カレンダーの相互運用を設定する

Exchange ユーザーにカレンダーの空き情報の参照を許可する

次に、Google カレンダーの空き情報の共有を設定して、Microsoft® Exchange ユーザーが Google カレンダー ユーザーの空き情報を参照できるようにします。

G Suite ドメインにエイリアスを使用している場合は、続行する前にドメイン エイリアスの設定が正しいことを確認してください。詳細については、ドメイン エイリアスを使用してカレンダーの相互運用を設定するをご覧ください。

Google カレンダーの空き情報の共有を設定する

すべて開く  |  すべて閉じる

手順 1: G Suite ユーザーを設定する

各 G Suite ユーザーが、次の要件を満たしていることを確認します。

  1. G Suite アカウントを持っていて、Google カレンダーが有効になっている。
  2. Exchange サーバーにメール連絡先がある。メール連絡先の作成についての詳細は、Microsoft の以下のウェブサイトに記載されている説明をご覧ください。
  3. メール連絡先のアドレスに送信されたメールが、ユーザーの G Suite アカウントの Gmail アドレスに配信されていることを確認します。
  4. メール連絡先が Exchange のグローバル アドレス一覧に表示されていることを確認します。ここに表示されていれば、会議を設定するときにユーザーの検索が可能です。
  5. G Suite ユーザーが Exchange メールボックスも持っている場合は、そのメールボックスがグローバル アドレス一覧に表示されていないことを確認します。こうすることで、他のユーザーから会議に招待されるときに、メール連絡先が選択されます(関連付けられたカレンダーの空き時間情報が表示されます)。

: エイリアスを使用している場合は、メール連絡先にプライマリとセカンダリのメールアドレスが含まれていることを確認してください。プライマリ アドレスには、ドメイン エイリアスを使用する必要があります(空き情報の参照では、エイリアスのアドレスを使用します)。セカンダリ アドレスには、メインの Exchange ドメインを使用します(ユーザーがグローバル アドレス リストでの検索で連絡先を見つけることができるようにします)。

手順 2: インターネット接続を有効にする

Exchange サーバーが Google サーバーと通信できるように、送信インターネット接続を有効にします。

手順 3: Google の役割アカウントを作成する

Exchange サーバーは、カレンダー ユーザーの空き情報を取得するために、役割アカウントを使用して G Suite にアクセスします。このアカウントは標準のユーザー アカウントで、カレンダーの相互運用にのみ使用します。

  1. G Suite でユーザー アカウントを作成します。これが Google の役割アカウントで、Google カレンダー ユーザーの空き情報にアクセスするために Exchange によって使用されます。予定を Exchange で表示するには、予定を Google の役割アカウントと共有する必要があります。このアカウントが無効にされたり削除されたりすることがないようにしてください。
  2. このアカウントでカレンダーが有効になっていることを確認します。さらに、このアカウントに空き時間情報または予定の詳細へのアクセス権があり、このアカウントを使ってすべてのドメイン ユーザーの空き情報をチェックできることを確認します。予定の詳細を参照するには、Google の役割アカウントが Google カレンダーの予定の詳細に対してアクセス権限を持っている必要があります。
  3. 認証情報生成ツール開きます。
  4. [Generate new credentials] をクリックします。
  5. プロンプトが表示されたら、Google の役割アカウントとしてログインし、利用規約を確認して [Allow] をクリックします。
  6. [Download] をクリックして、生成された認証情報をダウンロードします。この認証情報は Exchange に可用性アドレス スペースを追加する際に必要になりますので、保存します。

重要

  • 認証情報をダウンロードできるのは 1 回のみとなりますので、保存したファイルは安全な場所に保管してください。
  • Google の役割アカウントに新しい認証情報を生成すると、古い認証情報が失効します。Google カレンダー ユーザーの空き情報の参照を複数の Exchange サーバーに対して許可するには、認証情報を生成し、その情報をすべての Exchange サーバーで使用します。
  • 認証情報が失効した場合は、次の手順で Exchange サーバーを再設定します。
手順 4: Exchange に可用性アドレス スペースを追加する

これまでの手順で設定したメール連絡先について Exchange が G Suite にクエリを実行できるように、Google カレンダーを Exchange の可用性アドレス スペースとして追加する必要があります。

これを行うには、各 G Suite ドメインに対して Exchange PowerShell(Exchange 管理シェル)でいくつかのコマンドを実行する必要があります。コマンドを実行する際は、パラメータを設定します。設定ツールでは、PowerShell コードとその必須パラメータが提供されます。

可用性アドレス スペースを追加する

  1. 設定ツールを開きます。
  2. 前の手順で生成した Google の役割アカウントの認証情報ファイルをアップロードします。
  3. 対象となる Exchange サーバーのバージョンを設定し、フォレスト名を指定します。G Suite エイリアス ドメインを使用している場合は、フォレスト名にエイリアスを含める必要があります。
  4. [Show Exchange setup] をクリックします。短い PowerShell コードが表示されます。これを Exchange サーバーの Exchange 管理シェルに貼り付けると、サーバーの可用性アドレス スペースを設定できます。

    可用性アドレス スペースの追加の詳細については、次の Microsoft のウェブサイトに記載された説明をご覧ください。

  5. このコードを、Exchange サーバーの Exchange 管理シェルに 1 行で貼り付けます。可用性アドレス スペースがすでに存在する場合は、そのアドレス スペースの削除を求めるメッセージが表示されます。新しい可用性アドレス スペースを追加するには、これを削除する必要があります。

Google ユーザーのアドレスが G Suite のエイリアス ドメイン @alias.altostrat.com にあり、Exchange 2013、Exchange 2016、Office 365 に対するカレンダーの相互運用を設定する場合:

if ((Get-AvailabilityConfig) -ne $null) { 
     Set-AvailabilityConfig -OrgWideAccount interop@alias.altostrat.com; 
} else { 
    New-AvailabilityConfig -OrgWideAccount interop@alias.altostrat.com; 
}
$password = echo "vj4XJ711VM6uRfNUZQRzHsBd5rI9qtSwqR9XvDFBDYW_gDawBakTFWLJqqn3SHvZ" | ConvertTo-SecureString -asPlainText -force; 
$credentials = New-Object System.Management.Automation.PSCredential -argumentList "alias.altostrat.com\interop", $password; 
Remove-AvailabilityAddressSpace alias.altostrat.com -ErrorAction SilentlyContinue -Confirm:$false; 
Add-AvailabilityAddressSpace -forestName alias.altostrat.com -accessMethod orgwidefb -credentials $credentials-targetAutodiscoverEPR https://calendar.google.com/autodiscover/autodiscover.xml

手順 5: Exchange サーバーを待機または再起動する

Add-AvailabiltyAddressSpace コマンドの実行後、変更が有効になるまでに時間がかかることがあります。変更をすぐに反映させたい場合は、Exchange サーバーを再起動してください。

次のステップ

設定を確認する

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。