基本的なモバイル デバイス管理を設定する

サポート対象エディション: Business Starter、Standard および Plus、Enterprise、Education Fundamentals および Plus、G Suite Basic および Business、Essentials、Cloud Identity Free および Premium。 エディションの比較

デフォルトで有効になっている基本のモバイル管理は、組織のデータをより安全に保ちつつ、組織内のユーザーがモバイル デバイスから仕事用アカウントにアクセスできるようにするための基本的なツールを提供する機能です。

Android デバイス、iPhone、iPad がサポートされています。詳しくは、Google エンドポイント管理のデバイス要件をご覧ください。

基本管理で組織のセキュリティ ニーズを満たすことができない場合は、アプリの管理やデバイスの監査といったセキュリティ オプションと管理ツールを含むモバイルの詳細管理が用意されています。詳細

基本のモバイル管理をカスタマイズする

  1. 管理対象モバイル デバイスのパスワード要件をカスタマイズします。
  2. Android デバイス向け管理対象アプリを設定します。

他にできること

  1. デバイスの紛失または盗難が発生した場合は、モバイル デバイスからユーザーのアカウントをワイプします。

    注: Android デバイスの管理レベルを詳細管理から基本管理に変更すると、ワイプできるのはユーザー アカウントのみとなり、ユーザーのアカウントはワイプできません。詳細

  2. モバイル デバイスのアクティビティに関するアラートを設定します。
  3. 定期的に、組織のデータにアクセスするモバイル デバイスを確認します。

モバイルの基本管理を有効にする

モバイル管理を無効にした場合は、再度有効にします。仕事で使用しているモバイル デバイスが管理対象になることをユーザーに伝え、パスワードの要件を通知します。モバイルの詳細管理からモバイルの基本管理に切り替える場合は、デバイスの管理を「詳細」から「標準」にダウングレードするをご覧ください。

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側にある [設定] 次に [一般設定] をクリックします。
  4. [全般] 次に [モバイル管理] をクリックします。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. [基本] を選択します。
  7. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。