Essentials をキャンセルする

的確な手順をご覧いただくには、削除予定のアカウントにログインする必要があります。

組織の G Suite Essentials のサブスクリプションをキャンセルすると、以下のようになります。

  • チームや組織で G Suite Essentials を使用できなくなります。
  • G Suite Essentials サービスで新たな料金が発生しなくなります。
    重要: 前回のお支払い以降のサービス利用に対する料金が請求されることがあります。詳しくは、以下の説明をご覧ください。
  • 24 時間以内にドメインが解放されて、新しい Google アカウントで使用できるようになります。そのためには、管理コンソールで管理しているすべてのサブスクリプションをキャンセルする必要があります。

キャンセルする前に

G Suite Essentials をキャンセルして組織の Google アカウントを削除すると、ユーザーデータとお支払い記録が削除され、復元できなくなります。このため、事前に次の作業が必要になる場合があります。

ユーザーデータを保存する

Essentials のドキュメント

Essentials サブスクリプションをキャンセルする際、または組織の Google アカウントを削除する際は、ドライブ内の保持したいファイルを事前にダウンロードしておいてください。Essentials またはご利用のアカウントを削除すると、ドライブ内のすべてのファイルが削除されます。

メールアドレスの所有権を証明済みの Essentials をキャンセルする際は、事前に共有ドライブ内の必要なデータを保存しておいてください。

ユーザーデータのダウンロードと書き出しには、データ エクスポート ツールの利用をおすすめします。

その他の Google データ

サブスクリプションを解約して組織の Google アカウントを削除する前に、保持したい他の種類のアセットを書き出すか、オーナー権限を移行しておいてください。たとえば、サブスクリプションを解約してアカウントを削除すると、YouTube チャンネルと Google 広告アカウントも削除されます。詳しくは、重要なファイルやデータを譲渡するをご覧ください。

Google Cloud Platform(GCP)のプロジェクトを保存する

サブスクリプションを解約して組織の Google アカウントを削除すると、Google Cloud Platform 組織とそのすべてのリソースが削除されます。Google Cloud Platform のプロジェクトを保持するには、そのプロジェクトのオーナー権限を組織外のユーザーに移行してください。詳しくは、Cloud Platform のサポートについてのページをご覧ください。

お支払い記録を保存する(推奨)

組織の Google アカウントを削除した後にお支払い記録にアクセスすることはできません。アカウントを削除する前に、お支払い領収書を印刷して毎月の請求書を保存してください。

Marketplace アプリを削除する

組織の Google アカウントを削除する前に、Google Workspace Marketplace からインストールしたアプリをすべて削除する必要があります。

Marketplace アプリがインストールされているかどうかを確認するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace Marketplace アプリ] にアクセスします。
  3. 必要に応じて、Marketplace アプリを削除します。

G Suite Essentials のサブスクリプションをキャンセルする

G Suite Essentials で使用するドメインの所有権確認を行っているかどうかに応じて、該当する手順を確認してください。

ドメインの所有権確認によるサブスクリプションをキャンセルする

以下の手順を行うと、ドメインの所有権確認によるサブスクリプションがキャンセルされ、G Suite Essentials サービスについての以降の料金の請求が停止されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。
  3. G Suite Essentials のサブスクリプションの横にある [アクション] 次に [サブスクリプションをキャンセル] をクリックします。
    キャンセル後の料金についてご確認ください。
  4. [ご購入手続き] をクリックします。
  5. チェックボックスをオンにして、アカウントを削除することを確定します。
  6. [このサブスクリプションを削除] をクリックします。

管理コンソールからログアウトされます。次にログインする際に、引き続き組織の Google アカウントを維持し、管理コンソールを使用できるように Cloud Identity(無償版)の利用規約に同意することを求められます。

他のサブスクリプションを利用している場合

G Suite Essentials をキャンセルした後でも、管理コンソールで他のサブスクリプションを管理している場合は、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • 管理コンソールで他のサブスクリプションの管理を続ける
  • 組織の Google アカウントを削除する - すべてのサブスクリプションをキャンセルする必要があります。これにより、24 時間以内にドメインが解放されて新しい Google アカウントで使用できるようになります。組織の Google アカウントを削除する手順を行ってください。
  • 既存のアカウントで新しい G Suite Essentials のサブスクリプションを開始する - 組織アカウントの削除から30 日後に新しい G Suite Essentials のサブスクリプションを追加できます。アカウントに G Suite サービスを追加する手順を行ってください。
メールアドレスの確認によるサブスクリプションをキャンセルする

以下の手順を行うと、メールアドレスの確認によるサブスクリプションがキャンセルされ、G Suite Essentials サービスについての以降の料金の請求が停止されます。キャンセルする際は以下のどちらかを選択できます。

  • データを保存するか削除するか。
  • 組織の Google アカウントを保持するか削除するか。

アカウントを削除すると、24 時間以内にドメインが解放され、新しい Google アカウントで使用できるようになります。

キャンセル方法

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。
  3. サブスクリプションをクリックします。
  4. 左側にある [サブスクリプションをキャンセル] をクリックします。
    キャンセル後の料金についてご確認ください。
  5. キャンセルの理由 次に [次へ] を選択します。
  6. サブスクリプションをキャンセルした後にどのように処理するかを選択します。
    すべてのチームデータとアカウントを削除し、ユーザーデータは保持する

    [ユーザーがデータを保持できるようにして、組織のアカウントを削除する] を選択します。

    マイドライブ内のすべてのユーザーデータは、管理対象外の一般ユーザー向けアカウントに変更されたユーザー アカウントに残ります。共有ドライブ内の組織のデータと組織のアカウントは、すべて削除されます。キャンセル時に G Suite Essentials のデータを削除しないよう Google に伝えます。同時に管理者はデータを所有および管理する権利をすべて放棄することに同意します。この操作は元に戻せません。

    管理コンソールからログアウトされて G Suite のホーム画面に戻り、管理コンソールにログインできなくなります。

    90 日以内にすべてのチームデータとユーザーデータを削除する(後でアカウントを削除することも可能)

    [ユーザーのデータを削除する] を選択します。

    マイドライブ内のユーザーデータと共有ドライブ内の組織データがすべて削除されます。削除は 90 日以内に行われ、この期間中ユーザーはドライブにアクセスできません。データの削除が完了したら、組織のアカウントを削除できます。組織のアカウントを削除すると、すべてのユーザー アカウントは一般ユーザー向けのアカウントに変更されて管理対象ではなくなります。また、ユーザーは再びドライブにアクセスできるようになります。

    アカウントを維持して引き続き管理コンソールを利用できるように、Cloud Identity (無償版) の利用規約に同意することを求められます。

    すべてのチームデータとユーザーデータを直ちに削除する(後でアカウントを削除することも可能)
    1. キャンセル手続きを中止します。
    2. データ エクスポート ツールを使用して、いずれかの方法でデータへのユーザーのアクセス権を削除します。
      • すべてのデータを自分宛てに転送します。
      • 一括削除機能を使用し、データを自分宛てに転送します。
    3. キャンセル手続きを再開し、手順 6 で [ユーザーがデータを保持できるようにして、組織のアカウントを削除する] をオンにします。
  7. アカウントに関連付けられているメールアドレスを入力します。
  8. [サブスクリプションを解約] をクリックします。
  9. ステータス メッセージが表示された場合は、[閉じる] をクリックします。

まだ組織の Google アカウントを削除していない場合

次のいずれかを行います。

  • 組織の Google アカウントを削除する。これにより、24 時間以内にドメインが解放されて新しい Google アカウントで使用できるようになります。組織の Google アカウントを削除する手順を行ってください。
  • 既存のアカウントで新しい G Suite Essentials のサブスクリプションを開始する - 組織アカウントの削除から 30 日後に新しい G Suite Essentials のサブスクリプションを追加できます。アカウントに G Suite サービスを追加する手順を行ってください。

よくあるご質問

管理コンソールにアクセスできない場合は、どうすればよいですか?
クレジットを払い戻すことはできますか?

はい。サブスクリプションのキャンセル後にクレジットが残っている場合は、払い戻しをリクエストしてください。

解約後の請求について

サブスクリプションを解約すると、アカウントの未払い料金が翌月の初めに請求されます。金額は、ご利用になっていたサービスとお支払いプランに基づいて計算されます。

  • フレキシブル プラン - サービスをご利用いただいた日数分の料金をお支払いいただきます。たとえば、今月の 15 日に解約すると、半月分の料金が請求されます。
  • 年間 / 定期プラン - 契約期間の残存期間分の料金をお支払いいただくことになります。
  • Essentials - その月の各アクティブ ユーザーの 1 か月分の料金をお支払いいただきます。詳しくは、Essentials ご利用料金お支払いの仕組みをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。