在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

ダウンロード、ログイン、読み込み

3. データの読み込み

Google Workspace Sync for Microsoft Outlook

Google Workspace Sync for Microsoft Outlook(GWSMO) を使用すると、次の移行元の環境から Google アカウントに Outlook のデータを読み込むことができます。

  • 既存の Outlook プロファイル
  • Microsoft Exchange プロファイル(Exchange をご利用の場合)
  • Outlook から書き出されたデータを含む PST ファイル

オプション 1: データを読み込む準備ができている場合

  1. [Google Workspace Sync for Microsoft Outlook を設定] ボックスで [既存のプロファイルからデータをインポートする] チェックボックスをオンにします。次のいずれかを選択します。
    • 既存の Outlook プロファイル(デフォルト)
    • Exchange プロファイルが表示されている場合は、そのプロファイル名を選択して Exchange から直接読み込みます。
    • データを Outlook から PST ファイルに書き出してある場合は、[PST ファイルから] を選択し、パソコン上のファイルを参照します。

    : 設定がグレー表示されて使用できない場合、データを読み込むには別のツールをインストールする必要があります。詳しくは、読み込みの設定を有効にするをご覧ください。

  2. 該当するチェックボックスをオンにし、読み込むデータの種類を指定します。詳しくは、Outlook と Google Workspace の間で同期されるアイテムをご覧ください。
  3. (省略可)[Google にクラッシュ レポートと使用状況に関する統計情報を送信する] チェックボックスをオンにします。送信される情報について詳しくは、使用統計情報とクラッシュ レポートを送信するをご覧ください。
  4. [詳細設定を表示] をクリックします。
  5. [自動アーカイブをオフにする] チェックボックスをオンにし、アーカイブ済みのすべてのメールのコピーを保持するように設定します。

    これで、アーカイブ済みのメールが Google アカウントと同期された新しい [アーカイブ済み] フォルダに移動されます。

  6. [プロファイルを作成] をクリックします。

オプション 2: データを読み込む準備ができていない場合

後でデータを読み込む場合は、Outlook の使用を開始するに進みます。データを読み込む準備ができたら、Outlook のデータを後で読み込む手順に沿って読み込みます。

オプション 3: すでにデータを読み込んでいる場合

すでに Google アカウントにデータを読み込み済みである場合は、同じデータを再び読み込まないようご注意ください。再び読み込むと、カレンダーの予定、連絡先、メモに重複が発生する可能性があります。Outlook の使用を開始するに進みます。

データを読み込むときに役立つ情報

すべて開く   |   すべて閉じる

読み込み処理の仕組み

連絡先、カレンダー データ、メールの順に読み込みが行われます。連絡先とカレンダーの予定は Outlook に直接読み込まれ、Outlook を起動したときにウェブ上で Google アカウントと同期されます。一方、メールは Gmail に直接読み込まれ、Outlook を起動する前でもウェブ上で利用できます。

読み込みにかかる時間

メールなどのデータ量に応じて、読み込み処理が完了するまでに数時間かかることがあります。必要であれば、読み込み処理が完了する前に Outlook を起動して、Google アカウント(Google Workspace プロファイル)で作業することも可能です。

読み込み処理を一時停止する方法

読み込みを一時的に停止するには、[移行を一時停止] をクリックします。一時停止した箇所から読み込みを続行するには、[移行を再開] をクリックします。

読み込み処理を再開する方法

[キャンセル] をクリックした場合やパソコンの電源を切った場合など、読み込みが意図的に中断された場合は、読み込み処理を再実行できます。その際、データを重複して読み込まないように、[以前にインポートしたことがないデータのみをインポート] を選択します。詳しくは、Outlook のデータを後で読み込むをご覧ください。

読み込み中にインターネット接続が切断された場合

インターネット接続が切断された場合など、読み込みが意図せずに中断された場合は、接続が回復すると読み込みが再開されます。それ以外の場合は、手動で新たに読み込みを開始する必要があります。その際、データを重複して読み込まないように、[以前にインポートしたことがないデータのみをインポート] を選択します。詳しくは、Outlook のデータを後で読み込むをご覧ください。

読み込み処理を確認する方法

なんらかのエラーが発生したかなど、読み込み処理のステータスを確認するには、[移行ログファイル] をクリックして現在の読み込みに関するログファイルを開きます。

読み込みのログファイルは、次の場所にすべて保存されています。

  • Windows 7 以降 - C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Google Apps Migration\Tracing\
  • それより前のバージョンの Windows - C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Local Settings\Application Data\Google\Google Apps Migration\Tracing\

 

次のステップ: Outlook の使用を開始できます。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false