グループの編集

Screenshot of groups page in admin console

管理者は、ドメイン内のグループを編集して、メンバー、役割、アクセス設定、名前、説明、メールアドレスを変更することができます。それには、管理コンソールでグループのページに移動して、変更を加えます。

管理コンソールでグループのページにアクセスするには:

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. [グループ] をクリックします。
    設定を行う場所
  3. 変更するグループの名前をクリックします。
メンバーを追加する
  1. [<group-name> のユーザーの管理] または Add user to group をクリックします。
  2. グループに追加するユーザーの名前(ユーザー名かメールアドレス)をカンマで区切って入力します。
  3. 必要に応じて、役割を [メンバー] から [オーナー] に変更します。
  4. [追加] をクリックします。
ユーザーの役割をマネージャーに設定する場合 は、Groups for Business サービスで設定します。
メンバーを削除する
  1. [<group-name> のユーザーの管理] をクリックします。
  2. 削除するメンバーの横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. [メンバーを削除] をクリックします。
注:
  • 削除したメンバーは、それ以降グループ宛のメールを受信できなくなります。
  • グループからメンバーを削除しても、ユーザーのアカウントは削除されません。
  • グループ オーナーを削除しても、グループは通常どおり機能します。管理者が自分でグループを管理したり、別のユーザーをオーナーに指名したりできます。
メンバーのグループでの役割を変更する
  1. [<group-name> のユーザーの管理] をクリックします。
  2. 役割を変更するメンバーの横のチェックボックスをオンにします。
  3. [その他の操作] プルダウン リストで役割を選択します。

または次の操作を行います。

  1. Add user to group をクリックします。
  2. ユーザーのメールアドレスを追加し、役割を選択します。
  3. [追加] をクリックします。

詳しくは、グループの役割についてのページをご覧ください。

ユーザーの役割をマネージャーに設定する場合 は、Groups for Business サービスで設定します。
グループのアクセスレベル設定を変更する

グループのアクセスレベル設定によって、グループの各役割(オーナー、マネージャー、通常のメンバー)に適用される権限が決まります。アクセスレベル設定を編集するには、Groups for Business サービスが有効になっている必要があります。

Groups for Business が有効になっている場合:

  1. [アクセス設定] をクリックします。Groups for Business サービスに、グループの [アクセス権限] ページが表示されます。
  2. 使用するアクセス権限を選択します。
  3. [保存] をクリックします。

Groups for Business が無効になっている場合:

  1. [役割と権限] をクリックします。
  2. 使用するアクセス設定を選択します。
  3. [変更を保存] をクリックします。
グループの基本のアクセス権限を設定する

Groups for Business が有効になっている場合は、Groups for Business サービスからグループの基本の権限を設定することができます。これらの権限により、グループ内でどのユーザーがトピックに参加、投稿、閲覧できるかが定義されます。

グループの名前と説明を変更する

管理コンソールでグループのページに移動します。

  1. 管理コンソールで名前を変更するグループを選択します。
  2. icon for changing group info をクリックします。
  3. グループの名前や説明を変更します。
  4. [グループ情報を保存] をクリックします。
グループのメールアドレスを変更する

管理コンソールからグループのメールアドレスを変更するには:

  1. メールアドレスを変更するグループを選択します。
  2. icon for changing group info をクリックします。
  3. [グループのメール] 欄を変更します。グループのユーザー名とドメイン名の両方を更新できます。
  4. [グループ情報を保存] をクリックします。

管理コンソールからグループのメールアドレスを変更すると、次のようになります。

  • 元のメールアドレスはエイリアスとして保持されるので、元のアドレス宛に送信されたメールは引き続き配信されます。
  • ディスカッション アーカイブを含め、グループのウェブアドレス(URL)が変更されるので、元の URL ではグループにアクセスできなくなります。

Groups for Business が有効になっている場合は、Groups for Business サービスからもグループのメールアドレスを変更できます。Groups for Business サービスを使用してグループのメールアドレスを変更した場合、元のアドレス宛に送信されたメールは配信されません。元のグループ アドレス宛のメールも引き続き受信できるようにするには、別のグループを元のアドレスで作成し、新しいアドレスをメンバーとして追加します。こうすることで、元のアドレス宛に送信されたメールが新しいアドレス宛に転送されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。