検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google アナリティクスの目標とトランザクションのデータを AdWords にインポートする

ウェブサイトでのユーザー行動を分析する手段として、Google では 2 種類の機能をご用意しています。それは Google アナリティクスの目標とトランザクションと、AdWords コンバージョン トラッキングです。この 2 つの機能は両方を併用することも、一方だけを使うこともできます。2 つの機能を簡単に把握するには、次のリンクをクリックしてください。

Google アナリティクスの目標と AdWords コンバージョン トラッキングの比較

Google アナリティクスの目標

  • コンバージョンだけでなく、サイト全体におけるユーザー行動を調べる場合に最適です。
  • AdWords 広告を経由していないコンバージョンも測定できるため、ウェブサイトのすべてのユーザー トラフィックをトラッキングする場合に便利です。

AdWords コンバージョン トラッキング

  • コンバージョンだけを測定する場合に最適です。
  • トラッキングできるのは AdWords 広告を経由したコンバージョンのみです。

Google アナリティクスの目標データをインポートするメリット

Google アナリティクスの目標データを AdWords コンバージョン トラッキングにインポートすると、次のようなメリットがあります。

  • アナリティクスのコンバージョン数やデータを AdWords のクリックと関連付けて参照できます。
  • Google アナリティクスのコンバージョン データを AdWords で確認できます。
  • コンバージョン オプティマイザーでアナリティクスの分析データを利用して入札単価を最適化できるため、コンバージョンの促進と費用の抑制に役立ちます。

注意事項

特定のページで AdWords コンバージョン トラッキングをすでにご利用の場合は、Google アナリティクスのトランザクションをインポートする必要はありません(両方を有効にすると、コンバージョンの重複カウントが発生する可能性があります)。

要件

データをインポートするには、事前に次の準備が必要です。

Google アナリティクスの目標とトランザクションのデータを AdWords にインポートする手順

  1. アカウントをリンクしたら、目標データをインポートできる状態になるまで 30 分程度待ちます。その後、AdWords アカウントにログインし、[運用ツール] タブ、[コンバージョン トラッキング] の順にクリックします。
  2. 左側のメニューにある [Google アナリティクス] をクリックします。
  3. インポートする目標やトランザクションの隣にあるチェックボックスをオンにして、[続行] をクリックします。
  4. 次のページには、選択したすべての目標やトランザクションに適用される設定が表示されます。必要な設定を行い、[目標をインポート] をクリックします。
  5. [閉じる] をクリックするか、[さらにインポートする] をクリックしてさらに目標をインポートします。

これにより、アナリティクス アカウントのデータが AdWords にインポートされるようになります。ただし、この日より前のデータはインポートされません。

注意事項

AdWords で目標データやトランザクション データが利用可能な状態になるまで最大で 9 時間かかる場合があります。目標データが利用可能になると、インポートしたコンバージョン データが既存のコンバージョン データとともに [コンバージョン] ページに表示されます。[キャンペーン] タブでは表示項目を編集して、このデータを表示することができます。

アナリティクスのデータ(目標など)を AdWords にインポートすると、そのデータには AdWords の利用規約が適用されます。

インポートした目標データのコンバージョン設定を編集する

アナリティクスの目標データをインポートしたら、AdWords で作成したコンバージョン アクションを編集するのと同様に設定を編集できます。

  1. AdWords アカウントにログインします。
  2. [運用ツール] タブをクリックし、[コンバージョン トラッキング] を選択します。
  3. 編集する目標データの名前をクリックします。
  4. [設定を編集] をクリックします。
  5. 変更を加えて [保存] ボタンをクリックします。

データの相違

Google アナリティクスと AdWords コンバージョン トラッキングではコンバージョン データに相違が見られる場合があります。設定に誤りがないことを十分にご確認いただいたうえで相違が見られる場合は、次のような原因が考えられます。

トランザクションの日付

AdWords のレポートでは、コンバージョンと見なされるアクションそのものの日時ではなく、そのアクションにつながったクリックの発生日時をベースにコンバージョンを記録します。

たとえば、ユーザーが 7 月 19 日に広告を目にしてクリックしたものの、その場では購入せず、実際に商品を購入したのは翌 20 日だったとします。AdWords では、クリックの発生した 7 月 19 日にコンバージョンが発生したものと見なされます。一方 Google アナリティクスでは、実際に商品が購入された 7 月 20 日にコンバージョンが発生したものと見なされます。

カウント方法

AdWords では、すべてのコンバージョンをカウントするか、ユニーク コンバージョンのみをカウントするか選択でき、コンバージョン アクション(AdWords にインポートしたアナリティクスの目標とトランザクションを含む)ごとにカウント方法を設定できます。そして、そのカウント方法に基づいて、指定したトラッキング対象期間に発生したコンバージョンの合計数が AdWords の [コンバージョン] 列に表示されます。一方アナリティクスでは、すべての目標とトランザクションをカウントするため、データに相違が生じます。

「お客様登録フォームに情報を入力してもらう」ことをアナリティクスの目標として設定したとします。あるユーザーが広告をクリックした後、(それぞれ異なるセッションで)登録フォームに 2 回入力した場合、アナリティクスでは目標達成数が 2 件として表示されます。この目標データを AdWords にインポートしてカウント方法を [ユニーク] に設定すると、まとめて 1 つのコンバージョンとして表示されます。

無効なクリック
アナリティクスでは計上された目標が、AdWords アカウントへインポートした時点で除外されることがあります。これは、無効なクリックを検出する機能により、不審または無効と思われるクリックが記録から除外されるためです。
Cookie の有効期間
AdWords の Cookie はユーザーがクリックしてから 90 日で期限が切れますが、アナリティクスでは半年間有効な Cookie を使用します。Adwords コンバージョンのトラッキング対象期間は 7~90 日です。つまり、ユーザーが指定したトラッキング対象期間後にコンバージョンを完了した場合、コンバージョンは AdWords では記録されませんが、コンバージョンがクリック日から 6 か月以内に発生した場合はアナリティクスで記録されます。
目標データのインポートの遅れ
アナリティクスでコンバージョン データが発生してからコンバージョン トラッキングにインポートされるまでには、最大で 9 時間かかります。
アナリティクスの目標やビューの名前の変更
目標やビュー(アナリティクスのインポートする目標データを含むビュー)の名前を変更した場合は、新しい名前の目標がユーザーによって達成されて初めて、AdWords に新しい名前が反映されます。この変更が AdWords アカウントに反映されるまでには最大で 24 時間かかる場合があります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。