カレンダーの相互運用を設定する

Exchange ユーザーにカレンダーの空き情報の参照を許可する

次に、Google カレンダーの空き情報の共有を設定して、Microsoft Exchange ユーザーが Google カレンダー ユーザーの空き情報を確認できるようにします。

Google Workspace ドメインにエイリアスを設定している場合は、続行する前にそのユーザー エイリアス ドメインの設定が正しいことをご確認ください。詳しくは、ユーザー エイリアス ドメインを使用するかどうかを決定するをご覧ください。

Google カレンダーの空き情報の共有を設定する

すべて開く   |   すべて閉じる

手順 1: Google Workspace ユーザーを設定する

各 Google Workspace ユーザーが次の要件を満たしていることを確認します。

  1. Google カレンダーが有効になっている Google Workspace アカウントを持っている。詳細
  2. Exchange サーバーにメール連絡先がある。これにより、Exchange は Google から空き時間情報を取得します。メール連絡先の作成について詳しくは、Microsoft のこちらの記事をご覧ください。

    : Google Workspace ユーザーのメイン カレンダーだけでなく、グループ カレンダーカレンダー リソース(Exchange でも表示できるようにする場合)用にも Exchange のメール連絡先を作成できます。

  3. Exchange のメール連絡先のアドレスに送信されたメールが、ユーザーの Google Workspace アカウントの Gmail アドレスに配信されている。
  4. メール連絡先が Exchange のグローバル アドレス一覧(GAL)に表示されている。ここに表示されていれば、会議を設定するときにユーザーの検索が可能です。Microsoft PowerShell と Google Directory API を組み合わせることで、連絡先の追加をスクリプト化できます。
  5. Google Workspace ユーザーが Exchange メールボックスも持っている場合は、メールボックスが GAL に表示されていないことを確認する。非表示にしておくことで、他のユーザーがそのユーザーを会議に招待するときにメール連絡先が選択され、関連のカレンダーの空き情報が表示されます。

: ユーザー エイリアス ドメインを使用している場合は、Exchange のメール連絡先にプライマリ ドメインとユーザー エイリアス ドメインの両方のメールアドレスが含まれていることを確認してください。メインのメールアドレスにはユーザー エイリアス ドメイン(例: jsmith@googleworkspace.altostrat.com)を使用する必要があります。これにより、そのユーザーのエイリアス ドメインを使用して空き情報の参照が Google Workspace にルーティングされるようになります。セカンダリ アドレスには、プライマリ ドメイン(例: jsmith@altostrat.com)を使用する必要があります。これにより、Exchange ユーザーが GAL を検索してこのメールアドレスを見つけてメールを送信できるようになります。

手順 2: インターネット接続を有効にする

Exchange サーバーが Google サーバーと通信できるように、送信インターネット接続を有効にします。

手順 3: Google のロール アカウントを作成する

Exchange サーバーは、カレンダー ユーザーの空き情報を取得するために、ロール アカウントを使用して Google Workspace にアクセスします。このアカウントは標準のユーザー アカウントで、カレンダーの相互運用にのみ使用します。

  1. Google Workspace でユーザー アカウントを作成します。これが Google のロール アカウントで、Exchange が Google カレンダー ユーザーの空き情報にアクセスする際に使用するものです。Google カレンダーの予定を Exchange ユーザーに表示するには、その予定を Google のロール アカウントと共有する必要があります。このアカウントが無効にされたり削除されたりすることがないようにしてください。
  2. このアカウントに対して Google カレンダーを有効にします。さらに、このアカウントに予定の有無または予定の詳細情報へのアクセス権があり、このアカウントでドメイン内のすべてのユーザーの空き情報を参照できることを確認します。

    予定の詳細情報の参照が機能するためには、Google カレンダーの予定の詳細へのアクセス権が Google のロール アカウントに付与されている必要があります。権限を設定する場合、Google のロール アカウントの設定を、カレンダーの相互運用設定と一致させる必要があります(最も低い権限セットが有効になります)。

  3. Exchange 認証情報生成 を開きます。

    この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  4. [I understand that regenerating these credentials will revoke any old credentials for the Google Role Account] チェックボックスをオンにします。
  5. [Generate new credentials] をクリックします。
  6. ログイン画面が表示されたら、上記の手順で作成した Google のロール アカウントでログインし、認証情報を生成します。現在のユーザー アカウントでログインしないようご注意ください。
  7. Google のロール アカウントでログインしたら、利用規約を確認して [Allow] をクリックします。
  8. [Download] をクリックして、生成された認証情報を取得します。この認証情報は Exchange に可用性アドレス スペースを追加する際に必要になりますので、保存します。

重要

  • 認証情報をダウンロードできるのは 1 回のみとなりますので、保存したファイルは安全な場所に保管してください。
  • Google のロール アカウントに新しい認証情報を生成すると、既存の認証情報はすべて失効します。Exchange と Exchange Online(Microsoft 365)を併用している場合など、複数の Exchange サーバーで Google カレンダー ユーザーの空き情報を参照できるようにするには、認証情報を 1 回生成して、その認証情報をすべての Exchange サーバーで使用します。
  • 管理者権限のないアカウントを使用してください。
  • Exchange ユーザーへの空き時間情報の反映を停止するには、役割アカウントを削除します。
  • 認証情報が失効した場合は、次の手順で Exchange サーバーを再設定します。
手順 4: Exchange に可用性アドレス スペースを追加する

これまでの手順で設定したメール連絡先について Exchange が Google Workspace にクエリを実行できるように、Google カレンダーを Exchange の可用性アドレス スペースとして追加する必要があります。

各 Google Workspace ドメインに対して Exchange Server PowerShell(Exchange 管理シェル)でいくつかのコマンドを実行する必要があります。コマンドを実行する際は、パラメータを設定します。設定ツールには、PowerShell コードとその必須パラメータが表示されます。

: Exchange Server PowerShell への接続方法について詳しくは、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

可用性アドレス スペースを追加する

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  1. Exchange サーバー設定ツールを開きます。
  2. 前の手順で生成した Google のロール アカウントの認証情報ファイルをアップロードします。
  3. 対象となる Exchange サーバーのバージョン オプションを選択します。
  4. Exchange のローカル アカウントのメールアドレスを指定します。Google カレンダーではこのアドレスを使用して、組織全体の空き時間情報のリクエストを Exchange に送信できます。これらのリクエストにより、Google カレンダーでは組織内の Exchange 上の任意のアカウントから空き時間情報を取得できます(例: interop-svc@altostrat.com)。

    : ローカル アカウントのメールアドレスは、Exchange のロール アカウントである必要があります。

  5. Exchange に追加する Google の可用性アドレス スペースを指定します。

    :

    • 組織独自の Exchange 環境に接続する場合、Google の可用性アドレス スペースは、別の Google Workspace ユーザー エイリアス ドメインなど、ご利用の Exchange ドメインとは異なるものにする必要があります(例: Exchange ドメインが altostrat.com の場合は googleworkspace.altostrat.com)。詳しくは、ユーザー エイリアス ドメインを使用するかどうかを決定するをご覧ください。
    • 複数の企業間で相互運用を設定する場合、Google の可用性アドレス スペースは組織の Google Workspace ドメインと同じにする必要があります(例: solarmora.com)。
    • いずれのケースでも、Google の可用性アドレス スペースはアカウントのユーザー名を含まないドメイン名である必要があります。Google のロール アカウントは使用しないでください。
  6. [Show Exchange setup] をクリックします。

    Exchange サーバーの設定と、短い PowerShell コードが表示されます。これを Exchange Server PowerShell に貼り付けると、Exchange サーバーの可用性アドレス スペースを設定できます。

    可用性アドレス スペースの追加の詳細については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

  7. このコードを Exchange サーバーの Exchange Server PowerShell に 1 行で貼り付け、Enter キーを押します。

    : 可用性スペースが存在する場合は、既存のスペースの削除を求めるメッセージが表示されます。新しい可用性アドレス スペースを追加するには、既存のスペースを削除する必要があります。

Google ユーザーのアドレスが Google Workspace のユーザー エイリアス ドメイン @alias.altostrat.com にあり、Exchange 2013 以降または Exchange Online に対するカレンダーの相互運用を設定する場合:

if ((Get-AvailabilityConfig) -ne $null) { 
     Set-AvailabilityConfig -OrgWideAccount interop@alias.altostrat.com; 
} else { 
    New-AvailabilityConfig -OrgWideAccount interop@alias.altostrat.com; 
}
$password = echo "vj4XJ711VM6uRfNUZQRzHsBd5rI9qtSwqR9XvDFBDYW_gDawBakTFWLJqqn3SHvZ" | ConvertTo-SecureString -asPlainText -force; 
$credentials = New-Object System.Management.Automation.PSCredential -argumentList "alias.altostrat.com\interop", $password; 
Remove-AvailabilityAddressSpace alias.altostrat.com -ErrorAction SilentlyContinue -Confirm:$false; 
Add-AvailabilityAddressSpace -forestName alias.altostrat.com -accessMethod orgwidefb -credentials $credentials-targetAutodiscoverEPR https://calendar.google.com/autodiscover/autodiscover.xml

: 例中のユーザー名とパスワードは Exchange 固有のものであり、Google の役割アカウントのユーザー名とパスワードではありません。

手順 5: Exchange サーバーを待機または再起動する

Add-AvailabilityAddressSpace コマンドの実行後、変更が有効になるまで時間がかかることがあります。変更をすぐに反映させたい場合は、Exchange サーバーを再起動してください。

次のステップ

ユーザーの空き情報の設定を確認する


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false