アド マネージャーで Ad Exchange のレポートを作成する

アド マネージャーのレポートで Ad Exchange の掲載結果を確認する

アド マネージャーで Ad Exchange のレポートを作成するにはいくつかの方法があり、それぞれの方法ごとに掲載結果を異なる視点で確認できます。このガイドでは、各レポートタイプと使用できるディメンションおよび指標を説明します。

「過去」レポートと「Ad Exchange の過去のデータ」レポートの違い

アド マネージャーには、Ad Exchange の掲載結果に関するレポートを作成する際に使用できる主なレポートタイプとして「過去」レポートと「Ad Exchange の過去のデータ」レポートの 2 つがあります。これらのレポートは表示されるデータがそれぞれ異なるため、使用するタイプを慎重に選ぶ必要があります。

  • 過去」レポートタイプでは、アド マネージャー ネットワークの Ad Exchange アクティビティについて確認できます。これには、リンク済みの Ad Exchange ネットワークを介してやり取りされたリクエストが含まれます。
  • Ad Exchange の過去のデータ」レポートタイプでは、主にメインの Ad Exchange アカウントのアクティビティについて確認できます。これには、他のアド マネージャー ネットワークや直接の Ad Exchange タグを介してやり取りされたリクエストが含まれます。
「過去」レポートと「Ad Exchange の過去のデータ」レポートを比較しないでください
これらのレポートに含まれるデータセットは大きく異なる可能性があります。アド マネージャーで Ad Exchange の掲載結果を他の広告申込情報や第三者エクスチェンジと比較する場合は、アド マネージャーの「過去」レポートタイプのみを使用してください。

各レポートタイプの内容

  メインの Ad Exchange アカウント すべてのリンク済み Ad Exchange アカウント Ad Exchange アカウントにリンクしている他のアド マネージャー ネットワークによって埋められたリクエスト 直接の Ad Exchange タグ経由の、アド マネージャーによって埋められなかったリクエスト
過去 Supported Supported
Ad Exchange の過去のデータ   Supported Supported Supported

レポートの指標とディメンションについて

アド マネージャーのレポートで使用できる以下のディメンションと指標には、Ad Exchange の掲載結果が反映される可能性があります。ただし、これらすべてに Ad Exchange のトラフィックと収益全体が反映されるわけではありません。たとえば、レポートでフィルタ条件に「収益パートナー - 次のいずれかに一致 - DoubleClick Ad Exchange」と指定すると、アド マネージャーの収益グループのオークションからのインプレッションのみがレポートに含まれます。

Ad Exchange イベントが含まれる項目

    レポートタイプ アド マネージャーの収益グループ 1 アド マネージャーの Ad Exchange 広告申込情報タイプ アド マネージャーの他の広告申込情報タイプの Ad Exchange タグ 2 直接の Ad Exchange タグ 3 アド マネージャーの優先取引 4
ディメンション デマンド チャネル - 次のいずれかに一致 - Ad Exchange 過去 Supported Supported
収益パートナー - 次のいずれかに一致 - DoubleClick Ad Exchange 過去 Supported
収益パートナー - 次のいずれかに一致 -(なし) 過去 Supported Supported Supported
指標 合計 過去 Supported Supported Supported Supported
Ad Exchange 過去 Supported Supported
広告サーバー 過去 Supported Supported
収益グループ 過去 Supported
標準 Ad Exchange の過去のデータ Supported Supported Supported Supported

1 エクスチェンジ入札モバイルアプリ向けメディエーションが含まれます。1 つ以上の収益グループがリクエストの対象となっている場合は、別の「Ad Exchange」広告申込情報も対象であってもインプレッションはここに表示されます。
2 サイト運営者によっては、Ad Exchange 以外の広告申込情報タイプ(価格優先など)を使用して、アド マネージャーで Ad Exchange タグを入稿していることがあります。他の広告申込情報タイプを使った Ad Exchange タグの入稿をおすすめしない理由
3 直接の Ad Exchange タグは、第三者広告サーバーか、直接ウェブまたはモバイルのコンテンツで入稿できます。
4 アド マネージャーの優先取引はメインの Ad Exchange ネットワークを介して行われますが、アド マネージャー広告サーバーの広告枠とみなされ、Ad Exchange のレポートからは除外されます。

エクスチェンジ入札での Ad Exchange の掲載結果

アド マネージャーの「過去」レポートタイプで、「デマンド チャネル」と「収益パートナー」のディメンションを合計と収益グループの各指標とともに使用すると、エクスチェンジ入札とそれ以外での Ad Exchange の掲載結果を確認できます。

エクスチェンジ入札以外の取引

  • デマンド チャネル - 次のいずれかに一致 - Ad Exchange、収益パートナー - 次のいずれかに一致 -(なし)

エクスチェンジ入札の取引

  • デマンド チャネル - 次のいずれかに一致 - Ad Exchange、収益パートナー - 次のいずれかに一致 - DoubleClick Ad Exchange

レポートの例

デマンド チャネル 収益パートナー 合計インプレッション 全体の CPM、CPC、CPD、vCPM 収益 収益グループのインプレッション数 収益グループの見積もり収益額
Ad Exchange (なし) 500,000 $5,000 0 $0.00
Ad Exchange DoubleClick Ad Exchange 100,000 $1,000 100,000 $1,000
エクスチェンジ入札 エクスチェンジ 1 80,000 $80 80,000 $80
エクスチェンジ入札 エクスチェンジ 2 30,000 $30 30,000 $30
合計(4 行) 710,000 $6,110 210,000 $1,110

上記のアド マネージャーの「過去」レポートの例では、Ad Exchange の掲載結果は 1~2 行目に、第三者エクスチェンジのインプレッションと収益は 3~4 行目に表示されています。

  • 1 行目: アド マネージャーの収益グループ以外での Ad Exchange 配信。アド マネージャーの「Ad Exchange」広告申込情報を介して取引されます。
  • 2 行目: エクスチェンジ入札またはメディエーションによるアド マネージャーの収益グループでの Ad Exchange 配信。1 つ以上の収益グループがリクエストの対象となっている場合は、別の「Ad Exchange」広告申込情報も対象であってもインプレッションはここに表示されます。

エクスチェンジ入札と他の第三者エクスチェンジについて Ad Exchange の掲載結果を比較するには、2 行目と 3、4 行目を比較します。

エクスチェンジ入札を介した Ad Exchange 配信は、「Ad Exchange の過去のデータ」レポートにも含まれます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。