グループの役割に適用する権限を決定する

オーナー、管理者、メンバーなどの役割を割り当てることで、グループの各メンバーが実行できる操作を管理できます。役割を管理するためのオプションは、以下の条件によって異なります。

  • ビジネス向け Google グループ(Google グループまたは groups.google.com)を使用する場合
  • 管理コンソールのみでグループを作成する場合

ビジネス向け Google グループを使用する場合

アクセスレベル設定

Google 管理コンソールでグループを作成するときに、次のアクセスレベルを設定します。

  • 公開 - 組織のドメイン内のすべてのユーザーに公開します。設定によってはドメイン外のユーザーにも公開されます。公開設定のグループは、迷惑メールを受け取る可能性が高くなります。一般に公開されているウェブサイトに掲載されたメールアドレスが、迷惑メールの宛先としてよく使用されるからです。
  • チーム - 組織のドメイン内の特定のチームに公開します。社内の特定の部署やチームで利用するグループを作成する場合は、この設定を選択してください。
  • 通知のみ - グループに情報を配信します。たとえば、社内情報を配信したいグループにこの設定を使用します。
  • 制限付き - 非公開情報や機密情報を共有する従業員用の限定公開グループに使用します。
  • カスタム - 設定が手動で構成されていることを示します。

各設定で可能な操作
  グループに参加する メッセージを送信する メンバーリストを閲覧する* 新しいユーザーを招待する ディスカッション アーカイブを閲覧する
公開 ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー オーナー、マネージャー、メンバー ドメイン内のすべてのユーザー
チーム なし(オーナーとマネージャーのみがメンバーを追加可能) ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー オーナーとマネージャー ドメイン内のすべてのユーザー
通知のみ ドメイン内のすべてのユーザー オーナーとマネージャー オーナーとマネージャー オーナー、マネージャー、メンバー ドメイン内のすべてのユーザー
制限付き ドメイン内のすべてのユーザー オーナー、マネージャー、メンバー オーナー、マネージャー、メンバー オーナーとマネージャー オーナー、マネージャー、メンバー

*この役割を付与されたユーザーは、Google グループ ディレクトリにある該当のグループから [メンバー] ページを見ると、グループのメンバーを確認できます。

組織のドメイン外のユーザーがグループにアクセスできるようにする

インターネット上のすべてのユーザーにグループへの参加、メッセージの送信、ディスカッション アーカイブの閲覧を許可します。グループのアクセスレベル設定で指定しない限り、外部ユーザーが作成したカレンダーの招待状にメンバーリストが表示されることはありません。

  1. ビジネス向け Google グループの共有オプションを [インターネットで一般公開] に設定します。
  2. グループの作成時に [公開] アクセスレベル設定を選択します。
  3. [インターネット上のすべてのユーザーにもこのアクセス権を与えます] チェックボックスをオンにします。
  4. [作成] をクリックします。
組織のドメイン外のユーザーがグループに連絡できるようにする

組織のドメイン外のユーザーが組織内の公開されたグループに連絡できるようにします。グループのアクセスレベル設定で指定しない限り、外部ユーザーが作成したカレンダーの招待状にメンバーリストが表示されることはありません。

  1. 組織のビジネス向け Google グループの共有オプションを [グループ オーナーはこのドメイン外からの受信メールを許可できます] に設定します。
  2. グループの作成時に [チーム] アクセスレベル設定を選択します。
  3. [インターネット上のすべてのユーザーにもメッセージの投稿を許可します] チェックボックスをオンにします。
  4. [作成] をクリックします。
カスタム設定を適用する

グループを作成すると、メンバーの追加、投稿の公開、グループ オーナーへの連絡などの操作を行えるユーザーを指定できます。詳細については、グループのアクセスレベル設定を変更するをご覧ください。

管理コンソールのみでグループを作成する

: ビジネス向け Google グループが無効になっていても、後で有効にすれば、そのグループではビジネス向け Google グループのすべての機能が自動的に利用可能になります。詳しくは、ビジネス向け Google グループを使用する場合をご覧ください。

各設定で可能な操作
  メッセージを送信する メンバーリストを閲覧する*
公開 インターネット上のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー
チーム ドメイン内のすべてのユーザー ドメイン内のすべてのユーザー
通知のみ オーナー オーナー
制限付き オーナーとメンバー オーナーとメンバー

*この役割を付与されたユーザーは、Google グループ ディレクトリにある該当のグループから [メンバー] ページを見ると、グループのメンバーを確認できます。

カスタム設定を適用する

グループを作成すると、グループにメールを送信できるユーザーや、カレンダーの招待状でグループのメンバーリストを閲覧できるユーザーを指定することができます。詳しくは、グループのアクセスレベル設定を変更するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。