検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

グループにアクセスレベルを割り当てる

Access level settings

グループのアクセスレベル設定によって、グループの各役割(オーナー、マネージャ(Groups for Business を使用している場合のみ)、通常のメンバー)に適用される権限が決まります。管理コンソールでグループを作成または編集するときに、グループのアクセスレベル設定を選択できます。

選択できるアクセスレベル設定には [公開]、[チーム]、[通知のみ]、[制限付き] があり、それぞれのアクセスレベル設定に適用される権限によって、グループのどの役割がどのタスクを行えるかが決まります。ただし、この権限は Groups for Business を使用しているかどうかによって異なります。

アクセスレベル設定と権限

管理コンソールの [グループを作成] ページに表示されるアクセスレベル設定は次のとおりです。

  • [公開]: この設定は、ドメイン内のすべてのユーザーがアクセスできる(設定によってはドメイン外のユーザーがメッセージを送信できる)グループを作成します。
  • [チーム]: 社内の特定の部署やチームで利用するグループを作成するには、この設定を選択します。
  • [通知のみ]: 社内情報を告知するためのグループを作成するには、このオプションを選択します。 たとえば、会社のニュースを従業員に知らせるためのグループがあります。
  • [制限付き]: 非公開情報や機密情報を共有する従業員用の限定公開グループを作成します。

これらのアクセスレベル設定それぞれに適用される権限によって、グループのどの役割で次のことを実行できるかが決まります。

  • グループに参加する。Groups for Business サービスを使用している場合にのみ該当します。
  • グループにメッセージを送信する。
  • グループのメンバーリストを閲覧する。グループのメンバーリストは、Groups for Business を使用している場合にグループの [メンバー] ページに表示されるほか、カレンダーの招待状に表示されます。
  • 新しいメンバーをグループに招待する。Groups for Business を使用している場合にのみ該当します。
  • グループのディスカッション アーカイブを閲覧する。Groups for Business を使用している場合にのみ該当します。
Groups for Business を使用している場合に適用される設定

下の表は、Groups for Business を使用している場合に、誰がどのタスクを行えるかをアクセスレベル設定ごとに示したものです。

  グループに参加する メッセージを送信する メンバーリストを閲覧する* 新しいユーザーを招待する ディスカッション アーカイブを閲覧する
公開 ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー オーナー、マネージャー、メンバー ドメイン内のすべてのユーザー
チーム なし(オーナーとマネージャーのみがメンバーを追加可能) ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー オーナーとマネージャー ドメイン内のすべてのユーザー
通知のみ ドメイン内のすべてのユーザー オーナーとマネージャー オーナーとマネージャー オーナー、マネージャー、メンバー ドメイン内のすべてのユーザー
制限付き ドメイン内のすべてのユーザー オーナー、マネージャー、メンバー オーナー、マネージャー、メンバー オーナーとマネージャー オーナー、マネージャー、メンバー

*この役割のユーザーは、[グループ] のメンバー一覧のページで、そのグループに所属するメンバーを確認できます

追加の設定

Groups for Business の共有オプションを適切に設定済みの場合、次のアクセスレベル設定も使用できます。

  • [公開] + [インターネット上のすべてのユーザーにもこのアクセス権を与えます]: Groups for Business 共有オプションが [インターネットで一般公開] に設定されている場合は、ドメイン外のユーザーによるグループへのアクセスを許可することができます。そのためには、[公開] アクセスレベル設定と、このオプションを選択します。

    Public access level

    この場合、インターネット上の誰でもグループへの参加、メッセージの送信、ディスカッション アーカイブの閲覧が可能です。ただし、インターネット上のユーザーが作成したカレンダーの招待状には、メンバーリストは表示されません(グループのアクセスレベル設定を編集して、インターネット上のすべてのユーザーがメンバーリストを閲覧できるようにしている場合を除きます)。

  • [チーム] + [インターネット上のすべてのユーザーにもメッセージの投稿を許可する]: 共有オプションで [グループ オーナーはこのドメイン外からの受信メールを許可できます] チェックボックスをオンにしている場合は、このオプションと [チーム] アクセスレベル設定を選択することによって、ドメイン外のユーザーによる公開部門やチームへの連絡を許可することができます。

    Team Access Level

    この場合、インターネット上の誰でもグループにメッセージを送信できます。ただし、外部ユーザーが作成したカレンダーの招待状には、メンバーリストは表示されません(グループのアクセス設定を編集して、インターネット上のユーザーがメンバーリストを閲覧できるようにしている場合を除きます)。

注: グループ アドレスを入手できる度合いにより、グループのメンバーが受け取る迷惑メールが増加することがあります。たとえば、外部からアクセスできるウェブページにメールアドレスが掲載されていると、迷惑メールの宛先として使用される可能性が高まります。

Groups for Business サービスのグループの他の権限を設定するには、管理コンソールでグループのページに移動し、[アクセス設定] をクリックします。詳細

Groups for Business を使用していない場合に適用される設定

下の表は、Groups for Business を使用していない場合に、誰がどのタスクを行えるかをアクセスレベル設定ごとに示したものです。

  メッセージを送信する メンバーリストを閲覧する*
公開 インターネット上のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー
チーム ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー
通知のみ オーナー オーナー
制限付き オーナーとメンバー オーナーとメンバー

*この役割のユーザーは、[グループ] のメンバー一覧のページで、そのグループに所属するメンバーを確認できます

カスタム設定

グループを作成した後、カスタム アクセス設定を指定できます。このオプションを選択すると、グループに独自のアクセスレベルを設定できます。グループにメールを送信できるユーザーや、カレンダーの招待状でグループのメンバーリストを閲覧できるユーザーを指定することができます。

注:

  • カスタム設定は、Groups for Business サービスを使用している場合に、管理コンソールでのみ使用できます。
  • グループ アドレスを入手できる度合いにより、公開グループのメンバーが受け取る迷惑メールが増加することがあります。たとえば、外部からアクセスできるウェブページにメールアドレスが掲載されていると、迷惑メールの宛先として使用される可能性が高まります。
注: Groups for Business を使用しておらず、後から使用を開始した場合、グループには Groups for Business の対応するアクセルレベルの機能すべてが自動的に与えられます。既存グループの Groups for Business への移行の詳細をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。