての商品やサービスの魅力的な広告を配信できます。
  • 掲載結果データ: 広告の成果や掲載先、費用に関するデータをレポートで確認できます。
  • 検索時にユーザーにアピール: 過去に広告主のサイトを訪問し、現在 Google 検索で商品やサービスを検索しているユーザーに広告を表示できます。

Google AdWords で利用できるさまざまなリマーケティング

  • 標準のリマーケティング: 過去に広告主様のウェブサイトを訪れたユーザーが、その後、ディスプレイ ネットワークのウェブサイトを閲覧しているとき、またはディスプレイ ネットワークのアプリを利用しているときに広告が表示されます。詳細
  • 動的リマーケティング: 動的リマーケティングはさらに一歩進んだ機能で、ユーザーが広告主様のウェブサイト上で閲覧した商品やサービスの情報を含めた広告を表示できます。詳細
  • モバイルアプリ向けリマーケティング: 広告主様のモバイルアプリやモバイルサイトを利用したユーザーが、その後、他のアプリを利用しているとき、または他のモバイルサイトを閲覧しているときに広告が表示されます。詳細
  • 検索広告向けリマーケティング リスト: 広告主様のウェブサイトを訪れたことがあるユーザーが Google 検索を行っているときに広告が表示されます。詳細
  • 動画リマーケティング: 広告主様の動画や YouTube チャンネルを視聴したユーザーが、その後、YouTube を利用しているとき、またはディスプレイ ネットワークの動画、ウェブサイト、アプリを閲覧しているときに広告が表示されます。詳細
  • メーリング リストを利用するリマーケティング: カスタマー マッチを利用し、顧客から収集したメールアドレスのリストをアップロードします。こうしたユーザーが、ログインした状態で Google 検索や YouTube、Gmail を利用しているときに、広告を表示できます。 
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。