ターゲティングについて


 新しい入稿操作
新しい入稿画面の仕様変更について

この記事で説明する手順は、新しい入稿画面でのものです。従来の入稿画面をご利用の場合は、こちらのメモボックスで従来の入稿手順や操作方法をご確認ください。

従来の入稿操作

従来の入稿画面での手順や操作方法です。

アド マネージャーの変更点や改善点については、Google アド マネージャーの変更点Google アド マネージャーの改善点をご覧ください。

多くの場合、広告主や購入者はキャンペーンで特定のオーディエンスやユーザー層にリーチしたいと考えています。ターゲティング機能を使うと、広告主や購入者の目標に合わせて、広告の掲載方法や場所を定義する式を作成することができます。ターゲットは幅広く設定することも、細かく設定することも可能です。詳しくは、さまざまな式を使ったターゲティングについての説明をご確認ください。

通常、ターゲティングは広告申込情報またはプロポーザル広告申込情報に適用されます。また、保護機能統一価格設定ルールでターゲティングを適用することもできます。これらは、公開オークションの広告枠の管理に役立つ機能です。アド マネージャーのどのセクションで設定する場合も、ターゲティングの概念と動作は同じになります。

ターゲティングの制限

ユーザー個人を特定できるデータ(名前、住所、ユーザー ID など)をターゲティング条件として扱うことはできません。こうした情報は適切なエンコード方法を使ってマスクする必要があります。その場合は、広告申込情報を設定する広告担当者が、値のデコード方法を理解している必要があります。

アド マネージャーでお客様のサイトの Cookie が読み取られたり、アド マネージャーからお客様のウェブシステムに接続が行われたりすることはありません。ウェブページからアド マネージャーに情報を渡す唯一の手段は JavaScript タグです。情報はユーザーとともに保存されないため、ページごとに Google アド マネージャーに渡す必要があります。

Google アド マネージャーでは、他のサイト運営者やパブリッシャーと情報が共有されることはありません。そのため、ターゲティング用にユーザー属性データが蓄積されることはありません。

主な概念

基本となる概念をいくつかご紹介します。

ターゲティング タイプ

ターゲティング タイプとは、ターゲティング要素の最上位にあるカテゴリです。ターゲティングを選択するときに表示される最初のリストです。よく使われるターゲティング タイプや重要なターゲティング タイプは次のとおりです。

広告枠

広告枠は、広告枠、アプリ、その他のデジタル プロパティの構造を定義したものです。特定の広告枠(広告ユニットやプレースメント)に広告を配信するには、その広告枠をターゲティングします。

ネットワーク掲載ターゲティング

「ネットワーク掲載」とは、ネットワーク内のすべての広告枠をターゲティングすることを意味します。ネットワーク掲載キャンペーンの広告は、ウェブサイトやアプリのどこにでも掲載できます。広告申込情報(および値をターゲティングできるその他の項目)は、デフォルトではネットワーク掲載となります。ネットワーク掲載ターゲティングは、自社広告やダイナミック アロケーションの広告申込情報を配信する場合に効果的です。

広告枠を追加したり除外することで、より細かいターゲティングが可能です。

広告枠を追加する

広告枠を追加するには:

  1. 広告申込情報を作成する際に、[ターゲティングを追加] で [広告枠] をクリックします。

  2. 目的のアイテムまで移動するか文字を入力して絞り込み、追加する広告ユニットまたはプレースメントのそれぞれの横にある [追加] をクリックします。これで、広告申込情報は選択した広告枠ユニットに配信可能になります。

ネットワークで広告ユニット階層を有効にしている場合、広告申込情報ではランディング ページのみをターゲティングしてサブセクションをターゲティングしないようにするか、サブセクションのみをターゲティングしてランディング ページをターゲティングしないようにするかのいずれかのみが可能です。詳細

プレースメントに含まれていない広告枠もターゲットに追加できます。

  1. ターゲティングで [戻る] をクリックします。

  2. [広告ユニット] の横にある [追加] をクリックします。

広告枠を除外する

広告申込情報のターゲットをネットワーク掲載(RON)のままにしている場合も、ターゲットとして特定の広告枠を追加した場合も、広告枠を除外することができます。広告枠の除外機能が特に役立つのは、プレースメントをターゲットにして、その中の一部の広告ユニットを除外したい場合です。広告申込情報は、除外した広告枠ユニットに配信できなくなります。

プレースメントに含まれていない広告枠も追加することができます。

  1. 広告申込情報を作成する際に、[ターゲティングを追加] で [広告枠] をクリックします。

  2. 目的のアイテムまで移動するか文字を入力して絞り込み、矢印をクリックして、除外する広告ユニットの横の [除外] をクリックします。

プレースメントまたは広告ユニットを少なくとも 1 つ追加してください。

カスタム ターゲティング

カスタム Key-Value、オーディエンス、コンテンツ メタデータのターゲティングで帯域幅、地域、オペレーティング システムなどのシステム定義の条件を指定するには、この方法を使用します。

カスタム ターゲティングの値をまとめて追加する場合はカンマで区切ります(例: 「1,2,3」)。また、プルダウンに表示されない値を完全一致で検索する場合もカンマを使用できます。たとえば、「1」という値を探しているものの、200 件の表示制限によってプルダウンに表示されない場合、「1,」と入力します。

Key-Value はアド マネージャーで設定した後に広告タグに含めます。ターゲットに Key-Value を設定している広告申込情報は、その Key-Value を含んでいるウェブサイト上の広告タグに配信されます(広告申込情報のその他すべてのターゲティング条件がその広告タグと合致するものと想定した場合)。

同じ広告申込情報で、カスタムのターゲティング キーと動的なターゲティング キーの両方を使用することができます。ただし、個々のターゲティング キーは、カスタムまたは動的のどちらかとしてのみ設定可能です。

従来の入稿操作

従来の「Key-Value とオーディエンス」と「Key-Value、オーディエンス、CMS メタデータ」の項目は、[カスタム ターゲティング] として 1 つにまとめられました。

地域

広告申込情報で地域をターゲティングできます。具体的には、国、地域(州、都道府県など)、米国の Nielsen DMA 地域(指定マーケット エリア)、都市をターゲットに設定できます。ここでは場所を検索するか、国のリストを参照して、ターゲットとする場所を指定します。たとえば、「country=France AND city=Paris」のようにターゲットを設定できます。また、場所を除外することも可能です。たとえば、「country=France AND city!=Paris」と指定すると、パリを除くフランス国内をターゲットにできます。

デバイス

広告申込情報でユーザーのデバイスタイプや使用ブラウザをターゲティングできます。

  • ブラウザ:(モバイルアプリには適用されません)Android、Firefox、Google Chrome、Microsoft Internet Explorer など。

    • 特定のブラウザの全バージョンをターゲットに設定する場合: [ブラウザ名(x.x)] を選択します。たとえば、Google Chrome ブラウザのすべてのバージョンをターゲットに設定するには、[Google Chrome(x.x)] を選択します。
    • 特定のブラウザの特定のバージョンの範囲をターゲットに設定する場合: [ブラウザ名(バージョン番号.x)] を選択します。たとえば、[Firefox(40.x)] を選択した場合、ブラウザのバージョン 40 とそのすべてのマイナー リリースが対象となりますが、バージョン 41 は対象となりません。
    • 特定のブラウザの不明なバージョンをターゲットに設定する場合: [ブラウザ名(不明.不明)] を選択します。既知のバージョンに該当しないブラウザのバージョンが存在することがあります。たとえば、[Safari(不明.不明)] を選択した場合、Safari と見なされるものの既知のバージョンに該当しないブラウザが対象となります。
    • リストにない不明なブラウザをターゲットに設定する場合: [不明] を選択します。
  • ブラウザ言語:(モバイルアプリには適用されません)中国語、英語、イタリア語、ドイツ語など。

    ブラウザに複数の言語が割り当てられている場合、それぞれの言語でインプレッションが発生します。したがって、レポートで「ブラウザ言語」に関連付けられるインプレッション数は、広告申込情報の合計インプレッション数よりも多くなります。

  • デバイス スペック: MRAID v2、通話、モバイルアプリ

    モバイルアプリではアプリ内リクエストのみがターゲットとなります。アプリ内のウェブ表示リクエストは通常のモバイルウェブ リクエストとして扱われるため、個別にターゲットに設定することはできません。

  • デバイス カテゴリ: パソコン、タブレット、スマートフォン、フィーチャー フォン、セットトップ ボックス(STB)、インターネット テレビ(CTV)

  • 製造元 / デバイス: Apple、BlackBerry、Ericsson、HTC、Xiaomi、その他。

  • オペレーティング システム: Android、Apple iOS、Linux、Macintosh、Microsoft Windows など。

これまでインターネット テレビはデスクトップ広告枠に分類されていましたが、個別のデバイス カテゴリとしてターゲットに設定したり、除外したりすることができるようになりました。レポートでも、個別のデバイス カテゴリとして分類されます。なお、インターネット テレビとして分類されるのは、適切なユーザー エージェントを使用するデバイスに限られます。

接続

広告申込情報でユーザーの帯域幅、携帯通信会社、ユーザーのドメインをターゲティングできます。

  • 帯域幅: ケーブル、DSL など。
  • 携帯通信会社: AT&T、02 など。
  • ユーザーのドメイン: 広告申込情報では、ユーザーがインターネットにアクセスするときに使用するインターネット サービス プロバイダ(ISP)のドメインやサブドメインのみを広告のターゲットに設定できます。たとえば、stanford.edu をターゲットに設定した場合は、スタンフォード大学の学生と教職員のみがターゲットになります。google.com をターゲットにした場合は、Google の社員のみがターゲットになります。ドメインにはトップレベル ドメイン(edugov など。ドットは含めません)と、サブドメイン(stanford.eduusa.gov など)を指定できます。次のような値は無効です。
    • http://www.psychology.berkeley.edu
    • www.usa.gov
    • .edu

モバイルアプリ

Google Play ストアや Apple App Store で登録したモバイルアプリを選択します。

詳しくは、ターゲティング用にアプリを登録するをご確認ください。

動画

一部の動画機能は、ネットワークで有効になっていない場合があります。詳しくは、アカウント マネージャーにお問い合わせください。

アウトストリーム動画ではインストリームのターゲティング設定は使用されないため、アウトストリームのリクエストは、それらのターゲティング設定が指定されていない場合にのみ対象となります。動画内の特定位置などによるターゲティング、コンテンツまたはメタデータ ターゲティングを追加している場合、アウトストリームのリクエストは対象外となります。

コンテンツ ターゲティング

コンテンツ所有者は、特定の動画コンテンツを広告のターゲットとして設定することで、動画コンテンツの収益を拡大できます。

詳しくは、動画コンテンツ ターゲティングについての説明をご確認ください。

位置ターゲティング

コンテンツの所有者は、動画内の特定位置(プレロール、ミッドロール、ポストロール、バンパー)を広告のターゲットに設定できます。動画内の特定位置をターゲットに指定していない広告申込情報は、広告ルールで指定された動画内のどの位置にでも配信可能として広告サーバーで処理されます。

詳しくは、動画内の特定位置のターゲティングについての説明をご確認ください。

リクエスト フォーマット ターゲティング

動画広告申込情報でリワード広告枠にのみ配信するようにターゲティングできます。

リクエスト プラットフォーム ターゲティング

動画広告申込情報は、従来の動画プレースメント(プレーヤー)と、アウトストリーム プレースメント(記事内動画広告とインフィード動画広告リワード動画広告インタースティシャル動画広告を含む)の両方に配信できます。プラットフォームは自由に組み合わせてターゲティングできます。特定のプラットフォームをターゲットに設定していない広告申込情報は、広告ルールで指定されたどのプラットフォームにも配信可能として広告サーバーで処理されます。

詳しくは、リクエスト プラットフォーム ターゲティングについての説明をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。