改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

AdMob および AdSense のプログラム ポリシー

制限付き広告

Google では、EU ユーザーの同意ポリシーに基づく Cookie または他のローカル ストレージの使用に対する同意を取得していない場合でも、パブリッシャー様に広告を配信していただける制限付き広告(LTD)を導入しました(この機能は、エンドユーザーの同意がリクエストされなかった場合や同意が得られなかった場合でも、ポリシーに沿って使用することができます。ただし、地域の適用法令に基づいて、定められている通知および同意取得などの義務を遵守していることをご自身で確認していただく必要があります)。

この記事では、Google の制限付き広告配信ソリューションに関する制限およびサポートされている機能の概要を説明します。

Google の制限付き広告ソリューションでは、広告のパーソナライズを目的とする個人データの収集、共有、使用は無効になります。また、Google が Cookie やユーザー ID、またはユーザー デバイス上の同等のローカル ストレージにアクセスすることはありません。なお、IP アドレスなどのデータは、基本的な広告配信プロセスの中で引き続き使用されます。さらに、広告配信技術(Google の JavaScript タグまたは SDK コード、もしくはその両方)自体は、ユーザーのブラウザやモバイル オペレーティング システムの通常動作の一部としてキャッシュまたはインストールされるほか、広告クリエイティブは、従来と同じくデバイスに送信され、一部のものはキャッシュされます。

パブリッシャー様が IAB TCF v2.0 の同意フレームワークをご使用になっていて、目的 1 に対する同意は得ていないが、Google がベンダーとして目的 2、7、9、10 に対する正当な利益または同意に基づいて業務を行う許可を得ている場合に、Google は掲載可能な制限付き広告の配信を試みます。また、Google はユーザーの所在地にかかわらず、掲載可能な制限付き広告の配信を試みます。

現時点で、アプリ向けの制限付き広告は IAB TCF v2.0 フレームワークでのみサポートされます。

Cookie とローカル ID の使用

Google の EU ユーザーの同意ポリシーで定められているとおり、制限付きの広告では、モバイル デバイス ID を含めて Cookie またはその他のローカル ストレージの使用を必要とするすべてのパーソナライズおよび機能がすべて無効になります。そのため、次の機能は制限付きの広告では利用できません。

  • すべての広告のパーソナライズ
  • オーディエンス ターゲティング
  • 検索数の増加の測定
  • 調査での伸びの測定
  • リマーケティング
  • インタレスト ベース カテゴリ
  • 携帯電話会社のターゲット設定
  • 帯域幅のターゲティング
  • 以下を含むローカル ID に依存する機能:
    • コンバージョン トラッキングの指標
    • アプリ内コンバージョン トラッキング
    • ユニークリーチ測定
    • 「この広告をミュート」
    • 順次クリエイティブ ローテーション
    • 動画クリエイティブのローテーションとストーリーボード
    • 動画広告のルールとセッションの広告ルール
    • フリークエンシー キャップ
    • Cookie のリーチ、ユニークリーチ、アプリ内コンバージョンのレポート作成
    • 無効なトラフィックの検出
    • データ転送の特定の項目(User ID など)は使用できません
制限付き広告では、不正検出機能が通常どおり利用できない場合があります。パブリッシャー様には、制限付きの広告を配信するトラフィックでは無効なトラフィックのフィルタリング機能が低下する可能性があることを、広告主様にご案内されることをおすすめします。

広告掲載の要件

このサービスでは、最初に AdMob でメディエーション、アプリ、動画がサポートされます。制限付きの広告のシグナルが使用される場合、キャンペーンは AdMob で配信されません。

プログラマティック デマンドは、制限付き広告の対象外となります。これには、プログラマティック保証型取引、優先取引、プライベート オークション、Google デマンドソースおよび第三者デマンドソース(認定バイヤーと Open Bidding を含む)の公開オークションが含まれます。メディエーション チェーンの一部としての Google デマンドはサポートされていません。

AdSense(検索向け AdSense とコンテンツ向け AdSense)はサポート対象外で、今後も広告配信には Cookie 使用への同意が必要になります。

クリエイティブの要件

メディエーション

メディエーションについては、パーソナライズされていない広告がGoogle の EU ユーザーの同意ポリシーを遵守するためのツールを使用して有効化された場合、クリエイティブの制限は適用されません。また、このポリシーは、メディエーションを通じて配信される制限付き広告のクリエイティブにも適用されます。TCF v2.0 に基づき、Google では広告技術プロバイダおよびその他のプログラマティック デマンドソースが Google のポリシーに違反していないこと、およびデータ処理を実施するための法的根拠を少なくとも 1 つは有することを、メディエーションの順次処理に追加する前に確認します。

実装

制限付き広告を実装するための新しいユーザー インターフェース コントロールはありません。パブリッシャー様は、制限付き広告の処理を適用するかどうかを指定できます。

  • GMA SDK: パブリッシャー様は、プラットフォーム共有ストレージの gad_has_consent_for_cookies キーを使用して、AndroidiOS で制限付き広告を有効にできます。

IAB TCF v2.0 を使用しているパブリッシャー様の場合、TC 文字列に含まれる Cookie または ID の同意シグナル(目的 1)が優先されます。目的 1 に対する同意は得ていないが、Google がベンダーとして目的 2、7、9、10 に関する正当な利益または同意に基づいて業務を行う許可を得ている場合に、制限付きの広告がリクエストされます。

制限付き広告のリクエストについては、アプリ内コンバージョンに関するレポートは作成できません。制限付きの広告のインプレッションについてレポートを作成するには、配信制限ディメンションを使用します。

同意管理プラットフォームに必要な操作

ファンディング チョイスをご利用になっているパブリッシャー様の場合、IAB TCF v2.0 を使用して、目的 1 のオプトアウトが可能な同意メッセージの作成と表示を行うことができます。

他の IAB TCF v2.0 同意管理プラットフォーム(CMP)では、制限付き広告に対応するために必要な操作はありません。既存の TC 文字列には、適切な配信モードを選択するために必要な関連シグナルがすべて含まれているからです。広告技術プロバイダとして次の Google の条件を満たしている場合は、制限付きの広告が配信されます。

  • 目的 1、3、4 について同意を得ていない
  • その他の目的について、正当な利益を確保しているか同意を得ている

現在、アプリ向けの制限付き広告は IAB TCF v2.0 の同意フレームワークでのみサポートされます。パブリッシャー様がカスタムの同意ツールをご使用になっており、ユーザーがデバイス ID の使用に同意しなかった場合、現時点では IAB TCF v2.0 フレームワークの外で制限付きの広告のシグナルを送信する方法が存在しないため、広告リクエストを行わないようにしてください。

パブリッシャー様には、以下の広告配信モードをご利用いただけます。

広告配信モード パーソナライズド広告 パーソナライズされていない広告 制限付き広告
無効なトラフィックおよび不正防止 サポート対象 サポート対象 サポート対象外
Google からのプログラマティック デマンド サポート対象 サポート対象 サポート対象外
第三者の購入者からのプログラマティック デマンド サポート対象 サポート対象外 サポート対象外
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
「マイ AdMob ページ」- AdMob での成果向上に役立つパーソナライズされたヘルプページです。

マイ AdMob ページが新しくなりました。お客様ご自身のアカウントに関連する情報をご覧いただける、パーソナライズされたヘルプページです。このページを活用して、アカウントをより健全に保ったり、必要なセットアップが完了しているか確認したり、ご自身のアプリに合う最適化のヒントを得たりすることができます。引き続き今後の最新情報をご確認ください。

詳細

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73175
false
false