Google グループの機能

ビジネス向け Google グループには、組織内でのコミュニケーションに活用できる機能が揃っています。各機能のご利用方法について詳しくは、G Suite ラーニング センターをご覧ください。

メーリング リストとフォーラム

メーリング リスト

新しいメールアドレスで、メーリング リストを作成できます。このメールアドレスを使用して、組織内の誰もがチームやユーザー グループにメッセージを送信できます。グループのメールアドレス 1 つで、ユーザーは次のことができます。

  • グループのメンバーにメールを送信する
  • グループのメンバーを会議に招待する
  • グループのメンバーとコンテンツ(Google ドキュメント、サイト、動画、カレンダーなど)を共有する
ウェブ フォーラム

ビジネス向け Google グループを利用すると、ウェブ フォーラムのインターフェース(groups.google.com/a/[ドメイン名])を使用してメッセージを読んだり投稿したりできます。ウェブ フォーラムを使うことで、グループのメンバー同士がウェブ上で魅力的かつインタラクティブなディスカッションを行えるほか、トピックや返信の投稿をウェブ インターフェースから行い、メールで更新情報を受け取ることもできます。

Q&A フォーラム

Groups for Business では、どのグループでも Q&A フォーラムにすることができます。Q&A フォーラムはウェブ フォーラムと似ていますが、質問と回答を見つけやすくなっており、Q&A フォーラムには次の追加機能があります。

  • [同意] ボタンがトピックに表示されます。ユーザーはこのボタンを使って、トピックの作成者と同じ疑問を持っていることを示すことができます。
  • 質問への回答に、[ベストアンサー] マークを付けることができます。これにより、そのトピックは回答済みとなります。
  • デフォルトの質問テンプレートを作成できます。ユーザーが新しいトピックを作成するときには、このテンプレートに入力してもらいます。

    Q&A forum
共同トレイ

Groups for Business でグループを作成するときに、グループを共同トレイとして指定することができます。共同トレイにすると、グループの全メンバーに対して自動的に共同編集権限が有効になるため、サポート チケットや顧客や同僚からの問い合わせを簡単に割り当てたり追跡したりできます。チームメンバーは次のことができます。

  • 自分が担当するトピックを引き受ける
  • トピックを別のグループ メンバーに割り当てる
  • 重複するトピックにマークを付ける

    Collaborative inbox

既存のグループを共同トレイとして使用する場合は、これらの権限を個別に有効にすることができます。

検索、絞り込み、権限

ユーザーの役割と権限

グループのオーナーは、ユーザーに役割を割り当てることで、ユーザーがグループ内で行える操作と行えない操作を指定することができます。グループのオーナーがユーザーに割り当てることができる役割は、オーナー、マネージャー、またはメンバーです。G Suite 管理者には、ドメイン内のすべてのグループ(ユーザーが作成したグループも含む)について、オーナーと同じ権限が自動的に与えられます。

検索とタグ

Google グループでは、Gmail の検索機能と同じような検索演算子がサポートされており、ユーザーはよく使う検索キーワードを、後で使えるように保存することができます。 管理者はトピックにタグを付けて整理することができます(トピックのタグはいつでも更新できます)。ユーザーはタグでトピックを検索したり、絞り込んだりすることができます。

トピックの絞り込み

ユーザーは日付、解決ステータス、担当者、その他のオプションでトピックを絞り込むことができます。

グループのメール エイリアス
グループにメールアドレスを追加することができます。グループのメール エイリアス宛のメールもグループに配信されます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。