ポリシー違反への措置

アカウントの閉鎖につながった無効なトラフィックとポリシー違反

AdSense のお申し込みが不承認になった場合、対処方法についてはこちらのヘルプセンター記事をご覧ください。

また、無効なトラフィックやポリシー違反により、AdSense アカウントが一時的に停止された場合、アカウントの停止について詳しくは、こちらのヘルプセンター記事をご覧ください。

アカウントが無効となる理由についてご理解いただくために、無効なトラフィックポリシー違反が原因でアカウントが無効となる最も一般的な理由を下記にご紹介します。本文をお読みになることで AdSense のポリシーについての理解を深めていただき、お客様のアカウント(すべてのサイト、YouTube チャンネル、アプリ)で AdSense のポリシーを引き続き遵守していただきますようお願いいたします。ここでは最も一般的な理由のみを掲載しています。詳細については、AdSense プログラム ポリシーをご覧ください。

Google では、広告主様とサイト運営者様の双方にとって有益な優れたエコシステムを維持したいと考えています。サイト運営者様には責任を持って質の高いサイトとトラフィックを維持していただく必要があり、サイトから発生するトラフィックがポリシー違反あるいは不正とみなされた場合、AdSense やその他のサービスをご利用いただけなくなります。このようなトラフィックは、ネットワーク全体で広告主の方々の信頼性を低下させ、他の正当なサイト運営者様にも損害を与えることとなります。

無効なトラフィックのために AdSense アカウントが無効となる一般的な理由

すべて展開 すべて折りたたむ ご自身のサイトや YouTube チャンネル、アプリの広告をクリックしている
  • サイト運営者様がご自身のサイトや YouTube チャンネル、アプリの広告をクリックしたり、自動、手動の手段を問わず、広告の表示回数クリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。YouTube コンテンツに広告を掲載されているお客様には、ご自身の動画を再生する際は広告をスキップしていただく必要があります。これは、広告主の費用を不本意に増加させるのを防ぐためです。
  • サイトに表示される広告の情報を詳しく知りたい場合は、広告の URL をブラウザのアドレスバーに直接入力してください。
  • ランディング ページや広告の詳細を確認するには、広告をクリックせず、Google サイト運営者向けツールバーをご利用ください。このツールを使うと、無効なクリックを発生させることなく、ページに表示される広告のリンク先を確認できます。
  • AdMob のサイト運営者様やパブリッシャー様の場合は、テスト広告(AndroidiOS)を使用し、アプリで無効なクリックが発生しないようにしてください。

ご自身のサイトや YouTube チャンネル、アプリの広告をユーザーが繰り返しクリックしている

  • 自動、手動の手段を問わず、サイト運営者様が広告の表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。これには、実際に掲載されている広告での動作テストも含まれます。
  • 友だちや家族、同僚などにご自身の広告をクリックするよう促したり、依頼したりしないでください。テスターの方には、実際の広告をクリックしないように依頼してください。
  • サイトで広告をテストする場合は、Google サイト運営者向けツールバーをお使いください。このツールを使うと、無効なクリックを発生させることなく、ページに表示される広告のリンク先を確認できます。
  • YouTube チャンネルで広告をテストする場合は、広告主の費用を不本意に増加させるのを防ぐため、広告をスキップしてください。
  • AdMob アプリで広告をテストする場合は、テスト広告(AndroidiOS)を使用し、アプリで無効なクリックが発生しないようにしてください。
  • 他のユーザーに広告のクリックを依頼することはできません。これには、サイトや YouTube チャンネル、アプリの支持をユーザーに依頼する、広告をクリックしたユーザーに報酬を提供する、そのような行為を行う第三者に報酬を約束するなどの行為が含まれます。
自動ツールやボットを使ってトラフィックを増やしている
  • ボットや不正なソフトウェアなどを使ってインプレッションやクリックを故意に自動生成することは、禁止されています。自動生成のトラフィックは、サイト運営者様ご自身によるものである場合と、購入したトラフィックである場合が考えられます。トラフィック ソースを利用する場合は、必ず事前にそのトラフィック ソースの健全性を確認してください。また、サイトや YouTube チャンネル、アプリ内のリンクをチェックするプログラムにもご注意ください。これらのプログラムは広告リンクもクリックする可能性があります。
報酬提供型のトラフィック ソースを使用している
  • 報酬提供型のクリックやサーフィン、自動サーフィン、クリック交換プログラムなど、クリックやインプレッションを発生させる第三者サービスを使用することは禁止されています。
広告配信を操作している
  • 広告のターゲット設定を操作して収益の高い広告が配信されるようにすることは禁止されています。これには、サイトのコンテンツと関係のないキーワードをサイト内で使用して関連性のない広告が配信されるようにすることも含まれます。
  • 広告を iframe 内に配置することは禁止されています。こうした行為は禁止されているだけでなく、不適切な広告掲載によりレポートデータに矛盾が生じ、広告の実際の掲載場所を把握できなくなる可能性もあります。
広告の操作を通じてユーザーにサイトや YouTube チャンネル、アプリを支持するよう促している
  • 他のユーザーに広告の再読み込みやクリックを依頼することはできません。これには、サイトや YouTube チャンネル、アプリの支持をユーザーに依頼する、広告を表示したりクリックしたりしたユーザーに報酬を提供する、そのような行為を行う第三者に報酬を約束するなどの行為が含まれます。
  • AdMob では、第三者のメディエーション(AndroidiOS)を通じてリワード広告を利用できますが、通常の AdMob 広告で報酬を提供する行為は禁止されています。
紛らわしい方法で広告を掲載している、偶発的なクリックが起こるよう仕向けている
  • Google 広告のクリックを誘発するような行為は、いかなる方法であっても許可されません。これには次の内容が含まれますが、この限りではありません。
    • メニュー、ナビゲーション、ダウンロード用リンクといった他のコンテンツと間違えるような方法で広告を配置すること。
    • 広告のサイズを変更して、目に見えないサイズや見えにくいサイズにすること。
    • マウス操作やタップ操作の多いページや画面の要素に極端に近づけて広告を配置すること。紛らわしいとされる広告の配置方法については、ガイドラインをご確認ください。
  • 紛らわしいとされる広告の配置について詳しくは、広告の配置に関するポリシーをご覧ください。
  • ユーザーを騙して広告をクリックさせようとする操作に対する Google の取り組みについては、クリックジャッキングに関する AdSense ブログの記事をお読みください。
アプリケーションに広告を埋め込む
  • ツールバー、パソコン用アプリケーション、ブラウザの拡張機能などを含むソフトウェア アプリケーションに広告を埋め込むことは許可されません。また、クリックするつもりがないユーザーに偶発的にクリックさせるような方法で広告を掲載しているものであれば、第三者のサイトにホストされているアプリケーションも該当するとみなされる場合があります。モバイル用アプリに広告を掲載する場合は、AdMob SDK を使用する必要があります。また、動画や Flash コンテンツ内に広告を掲載する場合は、動画向け AdSense やゲーム向け AdSense の SDK をご利用ください。
無効なトラフィックによりアカウントがすでに無効になっている場合は、無効な操作が原因で AdSense アカウントが停止された場合をご覧ください。

トップへ戻る

ポリシー違反のために AdSense アカウントが無効となる一般的な理由

ポルノ、アダルト、成人向けコンテンツ
ユーザーが作成したコンテンツ
  • 規模の大きいサイトの場合、全ページを絶えず監視するのは大変な作業ですが、ご自身のコンテンツでもユーザーが作成したコンテンツでも、広告コードを含むすべてのページがプログラム ポリシーに準拠している必要があることを十分にご承知ください。
  • ヒントについては、ユーザーのコンテンツの管理に関するこちらのブログ記事をご覧ください。
ウェブマスター向けガイドラインに違反する
紛らわしい方法で広告を掲載する
  • 紛らわしいラベルを使用する、不本意なクリックに導く、作為的に目立たせる、紛らわしいレイアウトにするなどの方法で、無効なクリックを誘導することです。
    • Google 広告のクリックを誘発するような行為は、いかなる方法であっても許可されません。これには、メニュー、ナビゲーション、ダウンロード用リンクといったウェブサイトの他のコンテンツと間違えるような方法で広告を配置することも含まれています。
  • 詳細については、広告の掲載位置の最適化に関するこちらのブログの記事(英語)をご覧ください。
著作権侵害
  • 著作権法で保護されているコンテンツを含むウェブサイトには、そうしたコンテンツの表示やコンテンツへのアクセスの誘導に必要な法律上の権利を有していない限り、Google 広告を表示できません。著作権で保護されたコンテンツの例としては、MP3 や動画ファイル、テレビ番組、ソフトウェア、漫画、文学作品などがあります。サイト上のフレームまたはウィンドウ内に、他者のウェブサイトが表示されている場合、これは他者のコンテンツのフレーム処理と見なされます。このようなページに Google 広告を掲載することは固く禁止されています。
違法なコンテンツ
  • 形態にかかわらず、犯罪行為を宣伝または許可するサイトに Google 広告を掲載することはできません。これには、未成年者、非合意、違法な性行為、偽の法的文書の作成、詐欺行為を助長する契約書などの販売、偽造品やデザイナー商品の模倣品の製造方法に導くサイトやそのような方法を提供するサイトを含みますが、この限りではありません。
ポリシー違反によりアカウントがすでに無効になっている場合は、ポリシー上の理由により AdSense アカウントが無効となっている場合をご覧ください。

トップへ戻る

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。