グループのアクセス設定を編集する

管理者は、Google 管理コンソールでグループのアクセス設定を編集できます。アクセス設定を使用すると、どのグループ メンバーにグループ内でどのような操作を許可するかを、役割や組織の共有オプションに基づいて管理できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[グループ] にアクセスします。

    [グループ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. グループの名前をクリックします。
  4. [設定] で [アクセス設定] をクリックします。
  5. [アクセスタイプ] で、表のセルをクリックしてアクセス設定を変更します。
    設定 ユーザーに以下を許可
    オーナーに連絡 グループのオーナーの役割が割り当てられているユーザーに連絡できます。
    メンバーを表示 グループに属している他のメンバーを確認できます(アクセス権は共有オプションによって異なります)。
    トピックを表示 グループで作成されたトピックをブラウジングできます(アクセス権は共有オプションによって異なります)。トピックとは、テーマまたは複数の投稿から成るディスカッションのことです。
    投稿を公開 グループにメッセージを送信できます。

    メンバーを管理

    グループに参加するユーザーを追加または招待し、メンバーのリクエストを承認または拒否できます。
    • アクセス権を削除するには、チェックマークが表示されているセルをクリックします。
    • アクセス権を追加するには、空のセルをクリックします。
    • 薄い色のセルは変更できません
    • 濃い色のセルは変更できます
  6. [グループに参加できるユーザー] でオプションを選択します。
    [グループに参加できるユーザー] の設定 ユーザーに以下を許可
    組織内のすべてのユーザーがリクエストできる グループを見つけて、参加をリクエストできます。
    組織内のすべてのユーザーが参加できる 自分自身をグループに追加できます。
    招待されたユーザーのみ 招待された場合にのみ、グループに参加できます。
  7. 組織でビジネス向け Google グループが有効になっている場合は、[組織外のメンバーの許可] をオフまたはオンにします。この設定では、ユーザーに Google グループで作成したグループへの外部メンバーの追加を許可するかどうかを設定できます。

    : 管理者は、管理コンソールを使用して、いつでもグループに外部のメンバーを追加できます。

  8. [保存] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。